ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2009年12月17日 07時00分 UPDATE

Microsoft、児童ポルノ対策に写真判別技術を提供

Microsoftは、デジタル画像を判別する「PhotoDNA」技術を児童ポルノ問題に取り組む団体に寄贈する。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月15日、同社が開発した写真判別技術を、児童ポルノ撲滅のために寄贈すると発表した。

 同社は「PhotoDNA」技術を、行方不明児や児童虐待の問題に取り組む非営利団体National Center for Missing & Exploited Children(NCMEC)に寄贈する。この技術は、デジタル画像の特徴から一意の「ハッシュ」(指紋のようなもの)を算出し、それを基に写真を判別するというもの。この技術を使って、NCMECがこれまでに入手した児童ポルノ画像のコピーをインターネットから探し出すという。PhotoDNAは大量のデータを解析できる上、元の画像のサイズなどが変えられていても特定可能だとMicrosoftは説明している。

 NCMECはPhotoDNAをオンラインサービス企業などに提供して、インターネットでの児童ポルノ画像の配布を阻止する意向だ。

関連キーワード

児童ポルノ | Microsoft


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.