ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年11月27日 17時02分 UPDATE

Adobe、「Premier Pro」次期バージョンは64ビットのみに

Adobeの「Premier Pro」「After Effects」の次期バージョンは64ビットネイティブになり、32ビット版はCS4が最後になる。

[ITmedia]

 アドビシステムズは11月27日、プロ用映像編集ソフト「Premier Pro」と「After Effects」の次期バージョンは64ビット版のみとする方針を明らかにした。32ビット版は現行の「CS4」が最後になる。

 現在のビデオ制作ワークフローで64ビット環境が普及しつつあり、64ビット化による性能向上で「クリエイターは本来の業務であるクリエイティブな作業に集中することができる」と指摘。こうした現状を踏まえ、今後は64ビットにネイティブ対応し、32ビットOSはサポートしないことを決めたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.