ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チェーン店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チェーン店」に関する情報が集まったページです。

松屋「シュクメルリ」の次は「カチャトーラ」? 一部店舗でひそかにテスト販売開始
今度はイタリア?(2020/2/19)

遠のいた客足をいかにして戻したか:
「おとなのジャンプ酒場」が“キン肉マン一色”に!? V字回復を成し遂げた“特化型戦略”の狙い
集英社が、2017年から居酒屋ビジネスを手掛けている。19年7月からは『週刊少年ジャンプ』とコラボした「おとなのジャンプ酒場」を同所にオープン。今回は1月7日から2月29日までで開かれている『キン肉マン酒場』に潜入。原作者のゆでたまごの1人、嶋田隆司さんに狙いをインタビューした。(2020/2/18)

「チャイボーグ」「ピープス」「病み加工」「タトゥーシール」:
「JKトレンド予測」ランキング 2020年は「オタク」と「病み系」がけん引
「現役女子高生の2020年トレンド予測および2019年下半期トレンド」に関する調査。有名人は「オタク」、アイテムは「病み系」がそれぞれ2020年のJKトレンドをけん引するようになると分析している。「2020年に流行しそうな人・アイテム」の具体的な内容は?(2020/2/14)

リフト&シフトは最後の手段:
「『作る』から『やめる』へ」、創業130年のアサヒがパブリッククラウド、コンテナにたどり着いた理由
「アサヒビール」などで知られるアサヒグループホールディングスは、2018年頃から業務システムのパブリッククラウドでの構築・運用を進めている。「クラウドネイティブ・ファースト」が方針で、リフト&シフトによる単純な移行は最後の手段とする。背景には、同グループの事業における根本的な変化があるという。(2020/2/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
埋没気味だった「喜多方ラーメン坂内」が逆襲を開始 あっさり味が国内外で支持されそうな理由
1990年のピーク時には89店を展開していた「喜多方ラーメン坂内」。最近は埋没気味だったが、米国に進出したり、国内の店舗数を増やしたりしている。「あっさり味」が武器になる理由とは。(2020/2/12)

米書店チェーン、“多様性企画”で古典文学の表紙絵を黒人に置き換え ネットでの批判を受け販売停止
キャンペーンの意図と受け手の解釈が食い違ったようです。(2020/2/10)

PayPay、3月はスーパーとクリーニングで還元! 外食40%還元が話題の「いつもどこかでわくわくペイペイ」キャンペーン第2弾
ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザー、Yahoo!プレミアム会員は還元率が倍に。(2020/2/7)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

予算も余裕もないのに、一体どうすれば?:
PR:限られたリソースで、大企業と同等レベルのセキュリティを実現
サイバー攻撃による情報漏えい事件などが相次ぐ中、企業には高度なセキュリティ対策が求められている。だが、予算もスキルも限定的な中堅・中小企業の場合、セキュリティ対策に十分なリソースを投入するのは難しいのが現実だ。しかし、大企業の取引先となる中堅・中小企業をまず狙い、サプライチェーンに沿って攻撃対象を拡大するサプライチェーン攻撃も増えつつある今、中堅・中小企業にも大企業並みの対策が求められている。では一体どうすれば? 現実解を探る。(2020/2/5)

MAツール活用最前線:
MAとCRMをフル活用し、インサイドセールスを強化していく――ロコガイド
スーパーマーケットやドラッグストアなどの買い物情報を無料で見ることができるサービス「トクバイ」。MAがリード獲得のみならず既存クライアントのフォローにも活用できることを証明した事例を紹介する。(2020/2/4)

“こねこ”たちの愛くるしさをクリアファイルに! シャノアールの「岩合光昭こねこグッズキャンペーン」開催中
コンプリートしたい!(2020/2/3)

「NFC Pay」はいつ普及する? 「顔認証決済」「タッチレスゲート」は? 2025年のキャッシュレスを展望する
19年のキャッシュレス化の動きで大きかったのはコード決済だが、今後数年のキャッシュレス化を見通すと、非接触IC決済の「NFC Pay」の普及にも注目したい。そして、コード決済やNFC Payの次に来るキャッシュレスの技術を見通す。(2020/2/1)

「マインドチェンジ」と「学び直し」なしには生き残れない? 令和時代、IT部門のサバイバル術とは
「俺たちの情シス」最終回イベントリポート。(2020/1/29)

食の流行をたどる:
「一人○○」が超“おいしい”マーケットに 「働く40代女性」を狙うべきこれだけの理由
飲食や旅行といったシーンで「一人○○」が増えている。筆者は特に40代の働く女性を狙うべきだと主張する。その理由とは?(2020/1/29)

来た! au PAYが20%還元の大盤振る舞いキャンペーン 家電量販店など全店舗対象、最大7万円分ポイント付与
auユーザー以外でも利用できます。(2020/1/28)

国内8チェーンの加盟店が対象:
「24時間営業問題」にメス!? 公正取引委員会がコンビニ本部と加盟店の実態調査に着手
公正取引委員会が「コンビニエンスストア本部と加盟店との取引等に関する実態調査」を実施する。国内8チェーンの全加盟店オーナーに調査票を送付。24時間営業問題についての実態などを調べる。(2020/1/24)

「メルペイの招待ポイント全部すき家で使う」SNSで公約 → 数万ポイントが発生、130日以上すき家で食べ続ける鉄人が話題に
招待コードをTwitterで公開したところ、受け入れる人が相次ぎ、食べても食べてもポイントが減らない事態に。(2020/1/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
すかいらーくの「24時間営業撤廃」を手放しに喜べないワケ
「ガスト」や「ジョナサン」を手がけるファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、24時間営業を全廃すると発表した。本件は「働き方改革」という文脈で片付けられやすい。しかし、問題はそれほど単純ではない。これは新たな”実質値上げ”の類型だ。(2020/1/24)

メルペイ、「Origami Pay」提供元を買収 スマホ決済サービスを統合
メルペイがOrigamiを買収する。Origami Payのサービスとブランドは、メルペイに統合する方針。大企業のチェーン店に限らず、地域の中小事業者にもキャッシュレス決済の導入を促していく考えだ。(2020/1/23)

メルペイがOrigamiを買収 Origami Payは「メルペイ」に統合へ
中小企業を中心に導入を推進するとのこと。(2020/1/23)

飲食店を科学する:
マクドナルドとモスバーガー 「トマト」の使い方から見えた戦略の“決定的”な違いとは
ハンバーガー業界の2トップ「マクドナルド」と「モスバーガー」。原価率や広告宣伝費から戦略の違いが見えてきた。マクドナルドの圧倒的強さの秘密にも迫る。(2020/1/22)

狙うはレイトマジョリティー:
100円「タピオカ」の次は100円「ばすCHEESE」 後発に徹するローソンストア100の潔さ
ローソンストア100がバスクチーズケーキ「ばすCHEESE(チーズ)」を発売する。タピオカ同様、十分に行き渡ってから後追いする。潔い戦略を採用する理由とは?(2020/1/21)

中国マーケティング最前線:
中国人客の間で日本の「カプセルホテル」が熱い!? 春節直前にデータ分析
中国人訪日客の間で「カプセルホテル」が今熱い。SNSの独自データから判明。狭い寝室が巣穴のように並ぶ様は「SNS映え」するとか。(2020/1/21)

タイムアウト東京のオススメ:
オーソドックスから変わり種まで、濃厚でクリーミーな味を堪能する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/1/21)

外食業界にも深夜営業見直しの波:
ガストやジョナサンの24時間営業廃止へ すかいらーくHDが人手不足受け決断
(2020/1/20)

“打倒クレジットカード”を目指すPayPay 2020年中に金融サービス提供へ
「PayPayはキャッシュレスにおける代名詞になりたい」とPayPayの中山一郎社長が意気込みを語る。2020年1月17日時点で、PayPayのユーザー数は2300万人超、加盟店申込数は185万箇所となり、決済回数は単月で1億回を超えた。2020年中に新たな金融サービスを提供する。(2020/1/18)

今度は40%還元だ! PayPayが大手飲食チェーンとの新キャンペーンを発表 牛丼もラーメンもアイスもお得に
40%のインパクト、強すぎ。(2020/1/17)

2月1日から:
PayPay、40%還元キャンペーン 牛丼3社やコカ・コーラ自販機と連携、利用者拡大へ
PayPayは2月、対象の飲食店などで購入金額の40%を還元するキャンペーンを実施する。牛丼3社やコカ・コーラの自販機など、全国展開する店舗での支払いが対象。キャッシュレス決済の利用者拡大を図る。(2020/1/17)

すき家、2月1日から「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」に順次対応
牛丼チェーン「すき家」が、2月1日からコード決済サービス「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」に順次対応する。「PayPay」のキャンペーン対象に含まれるようになり、今後は「はま寿司」などにも導入される予定。(2020/1/17)

PayPayが飲食店で40〜50%還元キャンペーン 最大1500円相当を還元
PayPayが最大40〜50%を還元するキャンペーンを2月に開催する。全国6500以上の飲食店や21万台以上の自動販売機での支払いで40%を還元。ソフトバンクとY!mobileのスマホユーザーには50%を還元する。(2020/1/17)

PayPay、大手飲食店・自販機で使うと40%還元 牛丼御三家、日高屋、Coke ONなど対象
一部飲食チェーンや自動販売機でPayPayを利用した顧客に、決済額の40%相当の「PayPayボーナス」を付与するキャンペーンが始まる。時期は2月1日〜29日。対応する店舗と機種は、吉野家、松屋、すき家、サンマルクカフェ、Coke ONなど。(2020/1/17)

5Gのキラーアプリを考えても意味がない? 企業は5Gとどう向き合うべきか
2020年春に日本で「5G」の商用サービスが開始するが、「結局5Gで何が変わるのか」「5Gをどうビジネスに生かすのか」といった、漠然とした疑問や不安を抱いている人も多いだろう。そのヒントを、イベント「5Gでビジネスはどう変わるのか」で探ってきた。(2020/1/17)

QRコード決済を使える店鋪は「PayPay」が大差でトップ ICT総研調べ
ICT総研は、1月16日にQRコード決済の利用可能店舗数に関する調査の結果を発表した。QRコード決済事業者4社(PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、d払い)を比較したところ、PayPayが次点に大差をつけてトップとなった。(2020/1/16)

店舗の省人化に有効か:
ロボットが接客する「ゼロ軒めロボ酒場」を養老乃瀧がオープン 多店舗化も検討
居酒屋チェーン「一軒め酒場」などを運営する養老乃瀧がロボット酒場をオープン。ロボットが接客をしたりドリンクを作ったりする。実証実験の結果を踏まえて多店舗化も検討する。(2020/1/15)

Microsoft Focus:
“MaaS”に“RaaS”に“BaaS”が登場 MSが成果を上げるクラウド推進の体制とは
日本マイクロソフトのインダストリー別専門組織体制は、クラウド事業の推進において重要な役割を担っている。どのような役割で、どのような成果をあげているのだろうか。(2020/1/15)

「ケンタ」「ワークマン」に続け! 2020年の急成長企業
2019年に業績絶好調だったのが、外食では「ケンタッキーフライドチキン」、アパレルでは作業着大手の「ワークマン」だ。それでは20年に急成長が期待できるのはどこだろうか。(2020/1/11)

繁忙期の間:
スシロー全店が2日間一斉休業 なぜ2月4日と5日にしたのか
大手回転寿司チェーンのスシローが2日間一斉休業する。19年に続いて20年も実施する。なぜ2月4〜5日に休業日を設定したのか。(2020/1/10)

サイゼは「ラム」、富士そばは異色そば:
松屋が「シュクメルリ」を全国販売 外食チェーンに押し寄せる“珍”メニューの波、いずれも人気
松屋が1月14日から、ジョージアの料理「シュクメルリ」の全国販売を開始する。19年12月に一部店舗でテスト販売していたが、好評を博して全国販売へと踏み切った。「松屋世界紀行」というシリーズで、今後もこうした世界のメニューを展開することも予定しているという。松屋以外でも、世界の“珍”メニューの導入が始まっている。(2020/1/10)

「第4のチョコ」とアピール:
ファミマやネスレを魅了する「ルビーチョコレート」とは? ベルギー大使館の豪華すぎる発表会に行ってきた
ベルギー大使館でファミマや不二家など8社が集まった新商品発表会が開催された。ルビーチョコレートに対して各社は並々ならぬ期待をしている。バレンタイン商戦で台風の目になりそうだ。(2020/1/10)

無人の店舗狙ったコインランドリー窃盗相次ぐ 利用状況が確認できるIoTシステム逆手に
首都圏のコインランドリーチェーン店では2019年8月から、精算機が壊され現金が奪われる窃盗事件が相次いだ。犯行グループは公式Webサイトで公開されている店内の利用状況をリアルタイムに確認し、無人の店舗を狙って犯行に及んでいた可能性がある。(2020/1/9)

売れすぎが原因:
松屋が「ビーフシチュー定食」の販売再開 “豚汁消失”と同様の事態に陥っていた
松屋は「ビーフシチュー定食」の販売を再開した。原因は原料の供給が追い付かなかったため。“豆腐消失”に続く事態に陥っていた。(2020/1/7)

【第2回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「成功はアート、失敗はサイエンス」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長が語る「会社経営失敗の法則」
2020年がいよいよ幕を開けた。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長のインタビューを前後編でお届けする。後編となる第2回目では、OWNDAYS再建時に大切にしていた考え方に迫っていく。人材採用や社員教育など話は多岐にわたった。(2020/1/4)

飲食店も「働き方改革」:
お客様はもう、神様ではない? 「ロイヤルホスト」「すかいらーく」など各飲食チェーンで徐々に広がる年末年始休業の波
年末年始に休業する飲食店が増えてきた。幸楽苑、ロイヤルホストなどに続き、一風堂やすかいらーくも今回から一部店舗で休業する。ある調査では、8割近くの人が年末年始における飲食店の短縮営業に肯定的な回答をしている。「お客さまは神様」の時代はもう終わりかもしれない。(2019/12/31)

おわび案件も多かった:
厄年か自業自得か セブンが2019年に世間を騒がせた4つの事案を振り返る
2019年はセブンが世間を騒がせた1年だった。おわび案件も多く、爪痕は今も残っている。特に印象深い4つの事案を振り返る。(2019/12/28)

プロジェクト:
JR西日本不動産開発が2021年春開業予定の名古屋駅前ホテル建設工事に着手
JR西日本不動産開発は、名古屋駅前に2021年春開業予定のホテル建設工事に着手した。建設地はJR名古屋駅太閤通口から徒歩5分と、ビジネス・観光の拠点に便利な場所。同社の名古屋エリアにおけるホテル開発は3件目となる。(2019/12/27)

マック、KFC、ダンキンが“奥の手”で盛り上がる、背景に何が?
数年ほど前から、本業とは別の商品にチカラを入れる企業が増えてきた。例えば、マクドナルド、KFC、ダンキンは自社商品の特徴を生かしたアイテムを発売したところ、完売するケースも。どんな商品が売れているのかというと……。(2019/12/27)

量は全体的に少なめ? 月額5980円の定額制ランチサービス「always LUNCH」を2週間試して分かったこと
大阪王将や太陽のトマト麺が救世主となるか。(2019/12/26)

食品産業とブロックチェーン【前編】
ブロックチェーンを使ったフードサプライチェーン管理の「理想と現実」
フードサプライチェーン管理のためにブロックチェーンを使用する事例が登場している。しかしデータ収集にまつわる幾つかの問題があり、実現は容易ではないと専門家は指摘する。(2019/12/20)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(最終回):
1億2000万円を着服しようとしたのは誰だ!――仁義なき戦い 大連謀略編
オンラインショップ開発頓挫の裏には、経営陣の覇権争いがあった! 老舗スーパーマーケットチェーンを舞台にした、システムと人間のトラブル模様を描く「コンサルは見た! Season4」、いよいよ全ての謎が解き明かされる――。(2019/12/19)

災害発生時の「現金最強説」は本当か キャッシュレス決済の現実
大災害が相次ぐ日本。もしもの時に頼れるのは現金で、キャッシュレスは全く使えない? 支払い手段をどう持っておくべきなのか、考察を交えながらまとめていく。(2019/12/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。