ニュース
» 2010年03月03日 19時04分 UPDATE

ねとらぼ:「ラブプラス」が講談社5誌連動でコミック化

「ラブプラス」がコミック化され、講談社の5誌で連載。「涼風」の瀬尾公治さんが凛子を手がけるなど、ヒロインそれぞれのストーリーが描かれる。

[ITmedia]
photo 特設サイト

 ニンテンドーDSソフト「ラブプラス」(コナミデジタルエンタテインメント)がコミック化され、講談社の5誌で4月から順次、連載が始まる。

 「月刊少年ライバル」4月3日発売号を皮切りに、「別冊少年マガジン」(4月9日発売号から)、「月刊ヤングマガジン」(4月14日発売号から)、「マガジンイーノ」(4月20日発売号から)、「good!アフタヌーン」(5月7日号から)の5誌で、3人のヒロインとのラブストーリーやコメディ漫画を連載する。

 別冊少年マガジンで連載される小早川凜子のラブストーリー「Rinko Days」は、「涼風」「君のいる町」で知られる瀬尾公治さんが手がける。少年ライバルでは高嶺愛花との日々を描く「Manaka Days」を現津みかみさんが、ヤングマガジンでは姉ヶ崎寧々との恋を描く「Nene Days」を九月タカアキさんがを連載する。

 マガジンイーノは、3人のヒロインが一つ屋根の下で暮らす――という設定のコメディ「Girls Talk」を櫻太郎さんが、good!アフタヌーンでは凜子の過去を描く「カノジョの過去」を若宮弘明さんがそれぞれ連載する。

 各誌の連載開始号にキャラクターデザイナー・ミノ☆タローさんの描きおろしポスターを付録として付けるほか、5誌合同のクオカードプレゼントキャンペーンも実施する。

関連キーワード

ラブプラス | 講談社 | ねとらぼ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -