ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チェーン店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チェーン店」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

「紙巻たばこNO」→「専用ブース設置」に転換 銀座ルノアールを動かした「お前もか」の声
銀座ルノアールが運営する喫茶チェーン「喫茶室ルノアール」に、紙巻たばこ喫煙ブースが設置され始めている。2020年4月の改正健康増進法施行を機に、紙巻の喫煙禁止を宣言した同店だが何があったのか。その理由を尋ねた。(2022/5/13)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
コメダ珈琲は、なぜコロナの悪影響をあまり受けなかったのか?
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。第3回目として取り上げるのはコメダホールディングスです。もちろんコメダコーヒーの運営をしている企業です。(2022/5/12)

じゃがいも不足で:
バーガーキング、ポテトをベビースターに変更できる「だいたいポテトセット」発売
バーガーキングは、5月16日からサイドメニューの「フレンチフライMサイズ」をおやつカンパニーの「ベビースタードデカイラーメン チキン味」に変更できる「DAITAI POTATO SET(だいたいポテトセット)」を発売する。じゃがいも不足への対応だ。(2022/5/11)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
吉野家は、飽和する国内市場でなぜ郊外と女性に目をつけたのか?
今回取り上げるのは吉野家ホールディングスです。牛丼チェーンの吉野家を中心に展開していて、それ以外にも大きなチェーンでははなまるうどんもこの吉野家グループの企業です。最近は本業以外の部分でも話題になることが多い吉野家ですが、今回はそんな吉野家の現状と今後について考えていきましょう。(2022/5/11)

NEW! 妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
サイゼリヤがコロナ前をはるかに上回る利益水準になった理由
決算書で分かる日本経済の動向という事で、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのはサイゼリヤです。もちろんイタリアンのファミリーレストランであるサイゼリヤを運営している企業です。(2022/5/10)

ノーコードでアプリを開発するヤプリが明かす:
PR:「成果をたたき出す」企業アプリの共通点
企業の公式アプリは、うまく運用すればブランドのファンとのつながりを深め、購買額や購買回数を上昇させることが可能だ。「成果を出す」企業アプリの共通点はどこにあるのか。また、開発のためのリソースを持たない小売事業者がアプリを制作する手だてはあるのだろうか。(2022/5/16)

リクルート事例で分かる数理最適化入門(2):
料理来るの遅いなぁ――数理最適化で飲食店のビジネス課題「調理遅れ」を解決できるのか
リクルートにおける数理最適化の応用事例を通じて、数理最適化とは何か、どのようにビジネスに応用できるのかを紹介する連載。今回は、飲食店の最重要課題の一つ、「調理遅れ」を数理最適化で解決する際の考え方やポイントなどについて解説する。(2022/5/10)

今日のリサーチ:
飲食店の原価率が18年ぶり急騰 主要100社の3割が過去1年に値上げ――帝国データバンク調査
経営努力だけで吸収するのはもはや限界。(2022/5/9)

進化するカプセル玩具:
なぜ駅ナカに? 「ガチャガチャ」専門店が相次ぎオープン 市場規模は400億円超
「ガチャガチャ」や「ガチャポン」の愛称で親しまれるカプセル玩具の専門店が近年、“駅ナカ”に相次いでオープンしている。ガチャガチャといえば、かつてはスーパーマーケットの店先やゲームセンターに設置され、子どもが親に「買って」とねだる、そんな印象が強かったが、近年は売場も客層も大きく変化しているようだ。(2022/5/5)

Computer Weeklyリバイバル
ランサムウェア事例 2000台のPCを24時間で復帰させた方法
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/5/5)

福島県郡山市発:
地元に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」──それでも仕事を諦めない人のための“養成スクール”が誕生した背景
地方では、女性が就ける職業が限られている場合が少なくない。Uターンで福島県に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」と話すのは、ハタフルアカデミーのコミュニティマネージャーの鈴木茜さんだ。この課題を打破するため、開校したWebデザイナー養成スクールのハタフルアカデミーとは、どのようなものなのか。(2022/5/3)

iPhone Tips:
フォルダ分けしたiOSアプリに、さらにアクセスしやすくする方法
iPhoneのホーム画面でアプリアイコンを重ね合わせると「フォルダ」としてまとめられる。「ポイントカード」「ゲーム」「しごと」など、何となくの感覚でもいいのでフォルダにまとめておくとかなり便利だ。(2022/5/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円超の“高級のり弁”に行列、外食大手も注目 昔懐かしい国民食がなぜブームに?
「のり弁」ブームが起きている。1000円超の高級弁当を売る店には行列ができており、大手外食チェーンも注目している。消費者に支持される背景を探った。(2022/4/29)

ヤマト配送員の親切な姿がTwitterで称賛 背景に「地域社会から信頼される企業」
ヤマト運輸の配送員が、車いすに乗る人をサポートした動画がTwitter上で称賛されている。(2022/4/28)

店舗の人材教育:
10人に1人が半年で辞める時代に、「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきこと
日本では、パート・アルバイトの10人に1人が半年で辞める。定着率を上げるとともに、顧客に高い価値を提供するにはどうすべきか。筆者は「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきだと主張する。(2022/4/28)

データ統合、そして活用へ:
PR:LiveRampが提案するCookie規制時代のデジタルマーケティング術
複数のオンライン/オフラインを問わずサービスを展開しているのに、自社保有のファーストパーティーデータが活用できない企業は意外と多い。Cookie規制が強化される中、個人を特定せずにユーザー体験を高めるにはどうすればいいだろうか。対策を聞いた。(2022/4/27)

Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【後編】
コロナ禍で「フリーランスのマーケター」が大人気に?
B2B(企業間取引)マーケティングは、今後どう動くのか。Forrester Researchのアナリストに、マーケターの雇用市場におけるトレンドを聞いた。(2022/4/25)

週末に「へえ」な話:
マッカーサーも常連だった!? 88歳「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」の伝説
東京・銀座にあるビヤホールが「登録有形文化財」として登録されたことをご存じだろうか。「ビヤホールライオン 銀座七丁目」の建物のことである。この店は1934年にオープンしていて、ホールはほぼ当時のまま。店内はどうなっているのかというと……。(2022/4/23)

IQOS イルマ ワンを発売した狙い:
フィリップ モリス ジャパンのトップ、日本市場の重要性を語る
日本事業を統括するPMJのシェリー・ゴー社長に日本市場の重要性について話を聞いた。(2022/4/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「バイトテロ」ならぬ「上層部テロ」で炎上の吉野家、それでも株価は上がり続けるワケ
吉野家では「バイトテロ」から一歩進んで、「上層部テロ」が脅威となっているようだ。しかし、吉野家は複数の炎上を経ても株価が下落するどころか、むしろ上がっているのだ。(2022/4/22)

「親子丼」発売:
吉野家イメージ回復の秘策 森永卓郎氏「女性のみに向けたおわびはかえって批判」
元常務の「生娘シャブ漬け」発言で大炎上した牛丼チェーン、吉野家。騒動のなかで、開発に10年をかけた新商品「親子丼」(並盛437円)の発売が始まった。イメージを回復させて女性客を増やすことはできるのか。(2022/4/21)

波紋広がる:
吉野家常務の「生娘シャブ漬け」発言  「当社との契約関係は一切ございません」と“破門状”も
早稲田大学の社会人向け講座で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言し、牛丼チェーン、吉野家の常務を解任された伊東正明氏(49)。19日にはコンサルティング大手、アクセンチュアなど2社の契約も解除された。「マーケティングのプロ」ともてはやされた伊東氏だが、関係していた企業が切り離しを急いでいる。(2022/4/21)

コロナ禍のホリデーショッピングを支えた技術【後編】
Eコマースと実店舗の売り上げを左右する要因とは?
ホリデーシーズンにおけるデジタルチャネルおよび実店舗の売り上げには、さまざまな要因が影響している。何が売り上げを左右するのか。(2022/4/21)

好きなお店とその理由:
好きな回転寿司チェーン店 3位「はま寿司」、2位「くら寿司/無添くら寿司」、1位は?
LINEは、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」にて、都道府県別の「好きな回転寿司チェーン店」に関する調査を実施した。(2022/4/20)

余波が収まらない:
吉野家常務“暴言”の代償 株価急落、「最悪のマーケティング」に
牛丼チェーン大手「吉野家」の常務が、若者を狙ったマーケティング戦略で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言した余波が収まらない。外資出身のエリート常務の暴言は「最悪のマーケティング」となった。(2022/4/20)

好きなハンバーガーチェーン店 モスバーガー、フレッシュネスバーガーをおさえた1位は?
レビューは、日本全国の10歳以上の男女に、「好きなハンバーガーチェーン店」についての調査を行った。好きなハンバーガーチェーン店1位は「マクドナルド」だった。(2022/4/19)

「ロボットそば屋」JR東が展開加速、王子駅に新店舗 2026年までに30店舗へ拡大
JR東日本クロスステーションが、ロボットがそばを作るそば屋をJR王子駅にオープンする営業開始は4月22日。同社がロボットを活用するそば屋をオープンするのは3店舗目。同社は今後、2026年までに同様のそば屋を30店舗まで拡大する方針。(2022/4/19)

知ってる? 大手企業も注目する「デスクレスSaaS」の世界:
今アツい?「非デスクワーカー向けSaaS」、有利・不利な事業領域を“中の人”が分析
ホテルや工場、飲食店といった現場で働く「ノンデスクワーカー」の業務をデジタル化する「デスクレスSaaS」。現在、どんな事業領域でのビジネスが活発になっているのか。実際にデスクレスSaaSを提供するカミナシの諸岡CEOに分析してもらった。(2022/4/19)

週末に「へえ」な話:
タピオカブームは終焉しても、ゴンチャの店がどんどん増えている理由
タピオカブームは終わった――。コロナ前はものすごく人気があって、店はどんどん増えていったのに、いまはどんどん閉店している。そんな状況の中で、タピオカを扱っている「Gong cha(ゴンチャ)」の店は増えているのだ。その理由を分析したところ……。(2022/4/17)

中期経営計画も発表:
吉野家HDが増益 「冷凍牛丼の具」好調、ドラッグストアの「牛丼弁当」販売拡大
吉野家ホールディングスが2022年2月期の連結決算を発表。テークアウトやデリバリーへの対応を進めた。中期経営計画も発表した。(2022/4/14)

下げた客単価を客数でカバー:
“値上げの春”に逆張り ワタミが「焼肉の和民」で仕掛けた「薄利多売」戦略
外食チェーンのワタミは3月、「焼肉の和民」の商品価格を全商品429円以下での販売を始めた。同社は値下げをすることで客足を増やし、“薄利多売”の戦略を取ることによって売り上げの拡大を狙おうとしている。(2022/4/13)

コロナ禍のホリデーショッピングを支えた技術【前編】
実店舗にはコロナ禍前のにぎわいはもう戻らないのか?
実店舗への人の流れは回復傾向にあるが、まだパンデミック前の水準には回復していない。今日のショッピングのトレンドには、さまざまな要因が絡む。(2022/4/12)

非正規は行き止まりか:
「企業が正社員を非正規に置き換えている」は本当なのか?
非正規労働者が増えているといわれていますが、地方色の衰退と関係があると筆者は指摘。正社員が減っているからではないという。どういうことなのか?(2022/4/12)

Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【前編】
B2Bマーケティングで「パーソナライズ」がいまひとつ役に立っていない理由
Forrester Researchのアナリストによると、B2Bマーケティングではパーソナライゼーションへの投資が報われていない。その理由とは何なのか。(2022/4/11)

古米配合ブラシ 木製スプーン プラごみ削減知恵絞る
プラスチックごみの削減のため、スプーンやフォーク、歯ブラシなどのプラスチック製品を提供する事業者への規制が強化され、ホテルや飲食店、クリーニング店などが対応に追われている。(2022/4/6)

PayPayアプリに「吉野家」のテークアウト予約機能 「松屋」に続き
「PayPay」アプリに「吉野家」のお弁当テークアウト予約機能を追加。お弁当を注文、PayPay残高で決済すると全国1200店舗の吉野家で受け取れる。(2022/4/4)

ポテトが人気:
子どもが喜ぶ外食チェーン 1位は「マクドナルド」、2位は?
子どもが喜ぶ外食チェーンはどこだろうか。中学生以下の子どもをもつ親に聞いた。(2022/4/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
290円ラーメンに250円定食 びっくりドンキー、幸楽苑、なか卯で進む「朝食革命」の正体
朝食に力を入れる外食チェーンや飲食店の動きが目立ってきた。ハンバーグ専門店「びっくりドンキー」、タピオカや台湾料理の専門店「春水堂」などが参入している。どのような戦略を打ち出しているのか。(2022/4/1)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アイスの棚が「稼げる広告」に変身! 小売店の新しい可能性
小売店舗には「消費者との接点を持っている」という強みがあります。これまで、オフラインの小売店はオンラインの小売店に比べて広告では稼げないとされてきましたが、状況は変わってきているようで――。(2022/4/1)

本州にも店舗がある:
「セコマ」6年連続で顧客満足度1位のなぜ 大手がやらない“非効率の極み”経営
北海道発のコンビニチェーン「セイコーマート」。ある調査では6年連続で顧客満足度1位を獲得している。大手がやらないことをやる戦略とは?(2022/3/29)

那覇市壺屋にカプセルホテルがオープン ワーケーション需要を狙う
「CABIN&HOTEL CONSTANT NAHA」が那覇市壺屋に開業。パーソナルスペースとしてプライベート空間を満たしたミニマムな設計。コロナ禍で増えたワーケーション利用などの需要を狙う。(2022/3/25)

公示地価、大阪圏のみ横ばい:
商業地で大阪が“一人負け”、なぜ?
令和4年の公示地価で全国の商業地下落率トップ10に、昨年に続いて大阪市中心部の繁華街「ミナミ」から8地点が入った。三大都市圏の商業地のうち東京圏が前年比0.7%、名古屋圏が1.7%とそれぞれ上昇に転じた一方、大阪圏のみが横ばいで「一人負け」に。(2022/3/24)

酒類の提供も再開:
「すき家」「吉野家」「松屋」は通常営業を再開 まん延防止の解除を受けて
まん延防止等重点措置が3月21日に全面解除された。大手牛丼チェーン3社は通常営業に戻す方針を明らかにした。酒類の提供も再開する方針。(2022/3/22)

クリームが1リットル……!? クリーム好きを魅了する山盛りクレープが悪魔の食べ物
誕生のきっかけは、とある女子高生からの相談でした。(2022/3/20)

Computer Weekly日本語版
ランサムウェア事例 2000台のPCを24時間で復帰させた方法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/3/18)

3月25日オープン:
ウェンディーズ・ファーストキッチン、神奈川・秦野に初のドライブスルー店舗
ウェンディーズ・ジャパンとファーストキッチンは、「ウェンディーズ・ファーストキッチン246秦野店」をオープンする。今後は郊外への出店を強化し、3年後には100店舗への拡大を目指す。(2022/3/17)

廃プラ削減へ:
スターバックス、店内利用時のフタ・使い捨てカップ廃止 一部店舗の全アイスドリンク対象、4月から
カフェチェーン「スターバックス」は4月18日以降、店内で提供する全アイスメニューをフタ(リッド)なしで提供する取り組みを一部店舗で始める。使い捨てプラスチック(廃プラ)の削減や、リユース(再利用)・リサイクルの促進が主な狙い。(2022/3/17)

フレッシュネスバーガー、ビーフパティを無料で「SOYパティ」へ変更可能に ビーフパティバーガー5種類が対象
3月16日からスタートです。(2022/3/16)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
ブーム終焉……タピオカの“空き店舗”は今、どうなっているのか
2019年にピークを迎えたタピオカブーム。しかし20年以降は落ち着き、他の流行と同じ道をたどっている。なぜ、タピオカブームは終焉を迎えたのだろうか。そしてタピオカ店は今、どうなっているのか。(2022/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。