ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年01月13日 07時00分 UPDATE

「プライバシーは社会規範でなくなってきている」とFacebook CEO

プライバシー問題で物議を醸しているFacebookだが、CEOのザッカーバーグ氏は、ユーザーは情報を進んで公開するようになっており、社会規範は変化していると話している。

[Brian Prince,eWEEK]
eWEEK

 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは最近、ユーザーは快く情報を共有するようになっており、インターネットではプライバシーは「社会規範」ではなくなってきていると宣言した。

 同氏のコメントは1月8日に、サンフランシスコのCrunchies Awardsで出てきたもの。この式典はTechCrunch、GigaOm、VentureBeatが毎年開催しており、その年の「最も魅力的な新興企業、インターネット・テクノロジーの革新」を認定するイベントという。

 ザッカーバーグ氏のインタビューのビデオはこちら(プライバシーに関する発言は2分30秒経過したあたりから)。

 「昔を振り返ってみるのは面白い。ハーバード大学の寮で(Facebookを)始めたばかりのころは、たくさんの人から、どうしてインターネットに情報を載せたいのかと聞かれた。人々はさまざまな、より多くの情報を快く共有するようになったばかりか、より多くの人と、よりオープンに共有するようになった。この社会規範は時間とともに進化していったものだ」とザッカーバーグ氏は聴衆に語った。「今の社会規範を反映するために、システムを絶えず革新し、更新していくことがわれわれの役割だと考えている」

 Facebookは最近、プライバシー設定の変更で議論の的になっている。多くのユーザーは、Facebookの「推奨」設定は公開するユーザー情報を増やそうとするものであり、ユーザーの情報を保護するという同社の主張に逆行すると感じている。この議論を受け、複数の消費者団体とプライバシー団体が12月17日に米連邦取引委員会(FTC)に苦情を申し立てた。

 eWEEKはFacebookユーザーがプライバシーについて気に留めておくべきことをこちらの記事にまとめている。

関連キーワード

プライバシー | Facebook


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.