ニュース
» 2009年08月27日 07時00分 UPDATE

外出先でもセキュアにプレゼン NEC、携帯経由でサーバ上のデータを表示するプロジェクター

サーバ上のデータを携帯電話経由でプロジェクターに送信できるシステムを、NECディスプレイソリューションズが発売した。外出先でも情報漏えいの心配なくセキュアにプレゼンできるという。

[ITmedia]
画像

 NECディスプレイソリューションズは8月26日、サーバにアップロードしておいたプレゼンテーション資料を携帯電話経由でプロジェクターに送信できるシステムを発売した。データを携帯やプロジェクター本体に残さない仕組みになっており、外出先でも情報漏えいリスクを防ぎながらプレゼンが可能としている。

 BluetoothかUSB経由で画像データを受け取って表示できる同社製プロジェクターと、サーバ上のコンテンツを携帯電話にダウンロード・閲覧できるNECのシステム「InfoFrame DocumentSkipper Mobile」、携帯電話向けアプリなどを組み合わせた。

 プレゼンデータはあらかじめサーバにアップロードしておき、出先で携帯でアプリを起動。データを携帯にダウンロードし、USBかBluetooth経由でプロジェクターに送信して表示する。

 携帯にダウンロードしたデータは、プレゼン終了後か、あらかじめ設定しておいた時間経過後には削除される仕組み。プロジェクター内のキャッシュも電源を落とせば消えるため、端末を外出先などに忘れても情報漏えいの心配がないとしている。

画像 NP52J

 価格は、コンテンツサーバ1台と専用ソフト、モバイルプロジェクター「NP52J」10台のセットで500万円から。情報漏えい対策としてPCを持ち出し制限している企業向け。金融機関や製薬会社、メーカーなどでの採用を見込み、今後3年間で30社への導入を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -