ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FTP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

File Transfer Protocol

FTPだけじゃないファイル転送方法【後編】
TFTPをインストールするには? Linux、macOS、Windows別に解説
ファイル転送プロトコルのTFTPはFTPに比べ機能が限られているが、ファイルを手軽に送信することができる。TFTPのインストール手順や用途を解説する。(2024/6/4)

FTPだけじゃないファイル転送方法【前編】
ファイル転送に使う「FTP」と「TFTP」の違いとは? 仕組みから使用例まで
TFTPはTCP/IPにおけるアプリケーション層で動作するファイル転送プロトコルだ。非常にシンプルな仕組みであり、FTPと使い分けることが望ましい。(2024/5/28)

NTT東と東大が連携 IOWN推進室長に聞く「リモートバイオDXの展望」
東大とNTT東の産学協創では、第一段階としてリモートバイオDXでIOWNの活用が予定されている。NTT東日本経営企画部IOWN推進室の新國貴浩室長にIOWNの将来的な可能性を聞いた。(2024/5/17)

Tech TIPS:
【Azure】App Serviceのアクセスログを自動かつ永続的に保存する
Azure App Serviceのアクセスログはデフォルトで永続的に保存されず、古いログから切り捨てられてしまう。場合によっては、古いログを確認しなければならないこともあるだろう。そこで、Azure Storage(ストレージアカウント)へ永続的にログを保存する方法を紹介する。(2024/4/3)

「私が撮影しました」を証明できる機能、ソニーの一部「α」にアップデート提供 深度情報も活用
ソニーは3月28日、ミラーレスカメラ「α1」「α7S III」「α7 IV」で、画像や動画の真正性を証明する機能を提供すると発表した。同社は、この機能を「真正性ソリューション」として、報道機関を始めとするプロフェッショナル向けに展開する。「α9III」は、2024年4月以降での対応を予定している。(2024/3/29)

組み込み開発ニュース:
BLEビーコンを活用した所在管理システム対応のIoTゲートウェイ発表
ぷらっとホームは、BLE通信に特化したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT DX1」を発表した。同社の「OpenBlocks IoT BXO」の後継機で、「NXP i.MX 8M Plus QuadLite」を搭載し、1.2GHzの動作速度と低消費電力を両立した。(2024/2/26)

ソニー、スマホのような「カメラ用5G転送デバイス」発表 撮って即アップロード、ライブ配信にも使える
ソニーが、5G対応のポータブルデータトランスミッター「PDT-FP1」を発表した。Wi-Fiが利用できない屋外などのシーンでも、撮影データの即時アップロードが可能となる。(2024/1/30)

ソニー、カメラから5Gで映像伝送する「ポータブルデータトランスミッター」発表 15万9500円
ソニーは1月30日、「ポータブルデータトランスミッター」を発表した。本製品はカメラで撮影した映像などを5Gの高速通信で伝送するための機器。メーカー希望小売価格は15万9500円(税込み)で、発売は3月22日だ。(2024/1/30)

FAニュース:
7.0インチプログラマブル表示器一体型PLC、制御機器の小型化ニーズに対応
IDECは、7.0インチプログラマブル表示器と一体型のPLC「FT2J 形」を発売した。奥行きを約3分の1に短縮するなど大幅な省スペース化により、近年高まる制御機器の小型化ニーズに応える。(2024/1/30)

愛犬たちと極寒散歩1時間、やっと家についたと思ったら…… 帰宅拒否ガチ勢な柴犬姉妹が頑固でかわいい
あったかいお家に帰ろうよぉぉお……!!(2024/1/6)

PR:最新OSを搭載して生まれ変わった、アイ・オー・データ機器の新型NAS「LAN DISK Z」の実力を試す
アイ・オー・データ機器の法人向けのWindows搭載NAS「LAN DISK Z」シリーズは、小規模環境のワークグループ環境から、大規模なActiveDirectory環境まで対応できる豊富なラインアップが特徴だ。2023年9月には、最新OS「Windows Server IoT 2022」を搭載する新モデルが登場している。今回はその4ドライブ構成の高性能モデルとスタンダードモデルをレビューする。(2023/12/8)

Cybersecurity Dive:
「サイバー犯罪者に攻撃手段を提供した」 WS_FTPの開発元がPoCを公開した第三者を批判
ビジネス向けFTPサーバ「WS_FTP」に対する複数のサイバー攻撃が実行された。悪用された脆弱性は2つで、CVSSスコアは10点満点中10点と9.9点と致命的なものだ。(2023/11/4)

セキュリティニュースアラート:
curl 8.4.0がリリース 「おそらく最悪」と評価される脆弱性を修正
cURLプロジェクトはcurlの新しいバージョン「curl 8.4.0」を公開した。このバージョンでは開発者が「最悪の脆弱性」と称す脆弱性が修正されている。(2023/10/13)

iPhone/Androidの写真データをPCで確認・編集する方法 多彩な連携パターンまとめ
スマホのカメラはどんどん高性能化していくが、ディスプレイサイズは大きく変わらない。高解像度の写真をきれいに加工するような場合には、PC上で大きなディスプレイなどを使った方がいいだろう。今回はスマホとPCを接続し、データを遣り取りする方法を紹介する。(2023/5/21)

Inside-Out:
インターネットはこうして誕生した−−「何をやっても新しく、何をしても怒られた」
日本で最初に商用のインターネット接続サービスを提供した「IIJ」。提供開始まではさまざまな苦労があったようだ。そこで、当時の現場を熟知する2人の技術者にお話をうかがった。(2023/5/1)

Snowflakeでアプリ開発? 進化を遂げるDWHの最新技術動向
クラウドDWH「Snowflake」は、データドリブン経営などデータ活用のためのプラットフォームとして注目を集めている。新たにアプリ開発ができるようになったSnowflakeは、どのような進化を遂げたのか。(2023/3/13)

宇宙開発:
H3ロケットは最終試験「CFT」をクリア、幾多の試練を乗り越えいよいよ打ち上げへ
ついに、H3ロケット初号機の打ち上げが2022年度内に実施される見通しとなった。これまで難航してきた開発の中で、何が起きて、それをどう解決したのか。打ち上げを前に、本稿ではそのあたりの経緯をまとめることにしたい。(2022/12/15)

CODE BLUE 2022レポート:
脅威ハンティングのプロが語る、6つの“残念な”セキュリティ事例
2022年10月27〜28日にCODE BLUE 2022が開催された。本稿は、IBM X-Forceのニール・ワイラー氏による基調講演の様子をレポートする。同氏の講演からは6つの残念なセキュリティ事例と推奨される7つの対策が明らかになった。(2022/11/16)

エッジコンピューティング:
処理速度を倍増したIoTゲートウェイの新製品を発表
ぷらっとホームは、IoTゲートウェイの新製品「OpenBlocks IoT FX1」を発表した。小型サイズと高い堅牢性はそのままに、MPUに「i.MX 8M Plus QuadLite」を採用したことで、消費電力を抑えながら処理速度が従来品の2倍以上となっている。(2022/10/14)

最も多く公開されていたプロトコルはSSH:
「まだTelnetを使い、インターネットに公開している企業がある」 ExtraHopが警告
ExtraHopは、サイバーセキュリティ体制に関するレポート「ExtraHop Benchmarking Cyber Risk and Readiness」で、多くの企業がSMBやSSH、Telnetといったプロトコルをインターネットに公開している状態だということを明らかにした。(2022/8/15)

CISAら、2021年に猛威を振るったマルウェアリストを公表
CISAとACSCは共同で、2021年に猛威を振るったマルウェアリストを公表した。上位にランクインするマルウェアは長期にわたって活動を継続しており、全世界をリスクにさらしているため、CISAらが推奨する緩和策を適用してほしい。(2022/8/6)

Webの歴史とはどんなものだったのか 並行世界Web1〜Web3ではない、現実世界のWeb以前〜Web創世記を語ってみた
いちばんなつかしいWeb -1.0くらいからの歴史。(2022/7/25)

Cloud Nativeチートシート(18):
実践的な「Trivy」利用方法〜「VSCode」によるスキャンからCI/CDパイプライン、「Trivy Operator」による継続的なスキャン〜
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Trivyの代表的な利用シーンを取り上げながら、実践的に利用するための検討ポイントを解説する。(2022/7/25)

「イベント主催者が安心できる仕組みを構築したかった」:
PR:イベント運営支援会社のプロアクティブが“最強の組み合わせ”としてさくらのクラウド×FortiGateを選んだわけ
オンライン、オフラインを問わず、ビジネスイベントでは企業や個人のさまざまな情報のやりとりが発生する。そうしたイベントを運営する企業はどのようなセキュリティ対策を実施しているのか。(2022/7/4)

市販の牛乳人気ランキング 2位「森永のおいしい牛乳」を抑えた断トツ1位は?
アンケートサイト「ボイスノート」を運営するNEXERは、「市販の牛乳人気ランキング」調査を実施した。(2022/6/28)

富士フイルム、最上位APS-Cミラーレス「X-H2S」 6.2K記録やProRes収録 毎秒40コマ連写も
富士フイルムは、APS-Cミラーレス「FUJIFILM X-H2S」を発表した。同社「Xシリーズ」のフラッグシップモデルに位置し、静止画・動画ともに同シリーズ最高性能を目指したという。(2022/6/1)

FAニュース:
ディープラーニング対応画像センサー、自動車部品の簡易検査などで活用へ
コグネックスは2022年4月4日、AI(人工知能)機能搭載の画像センサー「In-Sight 2800」の販売を開始したと発表した。コンパクトボディーでディープラーニングに対応し、簡単な外観検査を画像センサーのみで行うことができる。(2022/4/5)

ECMAScriptで学ぶ正規表現(2):
基本的な正規表現パターンの書き方――使用頻度の高い「メタ文字」と「エスケープ」
正規表現の基本と、ECMAScript(JavaScript)における利用方法を紹介する連載。今回は、正規表現パターンの書き方の基本、代表的な文字クラス、文字集合、数量詞、そしてエスケープについて。(2022/2/18)

暗号化したように見せかける偽のランサムウェア流行中 WordPressユーザーは要注意
WordPressで構築したWebサイトを標的にしたランサムウェアが流行している。このランサムウェアは、暗号化したように見せかけて身代金支払いを要求する巧妙な手段を取るため注意してほしい。(2021/11/18)

Google Chromeの最新バージョンが公開 19件の脆弱性を修正
Google Chromeに複数の脆弱性が発見された。Google Chromeを再起動するなどしてアップデートを適用してほしい。脆弱性の中には影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるものも含まれるため注意が必要だ。(2021/10/22)

「Chrome 95」の安定版公開 FTPサポート終了、19の脆弱性に対処
GoogleはWEbブラウザ安定版のアップデート「Chrome 95」をリリースした。19件の脆弱性に対処した他、FTPのサポートを終了した。(2021/10/20)

「SSH」を安全に利用する【前編】
安全なはずの「SSH」が抱える6大セキュリティ問題とは? 危険性と対策は
「SSH」は安全なリモートアクセスを確立するために不可欠な通信プロトコルだ。一方でSSHには、攻撃者に狙われる可能性がある幾つかのセキュリティ問題があるという。それは何なのか。(2021/7/6)

集中管理とアクセス監視で高セキュリティを確保:
企業向けファイル共有サービスにはどのようなものがあるのか
Comparitech.comは6つの主要な集中管理型の企業向けファイル共有サービスについて、レビュー結果を公開した。「Serv-U Managed File Transfer Server」が最高の評価を得た。重要なのは自社の目的に合うこと、不要な機能に費用を費やさないことだという。(2021/6/25)

Cloud Nativeチートシート(5):
「Kubernetes Native」なCI/CDとは何か――クラウドネイティブ時代に至る歴史、主要ツール、パイプラインとフローの在り方
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Kubernetesの利用を前提とした「Kubernetes Native」なCI/CDについて踏み込んで説明します。(2021/5/28)

リアルタイムOS列伝(10):
ソニーの「Spresense」が採用するオープンソースRTOS「NuttX」とは
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第9回は、日本になじみがないRTOSシリーズ第3弾として「NuttX」を紹介する。このNuttX、実はソニーのIoTセンシングボード「Spresense」に採用されているのだ。(2021/5/10)

「Chrome 90」の安定版公開 HTTPS接続強化や低帯域幅での動画改善など
GoogleがWebブラウザの最新版「Chrome 90」の配信を開始した。URLを入力するとデフォルトでHTTPS接続にpingするようになった。また、WebRTCでAV1エンコーダーが利用可能になったため、帯域幅が狭くても動画を視聴できるようになる。(2021/4/15)

「Xperia PRO」は約25万円の価値あり! 5Gミリ波通信からHDMIライブ配信まで徹底検証
ソニーモバイルから、映像制作者向けのAndroidスマートフォン「Xperia PRO」が発売された。この記事では最初にXperia PROの概要を紹介し、後半で5Gミリ波の速度測定や、“Pro”らしいHDMI入力やライブ配信用途を紹介する。(2021/3/3)

カメラマン目線で見た「Xperia PRO」 撮影現場のワークフローを変えるマシンだ
ソニーが発売したプロユース向けスマートフォン「Xperia PRO」。これと「α1」を組み合わせることで、映像や写真のプロに新世代のワークフローを提供することを目指すという。一対それはどういうことなのか聞いてきた。(2021/2/11)

SolarWinds製品に新たに3つの脆弱性、アップデートを
収束の気配が見えないSolarWinds問題。新たにリモートからのコード実行や機密情報の窃取などが可能になる3つの脆弱性が見つかったとの報告が出た。すでに修正版やパッチが公開されているので対応を急いでほしい。(2021/2/4)

5Gミリ波対応の「Xperia PRO」が2月10日発売 約22万円でプロユースを想定
ソニーモバイルが、5Gミリ波に対応した「Xperia PRO」を2月10日に発売する。カメラ機材の外部モニターや、ライブ中継用のデバイスとして使うことを想定している。ミリ波を効率よくつかめるよう、ミリ波のアンテナを本体の上下左右4箇所に搭載した。(2021/1/27)

TechTarget発 世界のITニュース
LTO準拠テープへのデータ退避でディスク容量削減 XenDataの新アプライアンス
XenDataがLTO準拠のテープライブラリ管理アプライアンス「X20」「X40」を発表した。ディスクストレージのファイルの退避先としてテープドライブを利用可能にすることで、ディスクストレージの容量削減を支援する。(2021/1/12)

「ネット」とともに生きてきて思うこと 願っていたのはこんな世界なのか?
パソコン通信から現在のSNSへと、何がどう変わってきたか、小寺信良さんが述懐する。(2021/1/5)

STマイクロ STWLC88:
Qi規格準拠の50Wワイヤレス充電IC
STマイクロエレクトロニクスは、Qi規格準拠のワイヤレス充電IC「STWLC88」を発表した。50W出力で、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどパーソナル電子機器を短時間で充電できる。(2020/11/25)

PR:家族みんなで使えるWi-Fiルーター! TP-Linkの「Archer A10 Pro」「Archer A2600 Pro」が安心して使える理由
テレワークや在宅学習で、ネットが「遅い」「不安定」と思う機会が増えた人もいると思う。実は、その原因がWi-Fiルーターであることも少なくない。手頃で性能も十分なWi-Fiルーターを探しているのなら、TP-Link(ティーピーリンク)の「Archer A10 Pro」「Archer A2600 Pro」がおすすめだ。(2020/11/10)

モノづくり最前線レポート:
クラウド化をためらわない協和キリン、高崎工場のDXは1年半で大きな成果
アマゾン ウェブ サービス(AWS)のオンラインユーザーイベント「AWS Summit Online」に、協和キリンが登壇。「ライフサイエンス業界の規制に対応したクラウド活用最前線」をテーマに、全社ITシステムのクラウド化推進や、主力の高崎工場におけるデジタル化プロジェクトの成果について報告した。(2020/10/23)

Azureセキュリティスコアの使用、管理ポートの扱いなど:
Microsoftセキュリティチーム、「Azure」で仮想マシンを保護するためのベストプラクティスを紹介
Microsoftのセキュリティインシデントレスポンスチームは、「Microsoft Azure」で仮想マシンを含むワークロードを保護するためのベストプラクティスを紹介した。(2020/10/22)

ニューノーマルでのサーバー管理:
PR:仮想化できていない企業へのラストメッセージ――伝説の「ひとり情シス」がもう一度、最初から分かりやすく説明します
全く経験のない人にはハードルが高いと思われている「サーバー仮想化」。伝説の「ひとり情シス」として、500人規模の企業で200台のサーバーを仮想化した黒田光洋氏も最初は躊躇(ちゅうちょ)し、戸惑っていました。その黒田氏が、サーバー仮想化の道筋をもう一度分かりやすく説明します。(2020/10/15)

宇宙開発:
H3ロケットの完成が1年延期に、エンジン開発の「魔物」はどこに潜んでいたのか
JAXAは、開発中の次期主力ロケット「H3」の打ち上げ予定を1年遅らせたことを明らかにした。ロケット開発における最難関であり、「魔物」が潜むともいわれるエンジン開発で大きな問題が見つかったためだ。本稿では、どのような問題が起きたのか、その対策はどうなっているかを解説しながら「魔物」に迫っていきたい。(2020/10/14)

親子の会話から学ぶクラウドセキュリティ(4):
ファイルをクラウドに送ってもらうにはどうするの?――リモート管理とデータ転送を安全に行うための基礎知識
親子の会話で出てくるような素朴な疑問点から、クラウド環境における情報セキュリティの技術を学習する連載。今回は、クラウド環境でリモート管理とデータ転送を安全に行うための基礎知識について。(2020/10/8)

パスワードを盗むマルウェア「LokiBot」横行、CISAが対策の徹底呼び掛け
Webブラウザなどから認証情報を盗むマルウェア「LokiBot」を使った攻撃が、2020年7月から目に見えて増えている。(2020/9/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。