ニュース
» 2009年12月28日 10時39分 UPDATE

Twitterで鳩山首相になりすました男性が謝罪 「有名人でコントやってみたかった」

「鳩山由紀夫様、大変ご迷惑をおかけいたしました」――Twitterで首相になりすましていた人物が名乗り出て、ブログで謝罪した。

[ITmedia]

 「鳩山由紀夫様、大変ご迷惑をおかけいたしました」――Twitterで鳩山首相になりすましたアカウント「@nihonwokaeyou」を作り、つぶやきを更新していたという「メガネ王」さんが12月27日、鳩山首相らに謝罪する内容のブログ記事を公開した。同アカウントは27日までに閲覧できない状態になっている。


画像 メガネ王さんが鳩山首相になりすまして更新していた「@nihonwokaeyou」。27日までに閲覧できなくなっている
画像 27日のブログで謝罪

 26日に更新されたブログによると、メガネ王さんは、鳩山首相がTwitterを始めるという記事を読み、「有名人を使ってコントをやってみたい」と@nihonwokaeyouを取得。首相になりすまして25日から更新を始めた。本物の首相と信じたユーザーも多く、26日までに1万人以上にフォローされていた。

 27日更新のブログでは、首相やフォロワー、対応に追われた関係者に謝罪。「今後は、心を入れ替えて、インターネットへ少しでもよりよい関わり方ができるよう努めます。二度と、このようなことをしないと誓います」としている。

 ブログのプロフィールなどによると、メガネ王さんは構成作家兼ソーシャルメディアプランナーだという32歳の男性。「非モテSNS」のスタッフでもある。

関連キーワード

Twitter | なりすまし | 鳩山由紀夫


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -