ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「mixiファンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「mixiファンド」に関する情報が集まったページです。

サイバーエージェントとミクシィ、mixiアプリ開発会社設立
サイバーエージェントとミクシィが、mixiアプリを開発する新会社を設立。mixiらしい“ソーシャルな”アプリを開発する。(2011/1/25)

「GREE Platform」の強み mixiやモバゲーにないものは
mixi、モバゲーに続き、グリーがゲームプラットフォームを開放。先行2社にはない強みを、田中社長に聞いた。(2010/3/3)

GREE向けソーシャルゲーム、開発パートナー募集スタート OpenSocialベース、資金支援のファンドも
「GREE Platform」のゲーム開発パートナー募集がスタート。パートナー企業を資金面で支援する「GREE Fund」も設立する。(2010/3/1)

mixiアプリ運営元サーバに改ざん 350万人利用の「マイミク通信簿」など停止
約350万人が利用する「マイミク通信簿」などmixiアプリを開発するベンチャー「空飛ぶ」が、2月25日夜からすべてのアプリの運用を停止している。開発用サーバなどで第三者による改ざんが判明したためという。(2010/2/26)

cci、ソーシャルメディア広告強化 mixiアプリメーカーに資本参加
cciが、mixiファンド出資先第1号のコミュニティファクトリーに出資。ミクシィとも協力し、ソーシャルメディア広告事業を強化する。(2009/11/6)

ねとらぼ:
mixiアプリ「ワタシのドレイちゃん」に批判集中 公開当日に削除
25日の「mixiアプリ」PC版正式サービス開始に合わせて公開された「ワタシのドレイちゃん」というアプリがユーザーからの批判を受け、開発元によって削除された。(2009/8/25)

mixiアプリで「20代女性中心」から脱却へ 開発者イベントで笠原社長
ミクシィは、20代女性中心だったmixiのヘビーユーザー層を「mixiアプリ」で広げる狙いだ。23日に開いた開発者イベントには、開発元として、SNS向けアプリ専業の米国ベンチャー企業も登場した。(2009/4/24)

「mixi始まって以来、最大の変化」――笠原社長に聞く「mixiアプリ」
mixiアプリは、「mixi始まって以来一番大きな変化」と笠原社長は期待する。現在、一番人気は「はちゅねミク」のネギ振りアプリだが、長くヒットするアプリの性質は異なるという。(2009/4/23)

mixiアプリオープンβテスト開始 開発者支援へ「mixiファンド」設立
「mixiアプリ」のβ版が公開。mixi向けアプリケーションを、個人開発者も構築できる。アプリ開発者を資金面で支援するmixiファンドも設立された。(2009/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。