ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チェーン店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チェーン店」に関する情報が集まったページです。

サイゼリヤのコスパ最強おつまみ「真イカのパプリカソース」が終売へ イカ漁獲高の激減が影響
高品質なイカを199円で味わえる、コアなファンが多いメニューでした。(2019/6/14)

CBRE不動産フォーラム2019:
2021年には供給過多も追い風で需要回帰へ、これからのホテル市場で勝つには何が必要か?
CBREは不動産マーケットの動向をプレゼンするフォーラムを開催し、この中でインバウンド需要を受けたホテル需給の動向と展望を示した。(2019/6/13)

本物そっくり「人工肉」に注目 味や抵抗感払拭に課題も
動物から採取した細胞を培養する「培養肉」の研究が本格化し、植物を材料とした食肉代替品も相次いで商品化。(2019/6/11)

本物そっくり「人工肉」に注目 味や抵抗感払拭に課題も
本物の肉の味や食感を人工的に再現した「人工肉」が注目されている。動物から採取した細胞を培養する「培養肉」の研究が本格化し、植物を材料とした食肉代替品も相次いで商品化。世界の人口増加に伴う食糧危機の“救世主”として期待されているが、味や心理的抵抗感の払拭といった課題もある。(2019/6/11)

スピン経済の歩き方:
ちょっと前までチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が、減速した理由
ブームの牽引役などとチヤホヤされていた「いきなり!ステーキ」が叩かれている。2018年12月決算は、8年ぶりに赤字。低迷の原因として、米国での閉店や類似店舗の増加などが指摘されているが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/6/11)

チルドのメリットに注目集まる:
存在感増すコンビニのチルド弁当 定温弁当に残された強みとは?
大手コンビニチェーンでチルド弁当の存在感が増している。味や彩りがよくなるだけでなく、廃棄ロスが少なくなる点も注目されている。定温弁当に残された強みとは?(2019/6/8)

災い転じて福となす:
HUBがビールを値上げしたのに、客数と売り上げを増やせたワケ
英国風PUBチェーンの「HUB」は2018年6月にビールを値上げした。しかし、客数は減るどころか逆に増えた。どのような戦略を打ち出したかというと……。(2019/6/7)

悲劇「ストロベリーナイト・サーガ」8話 二階堂ふみ(刑事)と山本耕史(容疑者)の残酷な「ロミオとジュリエット」
泣き出しそうな亀梨和也の表情に胸がぎゅっとなる。(2019/6/6)

ラーメン屋・幸楽苑、店長の報告業務をクラウドにシフト 「FAXに依存」「伝言ゲーム状態」から脱却へ
幸楽苑が、クラウド上で報告書を作成・共有できるアプリ「cyzen」を全店(508店舗)に導入。紙とFAXに頼った“報連相”からの脱却を目指す。従業員のモチベーションやコスト効率を改善し、さらなる業績回復を目指す。(2019/6/4)

今日のリサーチ:
店舗集客型デジタル広告の成長が加速――サイバーエージェント調査
オンラインとオフラインの生活導線を一体で捉えた施策が求められています。(2019/6/4)

ビジネスモデルと密接に関係:
券売機を置かないすき家が下した「セミセルフレジ」という決断
すき家が「セミセルフレジ」の導入を進めている。19年3月末時点で約400店舗に設置済みで全店への展開を目指す。新型レジの選定にはすき家のビジネスモデルが密接に関係している。(2019/6/4)

吉野家、丼の缶詰「缶飯」を発売 非常時に牛丼や豚丼が常温で食べられる
ラインアップは6種類。(2019/5/31)

銀座ルノアール、2020年4月から「紙巻きたばこ」の喫煙禁止 喫煙室でも可は「加熱式たばこ」のみ
受動喫煙防止法に基づく対応。(2019/5/30)

肉の概念を変えた:
米国で“肉のようで肉でないモノ”が売れている、2つの理由
米国でミートレス食品を製造するインポシブル・フーズが、話題になっている。いわゆる肉の代替え食品を扱っているわけだが、なぜフーズ社の売り上げが伸びているのか。2つの理由があって……。(2019/5/30)

「サイゼリヤ」が6月1日から全席禁煙 当初の予定から3カ月前倒し
全席禁煙の要望が多かったため。(2019/5/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「どさん子ラーメン」は今…… 急成長から衰退までの経緯と復活のシナリオに迫る
札幌みそラーメンの“伝道師”として急成長した「どさん子ラーメン」。かつては1000店以上を展開していたが、マネされるのも早かった。“衰退”したと思われている一方で、復活に向けた動きもある。(2019/5/28)

ベローチェでお酒350円・おつまみ290円均一のちょい飲みサービス「Vバル」がスタート! ねらいを聞いてみた
ベローチェでべろべろになりたい……。(2019/5/27)

「現金志向」の日本 キャッシュレスで訪日客増期待
 政府は10月の消費税率引き上げ時に中小事業者での買い物やサービス利用に対し、クレジットカードや電子マネーといった現金以外のキャッシュレスで決済した場合、代金の原則5%を消費者に還元する制度を導入する。(2019/5/23)

「バーガーキング」下半期に最大20店舗オープン 大量閉店は「成長戦略加速のため」 閉店に伴うリストラもなし
2020年以降も年間20店舗以上をオープンすることが目標。(2019/5/20)

ローソンストア100の「100円アイス」人気ベスト5は?
お得感とぜいたく感、どっち派ですか?(2019/5/20)

バーガーキング、5月末で大量閉店へ 茨城、京都は消滅……ネット民に動揺広がる
国内99店舗のうち22店舗が5月末までに閉店予定となっています。(2019/5/17)

全国より高い平均日商:
苦戦していた「沖縄ファミマ」が稼ぎまくるようになった経緯が面白い
沖縄にあるファミマの全店平均日商は全国平均より高い。なぜ沖縄のファミマの稼ぐ力は高いのか。地元に密着した独自の商品開発力やマーケティング施策に迫る。(2019/5/17)

海中微生物が分解、カネカの素材 ストロー、化粧品容器に
プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化するなか、化学メーカー大手、カネカが開発した海水中の微生物による分解が可能な素材を活用する企業が相次いでいる。(2019/5/14)

スピン経済の歩き方:
「黒タピオカドリンク」が20年を経て、再ブームになっている背景
若い女性たちの間で、「黒タピオカドリンク」がブームになっている。黒いツブツブが沈んだドリンクを手に持ち、極太のストローでシュポシュポと吸い込む。タピオカブームは20年ほど前にも起きているのに、なぜ再び話題になっているのか。その背景にあるのは……。(2019/5/14)

あの会社のこの商品:
「亀田の柿の種」を壊したフリカキックス、今のところ「吉」
柿の種を砕き、ふりかけに使える商品が誕生した。亀田製菓の「FURIKAKIX(フリカキックス)」だ。社内の批判を乗り越え、どのようにして生まれたのか。担当者に話を聞いたところ……。(2019/5/9)

こんなはずじゃ:
連休明け、もう出社したくなくなっちゃったとき
過去にない10連休――。「休み明けに仕事をしたくないなあ」と感じた人も多いかもしれないが、もっと深刻な人がいる。今年4月から社会人になったばかりの新卒入社社員、連休明けにはもう辞めたいとか出社したくないと思ってるベテランの人だ。(2019/5/8)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

モバイルdeワークスタイル変革:
プリンタやスキャナは不要!? スマホでミニマルにペーパーレス化
最近よく聞く「ペーパーレス」という言葉。日本社会ではその実現が難しい……かもしれないが、個人レベルなら十分にペーパーレスですごせるようになった。この記事では、その上で役立つサービスを3つ紹介する。(2019/5/3)

コンピュータで“錯視”の謎に迫る:
目の錯覚、誰がどうやって見つける? 偶然発見される錯視、理論的に作られる錯視
早稲田大学・新井仁之教授が解説する錯視の世界。第12回では、これまでに錯覚がどのように発見されてきたかをたどります。(2019/5/2)

水曜インタビュー劇場(令和初日公演):
紙の地図はどう変わったのか? 銀行のロゴが消えた理由
とうとう平成の時代が終わった。この30年を振り返ると、就職氷河期があったり、携帯電話が普及したり。さまざまな出来事があったが、記者が注目しているのは「紙の地図」である。昭和から平成にかけて、どのような変化があったのか。地図を作製している昭文社の担当者に聞いたところ……。(2019/5/1)

ここにしかない要素が満載:
豊洲市場の吉野家が面白い 「時給1500円」に「超少ないメニュー数」
2018年10月に吉野家の1号店は築地から豊洲市場に移転した。他店とは違うユニークな運営がされている。創業精神を受け継ぐお店に行ってみた。(2019/4/29)

小売・流通アナリストの視点:
「24時間からの撤退」を突き付けられたコンビニ本部の“生存戦略”
コンビニ本部と加盟店が対立し、クローズアップされる24時間営業の是非。今、コンビニ本場が取るべき「生存戦略」とは――。(2019/4/26)

ゆうちょPay、5月8日に提供開始 口座から即時引き落とし、ヤマダ電機など導入
ゆうちょ銀行が「ゆうちょPay」を5月8日から提供。ゆうちょ銀行の口座を持っている人が、同行と契約している店舗での支払いに使える。(2019/4/22)

Tポイント終了のドトール、dポイントを導入へ
ドトールコーヒーが「dポイント」を6月3日から導入。これまで採用していた「Tポイント」は4月19日に取り扱いを終了。(2019/4/19)

LINEで事前注文、テイクアウトできる「LINEポケオ」開始 「ガスト」など導入
「LINE」上で、飲食店のテイクアウト可能な商品を来店前に注文できるサービス「LINEポケオ」がスタート。(2019/4/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
店舗消滅! 「駅前の光景」が“荒廃”するこれだけの理由
銀行や飲食店が集まる駅前の見慣れた光景が急変しつつある。リアル店舗の消滅によるものだが、その原因とは……?(2019/4/17)

ゼンショーHD、すき家などに「楽天/Ponta/dポイント」導入 他社を受け入れて多様化へ
ゼンショーホールディングスが「すき家」などで「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」「dポイント」を7月から順次導入する。(2019/4/16)

松屋の人気メニュー「ごろごろ煮込みチキンカレー」16日復活 ユーザーからの要望受けて
価格は並で590円、大盛りで690円。(2019/4/15)

地元にない品求め“一番近い都会”へ3時間半 “店の地域格差”嘆く島根出身者の思い出話に反響
ネット通販が使える今でも、まだ不便は多いそうで……。(2019/4/14)

PR:ついに駄菓子もすしになる時代が到来 元気寿司で「ベビースターラーメン」のコラボメニューが登場
ベビースターラーメンがすし、スイーツ、茶わん蒸しなどに。(2019/4/15)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜゆうちょ銀行がスマホ決済に参入するのか? 「ゆうちょPay」の狙いを聞く
2019年5月、ゆうちょ銀行が提供する「ゆうちょPay」がスタートする。口座数だけで約1億2000万という巨大銀行グループの動向が気になる人は多いだろう。ゆうちょPayが参加するGMOペイメントゲートウェイの「銀行Pay」や、そもそも狙いを聞いた。(2019/4/11)

音声検索の時代 後編:
音声検索のアルゴリズムに対する準備、企業が今すぐ始めるべきこととは?
消費者の情報取得行動を企業の都合でコントロールするのは困難だ。音声検索になじんだ動線作りをどう考えればいいのだろうか。Yext幹部による特別寄稿後編。(2019/4/16)

「超特盛」が吉野家を救う? 1カ月で100万食突破、想定の2倍で売り上げ貢献
既存店実績が半年ぶりプラスに。(2019/4/8)

ITはみ出しコラム:
次は「AirPods」対抗の無線イヤフォン? 気付けば身の回りはAmazonハードウェアだらけに
Amazonが「Alexa」搭載の完全無線イヤフォンを開発中とのうわさが話題ですが、気付けば、身の回りにAmazonのハードウェアがあふれつつあります。(2019/4/7)

広告看板にタマちゃん、横断歩道に金さん銀さん 交差点に“平成”を凝縮したイラスト、Twitterで感動呼ぶ
ファストフード店の窓から見下ろす人通りに、(2019/4/6)

松屋フーズが運営する1139店舗が「Origami Pay」に対応 4月9日から
Origamiが提供する「Origami Pay(オリガミペイ)」が、4月9日から松屋フーズが展開する飲食店1139店舗で利用できるようになる。タッチパネル式券売機で食券を購入する際、Origamiアプリの「コード支払い」画面をかざせばOKだ。(2019/4/3)

Google、Microsoft、AWSなどのツールを使ってデータ活用
打倒Amazonに「AI」(人工知能)と「データ分析」で挑む小売企業
小売企業で、実店舗とオンラインでの購買履歴を活用したマーケティングが進んでいる。AI技術の活用やデータ分析によって、顧客に合わせて商品を提案し、需要を生み出すことができる。(2019/4/3)

「令和」で「万葉集」特需が来る? あの出版社や書店の株価が上がる
「改元すれば出版社がもうかる」……?(2019/4/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”
「小僧寿し」が債務超過に陥った。苦境の背景に「持ち帰り寿司の限界」とか「多角経営が裏目に」といった声が出ているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/2)

2時間で配達4件、報酬2500円……Uber Eats支える新たな労働スタイルに密着
食事宅配サービス「ウーバーイーツ」が国内で広まってきた。スマートフォンを操作するだけで飲食物が届く手軽さで支持を集めており、商品を提供する外食側も商機とみて契約店が急拡大する。宅配が今秋の消費増税時の軽減税率の適用対象であることも追い風に、今後も勢いが増しそうだ。(2019/4/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。