ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年12月01日 07時00分 UPDATE

日立と東芝、東電からメガソーラー発電システム受注

東電が川崎市の臨海部に新設するメガソーラー発電システムを日立と東芝がそれぞれ受注。

[ITmedia]
photo 日立が受注した扇島太陽光発電所の完成予想図

 日立製作所と東芝は11月30日、東京電力からメガソーラー発電システムを受注したと発表した。それぞれ川崎市の臨海部で2011年度の運転開始を計画している。

 日立が受注したのは「扇島太陽光発電所」(仮称)。発電出力は1万3000kワットで、年間発電力は一般家庭3800世帯分の年間使用電力量に相当するという。

 東芝が受注したのは「浮島太陽光発電所」(仮称)。出力は約7000kワットで、年間発電力は一般家庭2000世帯分をまかなえる。東芝グループで開発したパワーコンディショナーとシャープ製太陽電池モジュールを採用する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.