ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2009年04月08日 16時12分 UPDATE

mixiアプリオープンβテスト開始 開発者支援へ「mixiファンド」設立

「mixiアプリ」のβ版が公開。mixi向けアプリケーションを、個人開発者も構築できる。アプリ開発者を資金面で支援するmixiファンドも設立された。

[ITmedia]

 ミクシィは4月8日、外部開発者がmixi用のアプリケーションを構築できる「mixiアプリ」のオープンβ版をWebサイトで公開した。これまでパートナー企業のみに公開していたが、個人開発者も利用できるようになった。

 ソーシャルグラフ(ユーザー同士のつながり情報)やプロフィール、コミュニティ、マイミクシィ更新情報、外部Webサービス連携機能などを5つのAPIとして公開。開発者はAPIを活用し、アプリを構築できる。今後、フォトアルバム関連情報のAPIも公開する予定だ。

 mixiアプリのAPIは、昨年12月からパートナー企業限定で公開しており、約300社がアプリ開発を始めているという。

 アプリ開発者を資金面でサポートする「mixiファンド」も設立した。個人・法人開発者への出資や融資、開発したアプリの買い取りなどを行い、アプリ開発を活性化する。対象は、アプリの企画力や収益力、マネージメント能力などをもとに決める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.