ニュース
» 2010年03月02日 19時25分 UPDATE

Twitterユーザーは全体の8% 認知度は70%

富士通総研の調査によると、Twitterの認知度は70%だが、利用者は8%だった。

[ITmedia]
photo ツイッターの利用状況

 富士通総研がこのほど実施した調査によると、Twitterの認知度は約7割に上ったが、実際に使っている人は1割未満にとどまった。言葉自体は浸透しているが、実際に利用している人はまだ一部に限られているとしている。

 1月18〜20日に全国の15〜64歳の男女に対してWebでアンケート調査を実施した。

 「Twitterという言葉を知っている」と回答したのは全体の70.2%。「利用している」と答えた人は8.2%だった。言葉を知っている人のうち「名前は聞いたことがあるが、利用したことがない」という人が59.3%、「今は利用していない」が2.7%。「Twitterが何か分からない」は29.8%だった。

 年代別に見ると、最もユーザーが多いのは15〜19歳の14.9%で、20代(12.4%)、40代(7.9%)、30代(7.4%)が続く。投稿に使うデバイスは年代ごとに異なり、年齢が上がるほどPCのみの割合が多くなり、60代では95%、50代では78.6%がPCのみ。一方で15〜19歳、20代、30代はほぼ半数が携帯電話も使っていた。

 Twitterのメリットについて聞くと「リアルタイムに情報発信ができる」(52.5%)という回答が最も多く、「ブログより更新が簡単」(52.2%)が続く。メリットに対する認識も年代によって異なり、情報発信の利用が多い15〜19歳と20代は「リアルタイム性」に対する評価が高かったのに対し、40〜50代は「新しいメディアなので面白そう」「有名人の情報にアクセスできる」という点を重視していた。

関連キーワード

Twitter


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -