ニュース
» 2009年09月10日 08時27分 UPDATE

ホームシェアリングや「Cocktail」対応の「iTunes 9」リリース

iTunes 9では、ホームネットワーク内でコンテンツを共有できる機能やビジュアルコンテンツ入りアルバムが導入されている。

[ITmedia]

 米Appleは9月9日、双方向的アルバム「Cocktail」やホームシェアリングなどの新機能を加えた「iTunes 9」をリリースした。

 新機能の1つとして、コードネームでCocktailと呼ばれていた「iTunes LP」を導入。デジタル楽曲アルバムに、演奏ビデオ、歌詞、ライナーノーツ、写真、インタビューなどの双方向的なビジュアル要素を加えたもので、第1弾としてボブ・ディランの「Highway 61 Revisited」、ノラ・ジョーンズの「Come Away With Me」などのアルバムで提供する。

 ホームシェアリング機能は、家庭内のほかのコンピュータに楽曲やテレビ番組を転送できるというもの。ホームネットワーク内で最大5台のコンピュータでコンテンツを共有可能。

 レコメンド機能「Genius」のアップグレード版「Genius Mix」も加わった。ユーザーのライブラリから相性のいい曲を選び出し、最大12のミックスを作成する。

 そのほかiPhone OS 3.1との同期機能が改良され、iPhoneアプリをiTunesで並べ替えると、iPhoneに同じレイアウトで表示されるようになった。アーティストやジャンルごとに音楽を同期する機能も加わった。

 iTunes 9はwww.itunes.comからダウンロードできる。

関連キーワード

iTunes | Cocktail | iPhone | Apple | ホームネットワーク


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -