ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年09月28日 17時33分 UPDATE

50V型家庭用3Dテレビ、パナソニックが来年商品化へ

パナソニックは、フルHD画質で3D表示に対応した50V型プラズマディスプレイと専用眼鏡を開発した。来年中の商品化を目指す。

[ITmedia]

 パナソニックは9月28日、フルHD画質で3Dに対応した50V型プラズマディスプレイを開発したと発表した。専用の眼鏡「高精度アクティブシャッター・メガネ」と組み合わせ、家庭で高精細な立体映像を楽しめる。来年中の商品化を目指す。

 昨年発表した103V型の3Dホームシアターシステムを、50V型にサイズダウンした。

 パネルの新材料や新LSIを採用し、明るさを維持しながら高速発光する「3D高速駆動技術」を搭載。左右の画像間に生じる残像を低減する「二重像低減技術」も搭載した。右眼用・左眼用のフレームを交互に表示するフレームシーケンシャル方式を採用し、高精細化している。

 アクティブシャッター・メガネは、左右の映像とアクティブシャッターの開閉タイミングを高精度に制御する技術を搭載し、二重像の発生を大幅に軽減した。映画館と同等レベルの没入感や質感が得られるとしている。

 Blu-ray Discプレーヤーと組み合わせたホームシアターシステムとして提案。来年中に日米欧で販売する計画で開発を進めている。10月6日から開かれる「CEATEC JAPAN 2009」(千葉県・幕張メッセ)に参考出展する。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.