ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年03月26日 07時00分 UPDATE

エアネット、ホスティングのFTPセキュリティを強化 Gumblar被害防止

エアネットが共用ホスティングサービス「WEBooth」のFTPセキュリティを強化。FTPを悪用するGumblarによる被害を防止する。

[ITmedia]

 エアネットは3月25日、共用サーバホスティングサービス「WEBooth」(ウェブース)のFTPセキュリティを強化したと発表した。FTPを悪用してWebサイトを改ざんするGumblarによる被害を防止するのが狙い。

 FTPアクセスについて、事前に登録したIPアドレス以外からのアクセスを制限できる機能をWEBoothに標準搭載した。Gumblarに感染してユーザーのPCからFTPパスワードが盗まれた場合でも、外部からWebコンテンツへのアクセスはできず、不正改ざんを防げるとしている。

 FTPパスワードなどを暗号化するFTPS(FTP over SSL)にも標準対応。パスワードを傍受して盗まれるリスクを軽減できるとしている。

 WEBoothはセキュリティを重視した法人向け共用ホスティングサービス。RAIDによる冗長化やバックアップに標準で対応するのが特徴。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.