ニュース
» 2009年10月14日 10時54分 UPDATE

Twitterにスパム通報機能が追加

スパマーと思われる不審なユーザーを見つけたら、リンクをクリックして通報することができる。

[ITmedia]

 Twitterは10月13日、スパム通報機能を加えたことを明らかにした。

 通報機能はプロフィールページのサイドバーの「操作」セクションの「メッセージ」「ブロックする」の下にある。スパマーと思われるTwitterユーザーのプロフィールページで「Report(ユーザー名)for spam」をクリックすると、そのユーザーをスパマーとして通報できる。

 通報されたアカウントが自動的に停止されるようなことはなく、Twitterのスタッフが確認して対処を決定する。また通報後は、スパマーから通報者へのフォローや返信は自動的に遮断される。

関連キーワード

Twitter | スパム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -