ニュース
» 2010年01月28日 19時46分 UPDATE

ねとらぼ:「あいパッド」という画期的な日本製品がある

Appleの「iPad」(アイパッド)が注目を浴びる中、神戸の企業が開発した「あいパッド」という名前の画期的な製品が話題になっている。

[ITmedia]
画像 アワジテックWebサイトの「あいパッド」紹介ページより

 1月28日に発表された米Appleのタブレット型端末「iPad」(アイパッド)が注目を浴びる中、「あいパッド」という名のハイテク尿取りパッドがTwitterなどで話題になっている。

 あいパッドは、介護製品などを手掛けるアワジテック(神戸市)が開発した介護用の尿取りパッドで、濡れを検知するセンサーと無線送信機を装備。排尿があると受信機に信号を送り、受信機がブザーと光で介護者に知らせる仕組みだ。

 iPadとあいパッドは似た名前ながら全く異なるものだが、それぞれ、技術を生かした画期的な製品という点は共通しているといえそうだ。

関連キーワード

iPad | 介護 | 神戸 | ねとらぼ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -