ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
スーファミ以来の「パワプロ」にドハマり サッカー好きの漫画家を虜にした「栄冠ナイン」って?
ゲーム仲間から「『栄冠ナイン』というモードがとにかく面白い!」という強い推しがあり、約30年ぶりにパワプロを購入。見事にはまりました。(2022/5/15)

イナズマ2022にアイマスSideM出演でプロデューサーが大混乱 「ももクロ、娘。と同じアイドル枠」「西川さんにご恩をお返ししたい」
なお出演者の詳細は後日発表予定。(2022/5/13)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

モバクソ畑でつかまえて:
「アイマス」15周年記念のお祭りゲームだったはずが…… 「アイドルマスター ポップリンクス」はなぜ短命に終わってしまったのか
全アイマスシリーズキャラ集合の「越境ゲーム」としても期待されていたものの……。(2022/4/29)

ソシャゲ開発で対立の過去:
グリー田中社長、タイミー守安COO退任に言及 DeNA批判の怒りのツイートが話題、なぜ?
コンプライアンス違反があったとして、タイミーが守安功COOの退任を発表した。これに関し、グリーの田中良和社長が自身の公式Twitterアカウントで、守安氏の退任に言及した上で、DeNAを批判していると話題に。その理由を紐解く。(2022/4/1)

平均額は79万214円:
人生で一番後悔した無駄遣いは? 最高額は4000万円、何に使った?
保険マンモスは、人生で一番後悔した無駄遣いがある人に、「人生で一番後悔した無駄遣い」を聞いた。無駄遣いはどのくらいの金額か聞いたところ、平均額は「79万214円」だった。が、最高額は4千万という人もいることが分かった。何にお金を使って公開しているのか尋ねた。(2022/3/31)

モバクソ畑でつかまえて:
「とにかくユーザーを楽しませたい」という意思が随所ににじむ快作 Switch「刀剣乱舞無双」が想像以上に楽しかった
「簡単モード」を考えた人を絶賛したい。(2022/2/27)

20代男性が目立つ:
1つのゲームに「5万円以上」2割 ソシャゲの課金
Webマーケティング支援を展開するSheepDogは、「ソシャゲ(ソーシャルゲーム)への課金に関するアンケート」を実施。その結果……。(2022/2/18)

ウマ娘、iPhone 8を非推奨端末に変更 「今後も安定したサービスを継続するため」
ソーシャルゲームを制作、運営するCygamesはスマートフォンゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」で、iPhone 8を非推奨端末に変更する。理由は「今後も新規機能の実装や機能拡張をはじめ、安定したサービスを継続して提供するため」で2月24日に実施する。(2022/1/25)

モバクソ畑でつかまえて:
今のゲーム内容が昭和だと言うなら昭和という時代に謝ってほしい 突如リリースされたスマホゲーム「カイジ 闇の黙示録」の衝撃にざわざわ
思わずTwitterもざわざわ。(2022/1/21)

モバクソ畑でつかまえて:
勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
あの輝きを忘れないために。【※一部重複があったため訂正】(2022/1/16)

「グランド・セフト・オート」のTake-Two、モバイルゲームの老舗Zyngaを127億ドルで買収
PCやコンソールゲーム大手のTake-Twoが「FarmVille」などのモバイルゲームで知られるZyngaを買収すると発表した。買収総額は約127億ドル。ZyngaはTake-Two傘下のブランドとして今後もモバイルゲームを提供していく。(2022/1/11)

好きなソシャゲがサービス終了 「私も死んだ」と悲しみにくれるオタクの漫画が共感呼ぶ
喪失感をどう乗り越えていくか。(2021/12/23)

「神撃のバハムート」シナリオ更新の終了を発表 プレイヤーは「ついに来た」「終活か」
Cygamesは20日、ソーシャルゲーム「神撃のバハムート」の新規シナリオイベント追加やガチャの更新を2022年1月以降に順次終了すると発表した。プレイヤーはサービス終了に向けた準備と受け止めている。(2021/12/21)

「FGO」事業がアニプレックスへ ディライトワークスのゲーム開発事業を子会社化
アニプレックスは、ソーシャルゲームの開発/運営を手掛けるディライトワークスのゲーム事業を承継した新会社を設立し、その全株式を取得すると発表した。新会社の名称は後日発表予定。(2021/12/15)

モバクソ畑でつかまえて:
“全年齢版”リリースから1年半、ようやく始まった「FANZA版ラストオリジン」の苦闘の歴史を振り返る
ここまで長かったなあ……。(2021/11/27)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(終):
「Kubernetes」と「Nomad」、どう使い分けるとよいのか
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。最終回はKubernetesとNomadの選定指標について解説します。(2021/11/18)

ウマ娘、二次創作ガイドラインを更新 「著しく競走馬のイメージを損なう二次創作がある」
ソーシャルゲームを制作、運営するCygamesは、スマートフォンゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の二次創作ガイドラインを更新したと発表。(2021/11/10)

「楽しみにプレイするユーザーの体験損なう」――「FGO」が解析情報ベースのリークに警告 法的措置も検討
ディライトワークスは、スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」の解析情報の掲載についての声明を発表した。同ゲームでは、ゲームデータの解析を禁止しており、今後掲載される解析情報には法的措置も検討するという。(2021/11/1)

「かわいい」「リズム天国みたい」──リリース前から話題のタイピングアプリ配信開始
「かわいい」「リズム天国みたい」──リリース前の告知ツイートが4.2万RT、10.9万いいねを集めてTwitter上で話題を集めたタイピングアプリ「TYPING LAND」の配信が始まった。スマホとPCから無料でプレイすることができる。(2021/10/29)

「クソメガネ」Twitterトレンド入り→大石昌良「僕はトレンドじゃないクソメガネです」 “じゃない方”を襲名してしまう
それにしてもすごいパワーワード。(2021/10/19)

モバクソ畑でつかまえて:
「アイドルマスター SideM GROWING STARS」感想 一度は終わった「SideM音ゲー」再チャレンジの出来は?
8月に「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」が終わったばかりですが、今度は……?(2021/10/17)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(3):
AWSでNomadクラスタを構築――クラスタやジョブ管理の仕組みと内部構造を知る
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。第3回はNomadを用いたクラスタ構築の手順やNomadの内部構造、ジョブ管理を中心に解説します。(2021/10/19)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(2):
コンテナ実行基盤「Kubernetes」の構成要素とエコシステムを解説――ネットワーク、シークレット管理の仕組み
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。第2回はKubernetesを用いたクラスタ構築の手順やKubernetesの構成要素についてネットワーク、シークレット管理を中心に解説します。(2021/8/20)

タニタ、「アイドルマスター」五十嵐響子とコラボしたデジタルクッキングスケールの予約受付を開始
タニタは、「アイドルマスター シンデレラガールズ」のキャラクター五十嵐響子をデザインしたデジタルクッキングスケールの予約受付を開始。タニタと同作の「アイドルと一緒にプロデューサーの健康をつくるコラボ」の第1弾商品となる。(2021/8/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
次に来るのは「メタバース」なのか フェイスブックが動く
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが「メタバース(仮想空間)」にチカラを入れていくという。英国のメディアで野心的な話をしたわけだが、なぜメタバースなのか。その背景には……。(2021/8/11)

モバクソ畑でつかまえて:
どす黒いのはゲームではなく自分のプレイスタイルなのだ “闇のアイマス”こと「Idol Manager」を遊んで自分の良心と向き合ってみよう
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるゲームコラム。今回はスマホゲームではなく、PLAYISMからリリースされた「Idol Manager」を遊びます。(2021/8/11)

Cygames、「若手ITエンジニアの育成ノウハウ」など講演動画5本を公開 期間限定で
Cygamesが、若手ITエンジニアの育成ノウハウなどを学べる5本の講演動画を、9月6日までの期間限定で無償公開した。「ゲーム業界の発展に貢献するための取り組み」という。(2021/8/11)

「仮面ライダーリバイス」、戸次重幸と映美くららが主人公の両親役 デッドマンズつながりで“あんステ”ファンも反応
主題歌担当アーティストは「Da-iCE」と木村昴さん。(2021/7/27)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(1):
コンテナ実行基盤「Kubernetes」「Nomad」の基本 クラスタの構成方式やデプロイの仕組み
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。第1回はKubernetesとNomadの基本をおさらいします。(2021/7/5)

ゲーム事業からプラモデル・フィギュア事業へ:
40代のバンナム女性幹部はなぜ、突然BANDAI SPIRITSの新社長に抜擢されたのか
(2021/6/23)

既存ファンがリピートしていなかった……!:
イベント運営は“肌感覚”から脱却できるか? 「ファンの分析」が秘める可能性
イベントの顧客分析は難しい。例えばライブに参加する際、A社でチケットを買い、B社で配信映像を視聴し、グッズはC社のサイトで購入する──というように、複数の企業がかかわり、データをばらばらに持っているからだ。この現状を変えようと取り組む、バルス(東京都千代田区)のCEO、林範和氏に話を聞いた。(2021/6/14)

KDDIとmenuが資本業務提携 “au経済圏”の拡大目指す
KDDIがフードデリバリーサービス「menu」を手掛けるmenu社(東京都新宿区)と資本業務提携を締結。auの各サービスでmenuと連携したサービスを展開し、“au経済圏”の拡大を目指す。(2021/6/2)

ソーシャルゲーム市場:
20代の4人に1人は「ソシャゲに5万円以上課金」、男女比は?
20代の24%が1つのソーシャルゲームに5万円以上も課金――。SheepDogが5月10日、20歳から39歳の男女400人を対象にアンケート調査を実施し判明した。(2021/6/2)

祖母の家にギャル孫が同居 → いきなりダメージジーンズを修繕してしまい……? 一瞬の緊張が即笑顔になる漫画にほっこり
いいおばあちゃんといいお孫さん。(2021/6/1)

モバクソ畑でつかまえて:
「悪堕ち好き」と「悪役好き」は違う “悪堕ち”艦船擬人化ゲーム「ブラック・サージナイト」インプレッション
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はbilibiliの艦船擬人化ゲーム「ブラック・サージナイト」を遊んでいます。(2021/5/28)

【気付いちゃうとモヤッとする言葉】ソシャゲ全盛の現代に「ソシャゲなんか今どきないだろ」と思うワケ
「現代のソシャゲはソシャゲではない」という捉え方。(2021/5/19)

オタクの老後:
“死に方”を考えるには“生きる気力”が必要 孤独死を描く漫画『ひとりでしにたい』が伝えるオタクと老後のこれから
作者・カレー沢薫さんに話を聞きました。(2021/3/29)

モバクソ畑でつかまえて:
タイトル発表から実に5年、遅れに遅れてやってきた本命馬「ウマ娘 プリティーダービー」そのクオリティーは?
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回は話題沸騰中の「ウマ娘」について。果たして待たされただけの価値はあったのか?(2021/3/3)

モバクソ畑でつかまえて:
“アイマス版ツムツム”こと「ポプマス」いよいよサービス開始 「ツムツム」と遊び比べて見えた優しい点・厳しい点
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回は「ポプマス」こと「アイドルマスター ポップリンクス」にハマったというお話。(2021/2/1)

モバクソ畑でつかまえて:
「サクラ革命 華咲く乙女たち」インプレッション ディライトワークスの「サクラ大戦」スマホゲー化は吉と出たか凶と出たか
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はあの「サクラ大戦」シリーズのスマホ向け新作「サクラ革命」について。(2020/12/21)

ケータイ版「モバゲー」サービス終了 2006年からの歴史に幕 スマホ版は継続
ついに終了。(2020/12/16)

管理者とチームをつなぎ顧客に価値を届ける
「マジカミ」開発会社が“隔週で約30件の施策をリリース”できる秘策
ソーシャルゲームアプリ「マジカミ」の開発、運営会社「Studio MGCM」はリリース後の機能改善に備え、アジャイル型開発プロセスを採用した。そこで課題となったのは「2つの開発プロセスに対応できるプロジェクト管理」の実現方法だった。(2020/12/3)

アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
やべー、やめどきがわからない。(2020/11/22)

アリアナ・グランデ、ラブソングをロボアニメ化してしまう 新解釈も「シリーズ化希望」の声多数
香水の力で星と犬を救え!(2020/11/13)

「史上最速で200億の男に…」 「鬼滅の刃」興行収入204億円突破で「煉獄さん200億の男」がトレンド入り
わっしょい!(2020/11/9)

モバクソ畑でつかまえて:
「D4DJ」ついに本格スタート ブシモの“社運コンテンツ”は大きすぎる期待に応えられるか
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はブシモの話題作「D4DJ Groovy Mix」について。リリース前からすさまじい力の入りようで話題になっていますが、ゲームとしては果たして……?(2020/11/3)

グリー、ゲーム事業を子会社に承継 「ユーザーへの影響はない」
グリーがアプリゲーム事業とライセンス事業を、完全子会社のファンプレックス承継させると発表した。(2020/10/27)

昔好きだった漫画がソシャゲに 喜びから一転、期待が裏切られ――ファンとアンチの間で揺れ動く心情描いた漫画に共感集まる
同じような体験をした人から多く反応が寄せられています。(2020/10/2)

オタクの夢「オタク仲間とルームシェア」を叶えた“先輩”の記録 『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』が参考になる
「いつかオタク仲間と暮らしたい」、そんな夢を見たことがある人へ。【試し読みあり】(2020/9/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。