ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年10月29日 09時45分 UPDATE

三洋、eneloop生産拠点を売却 パナソニック子会社化で海外独禁法に対応

三洋がeneloopの生産拠点など、電池子会社2社をFDKに売却。パナソニックによる三洋の子会社化に向け、両社の電池事業について海外独禁法上の審査が長期化しているため。

[ITmedia]

 三洋電機は10月28日、「エネループ」などを生産する電池子会社2社を富士通子会社の部品メーカー・FDKに売却すると発表した。パナソニックによる子会社化に向け、電池事業の一部売却で海外独禁法の審査承認を得るのが目的。エネループの販売は今後も三洋が行う。

 売却するのは、自動車用を除くニッケル水素電池を生産する三洋エナジートワイセルと、筒形リチウム一次電池とコイン形二次電池生産などを行う三洋エナジー鳥取。

 三洋はパナソニックが子会社化することで合意しているが、両社の電池事業について競争法上の懸念があるとして、海外規制当局の審査が長期化。早期の子会社化を目指し、一部事業の売却を決めた。複数の当局から、売却を条件として子会社化の承認を得ているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.