ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チェーン店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チェーン店」に関する情報が集まったページです。

「重点措置」で名指しのカラオケ業界、「歌わない客」で反転攻勢! テレワーク、オンラインライブ鑑賞など利用客増
新型コロナウイルスの「蔓延(まんえん)防止等重点措置」で名指しで自粛が指定されたカラオケ業界。各社は徹底した感染予防やカラオケボックスの新たな活用法を打ち出し、逆境を乗り越えようとしている。(2021/4/15)

コロナ禍だけが原因じゃない:
国内に75万室! 供給過剰のビジネスホテル インバウンド消失で生き残る策はあるのか
ホテルが供給過剰? コロナ禍でインバウンド消失、国内需要も激減とあっては当然のことと思われるだろう。しかし筆者は、供給過剰というワードは、コロナ禍ではなく“コロナ禍前の状況”を表していると指摘する。(2021/4/14)

今年で3回目:
スシロー、国内の全586店舗を一斉休業 従業員に報いるため
国内のスシロー全店舗が2日間一斉休業する。社員や従業員が働きやすい環境づくりのため。2019年に初めて実施し、今年で3回目となる。(2021/4/12)

「代替肉」 未来の食肉 海外依存度を低減
新型コロナウイルス感染拡大による健康志向の高まりを背景にスーパーなどでの取り扱いが増加しているほか、安定的な食品供給の重要性が再認識される中で、ベンチャー企業による商品開発も相次ぐ。(2021/4/9)

データドリブン経営基盤の構築、アルペングループが語る「内製化を失敗させない」3つのポイントの意味
EC市場の拡大やD2Cビジネスに代表される取引先メーカー自身の独自販売チャネル開発が盛り上がる中、IT資源にも相応の投資をしてきたリテール企業はどんなDXを進めるべきだろうか。1000万SKU、500万顧客の情報を抱え、レガシーシステムと「Excel集計」業務からの脱却に挑むアルペングループが今本気で向き合うDXの状況を聞いた。(2021/4/8)

歯止めをかけるには:
「総額表示」義務化で買い控えはあるのか?
4月1日から消費税込みの支払総額の店頭表示が義務化される。外食チェーンでも、税抜き価格の表示などから、本体価格と税込み価格の併記に切り替える動きが相次いでいる。専門家からは……(2021/4/4)

攻めの姿勢:
ワタミ渡邉美樹会長が見据える“コロナ後のマーケティング戦略”
外食チェーンのワタミ渡邉美樹会長兼グループCEOが語る“コロナ後のマーケティング戦略”とは?(2021/3/31)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
「小さいものは淘汰される」 米国スーパーマーケット市場で進む“食の砂漠化”
米国のスーパーマーケット業界では、大手チェーンと独立系のパワーバランスが崩れ、さまざまな問題が起きています。背景には、独立系スーパーマーケットが不利な立場を強いられてしまう不公平な市場構造があり、これが「食の砂漠」を生み出しているのです。(2021/4/1)

あらゆる手段を講じる:
コロナ禍で経営難のホテル業界 識者「あと1年をどう持ちこたえるかが正念場」
コロナ禍の長期化で最も厳しい状況に追い込まれているのがホテル業界だ。国内旅行者や出張者の大幅減少に加えて、2019年まで増加してきた外国人訪日客(インバウンド)が期待できないため、軒並み業績悪化に見舞われている。ホテル業界に詳しいPwCコンサルティング、リアルエステート&ホスピタリティの澤田竜次パートナーに、現状と今後の見通しを聞いた。(2021/3/30)

飲食店を科学する:
餃子の王将、コロナ禍で店外売り上げが急増 「自社配達」か「ウーバー」か問題を考える
コロナ禍でも「餃子の王将」が好調。デリバリーとテークアウトが業績を押し上げた。「うちもマネしようかな……」と思っても簡単にいかない理由とは?(2021/3/30)

外資VS.日系の顧客獲得合戦:
「御三家」の帝国ホテル、建て替えの決断 リッツ・カールトンやハイアットにどう立ち向かう?
帝国ホテルが、主力の「帝国ホテル 東京」(東京都千代田区)を建て替える方針を固めたとの報道があった。その理由として本館の老朽化と、外資系高級ホテルへの対抗があるという。日系ホテルは外資系にどう立ち向かえばいいのだろうか。(2021/3/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
超一等地の商業ビルがガラ空き! 銀座、渋谷、新宿、秋葉原でじわじわ進む経済の“破壊”
コロナ禍の影響で商業ビルの空き物件が増えている。実際、どんな状況になっているのか。現場に足を運んでみると……。(2021/3/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
時短営業で“月180万円ボロ儲け”……ここがおかしい時短協力金制度
零細の個人経営飲食店と、大型の飲食チェーンでは、前者が弱者で後者が強者というイメージが先行しやすい。しかし、こと時短要請と休業補償の観点からいえばその構図は全く逆だ。都内で小規模なバーを営むある経営者は、濡れ手で粟のぼろもうけ状態であるという。(2021/3/19)

緊急事態宣言後も通常営業の飲食店 東京都の命令により21日まで時短へ
午後8時以降の営業を続けている店は相当数あったが、東京都が18日、27店に対し改正特別措置法45条に基づく命令を出した。(2021/3/18)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
モヤモヤしてクルマのことを考えても楽しくない状況を打破したい
クルマのことを考えて楽しくないのは、私にとって致命的なのです。(2021/3/17)

感染リスク低減:
焼肉きんぐ、幸楽苑、ワタミに「配膳ロボット」が続々登場 変わる従業員の働き方
大手外食チェーンで配膳ロボの導入が進んでいる。人手不足解消や、感染リスクの低減が目的。働き方はどう変わるのか。(2021/3/17)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
パナ技術で加速の「おもてなし」火鍋チェーン海底撈、純利益9割減の衝撃
中国で最も有名な火鍋チェーンで、日本にも出店する「海底撈火鍋」が3月1日、純利益が前年比90%減少という業績予想を開示した。中国では珍しい「至れり尽くせり」のおもてなしで差別化に成功し、火鍋チェーンとして初の上場を果たした海底撈の成長神話が岐路に立たされている。(2021/3/11)

値札が原因:
ディズニーストア、間違って「高い価格」でグッズを販売 日本法人が謝罪
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、一部商品を間違った価格で販売していた。本来より高い価格だったため、同社はおわび文を発表した。(2021/3/10)

上場企業の短期借入金は3656億円以上:
飲食チェーンの閉店は数千店 「売り上げ、どこまで下がるか分からない」
業界団体が新型コロナの影響で閉店した飲食チェーンの店舗数を試算した結果、数千店舗が閉店したとみられることが分かった。各社は短期借入金も膨らみ、経営的に厳しい状況が続いている。緊急事態宣言再延長について、飲食業界の悲痛な声を聞いた。(2021/3/10)

ドコモ、触れずに“サバ”の体長測れる水中超音波技術を開発 
NTTドコモが、いけすを泳ぐ養殖サバの体長の平均値を、魚体に触れずに測定することに成功。体長を測るときにサバを死なせてしまうことがなくなり、作業を効率化できるという。(2021/3/8)

返金対応を行う:
「中粒」だと思ったら中身は「極小粒」 ファミマ、納豆の“中身違い”を謝罪
ファミマが販売している中粒納豆の一部に、中身違いが発生した。別商品である極小粒納豆が封入されていた。ファミマは返金対応を行う。(2021/3/5)

製造業が直面するサイバーリスクと対策(1):
終焉する“孤立したOTネットワーク”、ITとの統合でサイバー攻撃を防ぐには
製造業におけるサイバーリスクとセキュリティトレンドおよびそれらの課題と対策について説明する本連載。第1回は、既に自動化が進んだ工場におけるOTとITの統合に向けたサイバー攻撃への対策を取り上げます。(2021/3/5)

シン・エヴァ×ゼンショー「外食5チェーン共同作戦」始動! 初号機カラーの「初号機オム牛カレー」や「コア包み焼きハンバーグ」など提供
コア(ミニトマト)に刺さったロンギヌスの槍が良い。(2021/3/4)

【身の回りの数字】知って得する 「ポテトL」のカロリーの違い
ポテトがたくさん食べたい気分の日、ありませんか。(2021/2/27)

飲食店を科学する:
スシロー、成長戦略のカギは「キャンペーン」と「特大エビフライ」!? コロナ後を見据えた布石とは
コロナ禍で、今後の成長戦略をどう描くか悩む経営者は多い。筆者はスシローにそのヒントがあると考える。「業態と商圏」「既存と新規」という軸で見ていくと……。(2021/2/26)

3月1日から:
au PAYで20%還元 すき家、ガスト、松屋など大手飲食チェーンが対象
(2021/2/24)

ポイントは「仮名加工情報化」と「情報の即時特定」:
PR:「個人情報だから使えない」という誤解 個人情報活用に「Talend」が最適な理由
「顧客の行動データ」はうまく活用すれば企業のビジネスを変える可能性がある。だが、顧客の行動データは「顧客から得られる個人情報」でもある。適切に活用するためには「仮名加工情報化」と「即座に情報を特定する仕組み」が必要だ。(2021/2/22)

スピン経済の歩き方:
「寿司業界」にこそ、日本経済復活のヒントがある理由
新型コロナの感染拡大を受けて、「倒産」の言葉をよく耳にするようになった。寿司店も例外ではなく、小・零細店を中心に倒産件数は高水準で推移している。「まあ、仕方がないよ」と思われた人も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は前向きに受け止めているという。どういうことかというと……。(2021/2/23)

上諏訪駅「諏訪弁 ほいじゃねェ」(1080円)〜諏訪の温泉文化が生んだ駅弁大将軍!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは上諏訪駅「諏訪弁 ほいじゃねェ」(1080円)です。(2021/2/23)

カサノバ流:
マック営業利益、過去最高 何を重視?
新型コロナウイルス禍で外食チェーンの苦境が続く中、日本マクドナルドホールディングスの業績が好調だ。9日発表の令和2年12月期連結決算では、コロナ下にもかかわらず9年ぶりとなる営業利益の過去最高更新を達成した。(2021/2/10)

鳥たちの幹部会議が開かれている……? 顔を寄せ合い、真剣な表情で話し合うインコがかわいい
議題が知りたいです。(2021/2/10)

幅広い層に支持されるTwitter 企業公式アカウントでの情報戦略が鍵
Twitterでの企業のマーケティング活動がユーザーの消費行動に与える影響について調査。日本国内に住む男女約4409人が回答した。企業の公式アカウントはユーザーにどんな変化を促すのか?(2021/2/6)

セルフケア薬局 nonowa西国分寺店:
「処方箋がなくても買える薬局」がエキナカに出店 オンライン問診で密回避の実証実験
処方箋がなくても病院の薬が買える「セルフケア薬局」を展開するSDCは、商業施設「nonowa西国分寺」に「セルフケア薬局 nonowa 西国分寺店」を出店すると発表した。(2021/2/5)

「ぶっちゃけAmazonで買った方が安くない?」 大手書店チェーン・有隣堂のYouTubeチャンネルが正直すぎて面白い
フクロウのツッコミに震えろ。(2021/2/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
米ゲームストップの暴騰・暴落劇 裏側で親たちに利用されるジュニアNISAの惨状
ここ1カ月で20倍近い急騰を遂げた米国のゲームソフト小売大手チェーン「ゲームストップ」の株価が暴落している。この銘柄は、ジュニアNISA口座を使って“ギャンブル”にも使われたようだ。(2021/2/5)

3%減の見込み:
回転ずし市場、初の縮小へ “持ち帰り”伸ばすスシロー、「鬼滅」コラボのくら寿司は好調だが……
帝国データバンクによると、2020年度の回転ずし市場は、前年度比約3%減の7200億円前後にとどまりそうだ。右肩上がりで成長してきたが、コロナ禍で初めて縮小する可能性が高くなった。(2021/2/4)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
コロナ禍で増加する不正ログイン 2021年に狙われる業界は?
2020年に公表されたサイバー被害の傾向などから、世界と国内で起きたWeb攻撃からその背景や狙いを読み取り、2021年に取るべき重点対策を考えていく。今回は、その中でも昨年顕著な伸びを見せた、成り済ましによる不正ログイン攻撃について取り上げる。(2021/2/4)

【Amazonタイムセール祭り】最終日は食品・日用品をパパっと買い物 王将の冷凍チャーハン牛丼チェーンのレトルトも
力尽きているときのレトルト・冷凍食品ありがたい。(2021/2/1)

2月の「PayPayクーポン」は飲食チェーン店 松屋、KFC、吉野家など
PayPayは、2月に飲食店を中心とした大手加盟店の「PayPayクーポン」を提供。松屋、ケンタッキーフライドチキン、吉野家、はま寿司などで最大10%相当のPayPayボーナスが付与される。(2021/2/1)

飲食店を科学する:
スタバとドトールが苦戦してるのに、コメダが健闘 「立地」と「商圏」の決定的な違いとは
コロナ禍でスタバとドトールが苦戦している。一方で、コメダ珈琲が健闘している。要因を、店舗の立地と商圏から読み解いていくと……。(2021/1/28)

モルディブに「ザ・リッツ・カールトン」が2021年春開業 1泊15万円から
スイートルームは1泊233万円。(2021/1/26)

昨年の外食売上高、過去最大の15.1%減 居酒屋は半減
 日本フードサービス協会が25日発表した令和2年の外食売上高は前年比15.1%減となり、比較可能な平成6年以降で過去最大の落ち込みとなった。前年を割り込んだのは26年以来、6年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大により、全国的に時短営業や休業が増えたほか、消費者の外出自粛なども重なり、売り上げが大幅に落ち込んだ。(2021/1/26)

テレワーク実施率22% 緊急事態宣言再発令後、低水準
日本生産性本部が、緊急事態宣言下のテレワーク実施率が全国では22.0%だったとする調査結果を発表した。コロナ慣れで危機感が薄まり、同じく緊急事態宣言下だった2020年5月の31.5%に比べると約10ポイント低い水準にとどまっている。(2021/1/25)

漫画「罪悪感ですぐ辞めたドーナツ屋のバイト」に反響 廃棄のドーナツをごみ袋に詰めてから……
ぎゃああああ。(2021/1/24)

コロナ禍で疲弊:
飲食店にとって一番の問題は? 大手が行き詰まると
新型コロナウイルスの感染拡大で再び緊急事態宣言が発令されるなか、外食産業は規模の大小を問わず危機的状況に置かれている。業界団体である日本フードサービス協会の赤塚保正会長に、取り組みを聞いた。(2021/1/21)

スシロー、くら寿司はコロナ禍でも加速 都心に出店攻勢
コロナ禍で苦境に立たされる外食産業だが、スシローとくら寿司は売上高が過去最高を記録し好調だ。以前から利益率向上に向け進めていた非接触化、省人化戦略が奏功した。(2021/1/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
サイゼ社長の「ふざけんな」は当然 時短要請と協力金が批判されまくるワケ
当初、東京都は協力金を支払う対象を中小事業者に限定していた。しかし、大手企業から“異論”が相次いだ。不公平な仕組みを見直さなければ、都心店・大型店の崩壊は近い。(2021/1/20)

上場4社も厳しく:
ラーメン店の倒産、過去最多 コロナ禍で「ラーメン店離れ」続く
2020年のラーメン店の倒産数は46件となり、19年の36件を上回って過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは20年が初めて。(2021/1/19)

スピン経済の歩き方:
「ふざけんなよと」怒り爆発 大手外食が“露骨に冷遇”されるワケ
「ランチがどうのこうのと言われました。ふざけんなよと」――。サイゼリヤの社長がキレたわけだが、その気持ちも分からないわけではない。東京都の感染拡大防止協力金(1日6万円)をみると、中小企業や個人事業主には配られるのに、なぜ大手チェーンには支給されないのか。その背景にあるのは……。(2021/1/19)

モノづくりスタートアップ開発物語(7):
AIロボットでイチゴの受粉を自動化、世界中の食糧問題解決を目指すHarvestX
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第7回は、開発が困難とされる果物の植物工場を、AI搭載のロボットで実現しようと取り組むHarvest Xを紹介する。同社はイチゴの栽培を研究ターゲットにする。一般的にイチゴはミツバチによって受粉するが、じつはこの受粉過程がとても悩ましい問題だった。(2021/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。