ニュース
» 2009年11月06日 18時10分 UPDATE

cci、ソーシャルメディア広告強化 mixiアプリメーカーに資本参加

cciが、mixiファンド出資先第1号のコミュニティファクトリーに出資。ミクシィとも協力し、ソーシャルメディア広告事業を強化する。

[ITmedia]

 サイバー・コミュニケーションズ(cci)は11月6日、ソーシャルアプリメーカー・コミュニティファクトリー(CF)に出資すると発表した。ミクシィとも協力し、CFが運営するmixiアプリ向け広告商品を開発。ソーシャルメディア広告事業を強化する。

 CFは、「mixiファンド」第1号企業としてミクシィからも出資を受けており、mixiアプリ「どきどきダイナマイトパニック」などを展開している。

 cciは、CFが11月6日付けで行う第三者割当増資を引き受け、数千万円を出資。発行済み株式の14.7%を保有する。

 cciの役員1人がCFの非常勤取締役として就任するほか、ネット広告ビジネス推進担当者としてcciのスタッフを1人常駐させ、広告ノウハウを支援する。

 cciは10月に「ソーシャルメディア部」を新設。ソーシャルメディア向けの広告商品の開発や企画提案を進める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -