ニュース
» 2010年03月25日 17時10分 UPDATE

コミュニティFM聴けるアプリ発売 地域制限なし、全国の放送をiPhoneで

全国各地の「コミュニティFM」局によるサイマル放送をiPhoneで聴けるアプリが登場。地域制限はなく、各地の放送をどこでもiPhoneで楽しめるのが特徴だ。

[松尾公也,ITmedia]
photo i-コミュラジ

 日本各地で地域密着型のラジオ番組を放送している「コミュニティFM」局によるIPサイマル放送をiPhoneで聴けるアプリ「コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)」が3月24日発売された。価格は350円。App Storeからダウンロード購入できる。

 開発・販売を行うのはTOKYO FMやTBSラジオ「OTTAVA」などのiPhone向けラジオアプリで実績のあるフライトシステムコンサルティング。コミュニティFM局によるサイマル放送の団体である「コミュニティ・サイマルラジオ・アライアンス」(CSRA)の加盟局のうち9局が参加。今夏を目処に、36局全てが参加の見込み。このアプリでは各局の放送を切り替えながら聴取できるほか、日本気象協会の協力によりお天気情報も提供する。

 PC向けにラジオをサイマル放送する「radiko」は地域制限をかけているが、CSRAの代表で、自身も湘南ビーチFMの代表取締役社長を務めるジャーナリストの木村太郎氏は、i-コミュラジに「地域制限は不要」としており、アプリとしてはGPSによる位置情報取得機能を持っているものの、聴取地域の制限をつけない意向だ。

 現在では湘南(神奈川県逗子市、葉山町)を始め、北海道札幌市・帯広市、水戸市、仙台市、埼玉県さいたま市・鴻巣市、京都府福知山市、石川県石川郡のコミュニティFMが、その電波の届く範囲を超えて聴取できる。36局全てが参加すると、南は九州・沖縄までの地域FM局が全国で聴けるようになる。

photo アプリを発表する木村太郎氏(中央)ら

 CSRAはアプリ販売による利益を受け取らず、フライトシステムと日本気象協会に開発費として分配されるという。将来的には放送されている楽曲にリンクされたiTunes Storeなどのアフィリエイト広告や、地元特産物の物販などが収益源となる可能性も。なお、近々行うバージョンアップで、ほかのアプリが動作中でもバックグラウンドでの聴取を可能にする計画だ。

 木村氏は1996年からFM放送のストリーミングをやってきた「先輩」として、radikoはいい方向だと歓迎。車内でフランスのネットラジオを流すなど、自身が熱心なiPhoneのラジオアプリユーザーという同氏は、「電波が届かないような地域にiPod touchをラジオとして配布するようなことがあってもいい」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -