ニュース
» 2009年10月02日 07時00分 UPDATE

デジタルテレビにHDライブ映像をネット配信 アクトビラとPNSが開発

デジタルテレビに一般ネット回線を利用してHD映像をライブ配信する技術を、アクトビラとパナソニックネットワークサービシズが開発。

[ITmedia]

 アクトビラとパナソニックネットワークサービシズ(PNS)は10月1日、デジタルテレビに一般ネット回線を利用してHD映像をライブ配信する技術を開発したと発表した。2010年中に商用サービス化する計画だ。

 デジタルテレビ向けビデオオンデマンド(VOD)サービス「アクトビラビデオ・フル」対応テレビにライブ配信する技術として開発した。撮影した映像データをアクトビラビデオ用フォーマットに変換するリアルタイムエンコーダとIP変換装置、ライブ配信サーバで構成。ネットワーク帯域のゆらぎを吸収して安定配信するサーバを開発したことで、HDクラスの高画質映像をデジタルテレビ向けにユニキャスト方式でライブ配信できるようになったという。

 PNSは今年2月のさっぽろ雪祭り中継などで実験しており、「CEATEC JAPAN 2009」(10月6〜10日、幕張メッセ)で実用化実験を実施。PNSブースで披露する。

photo ライブ配信のシステム構成図

 今後、ライブ性が重視されるスポーツ・音楽コンサートなどのイベント映像配信サービスを始める予定。法人向けに社長メッセージや株主総会といった社内情報配信や、学習塾の授業中継といった用途向けのシステムの提供とASPサービスも提供していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -