ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホスティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホスティング」に関する情報が集まったページです。

高い成長率を維持 国内データセンターサービス市場予測を発表――IDC Japan調査
IDC Japanの予測によると、2020年の国内データセンターサービス市場の規模は、対前年比2.9%増の1兆4518億円となる見込みだ。クラウドサービスやホスティングサービスへの需要増加に伴い、2019〜2024年の間は、高い成長率を維持すると見ている。(2020/8/27)

ソフトウェア・ファーストな組織へ:
自身を破壊し続けること――さくらインターネットの田中社長が語る「変化に強い開発組織」の条件
サーバホスティング事業から始まった1996年の創業以来、データセンター事業や仮想化サービス、IoTプラットフォームの構築と、時代に合わせて主力事業を進化させてきたさくらインターネット。変化に強い開発組織の在り方を同社の田中社長に聞いた。(2019/11/29)

新サービスへの反響に応じたインフラの拡張が可能に
セブン銀行が「ATM受取」をオンプレミスでなくプライベートクラウドに構築した理由
セブン銀行は新サービス「ATM受取」のシステムをホスティング型プライベートクラウドに構築した。それまではオンプレミスのインフラを利用してきた同社がプライベートクラウドを選択した理由と、その効果に迫る。(2019/8/26)

IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた[2019年版 後編] パッケージソフトウェア系、SI/システム開発系、クラウド/キャリア系企業
IT系企業で平均年収が高いのはどの企業なのでしょうか。有価証券報告書に記されている公開情報を基に、独自の判断で主な企業をピックアップして業種を分類し、ランキング化してみました。今回は、パッケージソフトウェア系、SI/システム開発、ホスティングなどで分類した企業を紹介します。(2019/7/26)

さくらインターネット、「破産者マップ」の“ホスティング疑惑”を否定
サイト公開後、「プライバシーの侵害ではないのか」「いじめや自殺を招きかねない」など批判的な声が相次いでいました。(2019/3/18)

機会損失・信頼失墜――「落ちる不安」はもうたくさん:
PR:「落ちないWebサイト」を簡単、確実、低コストで運営する方法
DX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドを背景に、Webサイトは企業にとって不可欠な顧客接点となっている。一方で、SNSの浸透などを受け、サイトへのアクセス数は予想することが難しく、予期せぬトラフィック増に「サイトが落ちる」事態も珍しいことではなくなった。では一体どうすれば、トラフィックの急増にも耐え、機会損失・信頼失墜を未然に防げるWebサイトをコスト効率良く運営できるのか?――ホスティングサービス「ロリポップ!マネージドクラウド」を開発した二人のエンジニアに話を聞いた。(2019/3/1)

「検索コマンドを実行したら約5万回のアラートが流れて大変だった」:
不正アクセスを教訓に GMOペパボが500台超のサーバに導入したオープンソースのセキュリティ監査基盤「Wazuh」とは
ホスティングサービスなどを提供するGMOペパボは、セキュリティインシデントを教訓に、OSSのセキュリティ監査基盤「Wazuh」を導入。Wazuhを選択した理由やWazuhの導入後に起きた3つの運用課題を解決した方法について語った。(2019/2/15)

海賊版サイト問題の解決を阻む「防弾ホスティング」 その歴史から現在までを読み解く
ダークウェブを日常的に調査している筆者が、防弾ホスティングについての各国の事情や歴史を解説していく。(2019/1/17)

4つの機能から分かる
Citrix、VMware、Microsoftを比較 アプリケーション仮想化製品とは?
アプリケーション仮想化製品は、配信インフラ、ホスティング、クライアントアクセス、管理と監視機能といった4つの主要なコンポーネントで構成される。このコンポーネントと、各ベンダーの製品について解説する。(2019/1/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(69):
Azureストレージ(V2)で静的なWebサイトのホスティングが可能に
2018年6月にパブリックプレビューが開始されたAzureストレージの「静的なWebサイト(Static Web Site)」のホスティング機能が、2018年12月12日に正式にリリースされ、一般提供されました。(2018/12/26)

マストドンつまみ食い日記:
いきなり全マストドンユーザーの13%を占める「MaaStodon」とは何か
フランスで新しいマストドンホスティングサービスが立ち上がった。新設されたばかりなのに全マストドン人口の13%が使っていることになる、その理由とは……。(2018/1/7)

VMware Cloud on AWSとは大きく異なる:
Microsoft、Azure上でのvSphereホスティングを2018年に提供すると発表
Microsoftは2017年11月21日(米国時間)、Microsoft Azureのブログで、2018年にVMware vSphereのホスティングサービスを提供予定であることを明らかにした。同社はこの日、プレビュー版の利用受け付けを開始した。VMware Cloud on AWSやIBMのVMwareプライベートクラウドサービスと比較したくなるが、これらとは大きく異なるようだ。(2017/11/24)

Computer Weekly製品導入ガイド
HANAホスティング市場の拡大
SAPのHANA技術によってもたらされた、従来のSAPアーキテクチャとの違いについて解説する。(2017/8/16)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年6月版:
WannaCryがホンダやマクドにも。中学3年生が作ったランサムウェアの正体も話題に
2017年6月のセキュリティクラスタでは、「WannaCry」の残り火にやられたホンダや亜種に感染したマクドナルドに注目が集まっていました。ランサムウェアを作成して配布した中学3年生や降伏した韓国のホスティング企業、そしてウクライナを中心として主にヨーロッパで猛威を振るった「Petya」亜種など、ランサムウェアの勢いがとどまるところを知りませんでした。(2017/7/11)

マストドンつまみ食い日記:
ムトーちゃん率いるマストドンホスティングがデザイン一新
m.toのホスティングを使っているインスタンスも紹介されている。(2017/6/29)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンホスティングの「m.to」が正式運用開始、有料オプションも追加
広告手法の問題点を改善、利便性の高い新機能も追加されている。(2017/6/20)

マストドンつまみ食い日記:
無料で広告なし、お一人様向けホスティング「Hostdon」が始動
広告も入らない無料のマストドンホスティングサービスは初めて。(2017/6/13)

こっそり始めるGit/GitHub超入門(13):
GitHubとSlackの連携の基本&知られざる便利機能Wiki、Releases、Graphs、Pulse
本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説しています。今回は、Pulse、Graphs、Releases、Wiki、Slackを例にした外部サービスとの連携について解説します。(2017/5/29)

シマンテック、Webサイトの常時暗号化を促進する新サービスを発表
サービスはWebホスティング事業者向けだが、事業者は同サービスを利用してユーザーに暗号化や証明書などのセキュリティメニューを提供できるようになる。(2016/8/30)

WordPress.com、独自ドメインも全てHTTPS接続に
WordPress.com上でホスティングされている全ての独自ドメインで通信が暗号化されるHTTPS接続を無償提供する。(2016/4/12)

脱オンプレミスを第3のクラウドで、コスト3割減を見込む
SAPユーザーが選ぶべき、パブリックでもない、ホスティングでもない“本気の基幹用クラウド”とは
「SAP ERP」をクラウドで検討するケースが増えてきた。オンプレミスに可用性や安心感を求めてきたユーザーは、パブリッククラウドでもない、ホステッドクラウドでもない“第3のクラウド”に注目している。(2016/3/30)

積極的になれないホスティング事業への追加投資
ISPにとってホスティングは“負の遺産”!?  最小コストでテコ入れする方法とは
ホスティングサービスを提供するISPにとって、サービス継続への投資や運用が重荷になりつつある。ホスティング事業の中身を外部に委託することで、既存顧客はそのままに、運用負荷とコストを削減することが可能だ。(2016/1/21)

無料Webホスティング業者に不正アクセス、1350万人超の情報流出
古いバージョンのPHPの脆弱性を悪用して何者かが「000webhost」に不正アクセス。流出したパスワードは平文で保存されていたとの情報もある。(2015/10/30)

インフラ管理者のためのDocker解説【第2回】
Dockerをサポートする主要サービス9選
Dockerを使ったサービスにはさまざまな種類が存在する。コンテナイメージの管理、ホスティング、CI(Continuous Integration)、クラウドと、各種サービスをカテゴリ別に紹介する。(2015/2/24)

安心してサーバーを移行できるホスティングサービス:
PR:いまなら初期費用無料で専用サーバーを利用可能、手厚い移行支援サービスも用意
総合インターネットグループであるGMOインターネットでは、これまでのホスティングサービスの実績を生かし、「お名前.com」の専用サーバープランでWindows Server 2013サポート終了対策のキャンペーンを展開中。初期費用無料、安心の国内データセンター利用など、多くのメリットを持った専用サーバーを移行先としてお勧めしている。(2014/10/21)

ユーザーのニーズに合わせた柔軟なクラウドを提案:
PR:Hyper-Vを使い続けたノウハウをベースにプラットフォームを一新、仮想サーバーサービスも提供
クラウドサービス「Livestyle」を展開し、ホスティングサービスでExchangeやSharePointを提供してきたTOSYS。データセンターを持つホスターとしてWindows Server 2003からの移行を支援する他、オンプレミス、自社データセンター、Microsoft Azureを連携させた仮想サーバーサービスも提供する。(2014/10/20)

“オレオレクラウド”戦国時代
日本企業にウケる「マネージドホスティングクラウド」の秘密
さまざまなクラウドサービス/形態が登場してにぎわいを見せる中で、「マネージドホスティングクラウド」というジャンルがその定義で揺れている。ガートナーが考えるマネージドホスティングクラウドとは。(2014/7/30)

容易なBCP対策が可能に:
BIGLOBEクラウドホスティングに西日本リージョンが開設
BIGLOBEが従来より要望の多かった「西日本リージョン」を開設した(2014/7/8)

Windows XPでホスティングのWebサイト、世界でまだ6000以上──Netcraft調べ
米国では1869件、日本では214件のWebサイトがまだWindows XPでホスティングされているという。(2014/4/9)

NTT Com、パブリッククラウド「Cloudn」にVPN接続の新サービス
NTTコミュニケーションズは「Bizホスティング Cloudn」で、VPN接続による仮想プライベートクラウドサービスを提供する。(2014/1/29)

ネットインフラを狙う攻撃が横行、Webサーバなどが標的に
攻撃側は、Webホスティングサーバやネームサーバ、データセンターなどを狙った方がはるかに大きなメリットがあることに着目している。(2014/1/20)

POS端末を狙うマルウェア攻撃が再浮上、カード情報を盗む恐れ
2013年11月の時点で、POS端末を狙うマルウェアをホスティングしているサーバ2台が見つかったという。(2013/12/6)

Win向けChromeの拡張機能はアプリストアにホスティングを、Googleが義務付け
ユーザーの許可なくChromeブラウザの設定を変更してしまう悪質な拡張機能の横行に対応する。(2013/11/8)

NTT Comが大企業向けクラウドサービスに新機能 DBのクラスタ構成に対応
エンタープライズ向けクラウド「Bizホスティング Enterprise Cloud」に新機能を追加したとNTT Comが発表した。(2013/10/23)

PLMニュース:
PTC、ホスティングサービスの米NetIDEASを買収――クラウド対応を強化
PTCは協業関係にあったホスティングサービスプロバイダーのNetIDEASを買収した。PLMソリューションのホスティングサービスを強化する方針だ。(2013/9/17)

性能向上には疑問視する声も
クラウドサービスの救世主? ベアメタルサーバの実力とは
従来のホスティング環境よりも柔軟に運用可能だとして、ベアメタルサーバを採用する動きが目立ってきた。ビッグデータやリアルタイム分析にも適しているといわれる理由をクラウドサービスプロバイダーが語った。(2013/9/12)

AWSもAzureも信用できない
PRISMスキャンダルでスイスのクラウド需要が急増
アメリカ国家安全保障局の監視プログラム「PRISM」が暴露され、米政府のみならず米国やEU圏の企業にも不審の目が向けられている。こうした状況の中、スイスのホスティングサービスが活況を呈している。(2013/8/22)

Intel、“データセンター向け”の20ナノメートルプロセス採用SSD「インテル SSD DC S3500」を発表
インテルは、Webホスティングやクラウドコンピューティングなど読み込み主体のアプリケーションに適したSSD「インテル SSD DC S3500」シリーズを発表した。(2013/6/12)

クラウドファースト時代に考えるITインフラ選定のツボ【前編】
オンプレミス、ホスティング……従来型インフラのメリット/デメリットをおさらい
多様なITインフラ形態が存在する中で、どれを選べばいいのか。特にクラウドの登場によって、ITインフラの選定基準は大きく変わろうとしている。前編では、オンプレミス、ハウジング、ホスティングを比較する。(2013/5/28)

IIJ、SAPからホスティングやクラウドサービスの認定を取得
クラウドサービス「IIJ GIO」でのSAP製品の運用を支援するソリューションを提供する。(2013/5/8)

セキュリティ強化を目的に:
GitHub、プロジェクトページの全ドメインを「github.io」に移行
米GitHubは4月5日、GitHubでホスティングされているデベロッパのプロジェクトページを全て、新しい専用ドメインの「github.io」に移行させると発表した。(2013/4/8)

過去最大級のDDoS攻撃が発生、世界のネットインフラに影響
スパム対策組織がオランダのホスティング業者を遮断したことが発端となって、大規模な報復攻撃が発生し、インターネットが一時的につながりにくくなるなど世界に影響が及んだ。(2013/3/28)

Maker's Voice:
クラウドと通信の「シームレス」な融合でユーザーの経営課題を解決――NTT Com
MM総研が調査したビジネスクラウド総合評価で首位を獲得したのがNTTコミュニケーションズのBizホスティングだ。サービスの背後にある狙いを聞いた。(2013/3/28)

経営層が押さえるべきクラウド選択の勘所:
PR:シンクタンクの調査結果で分かった ビジネスで使える「クラウド」の条件
ついに本格的な普及期を迎えたクラウドコンピューティング(以下、クラウド)。一方で、ユーザー企業からは「何を基準に選ぶべきか判断が難しい」といった声も聞かれるようになった。そこで、MM総研では「真のエンタープライズ用途」に適したクラウドサービスを見極めるため、第1回「ビジネスクラウド総合評価調査」を実施した。ここでは、同調査において最高クラスの「AAA(トリプルエー)」の格付けの中で第1位に選ばれたNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング」を例に、企業に必要なクラウドの要件について考えてみたい。(2013/3/13)

MM総研、企業向けクラウドを6分野で評価 トップはNTT Com「Bizホスティング」に
企業向けクラウドサービスを「基本機能」「信頼性」など6分野で評価する「ビジネスクラウド総合評価調査」をMM総研が実施。総合トップはNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング」となった。(2013/2/20)

GoogleドライブにWebホスティング機能が追加
Googleドライブに公開設定のフォルダを作り、Webページの構成要素をアップロードすることで、Googleドライブ上でWebページを公開できるようになった。(2013/2/6)

開発者からの強い支持、5年弱で300万ユーザーを突破:
共同創業者に聞いた、GitHubは何が違ったのか?
破竹の勢いのプロジェクトホスティングサービス「GitHub」の創業者らに話を聞いた(2013/2/4)

オープンソースのCloud Foundryを採用:
NTTコミュニケーションズ、PaaS型クラウドサービス「Cloudn PaaS」を提供開始
NTTコミュニケーションズは12月3日、Java、Ruby、PHPに対応したPaaS型クラウドサービスの「Bizホスティング Cloudn PaaS」(Cloudnの読みは“クラウド・エヌ”)の提供開始を発表しました。(2012/12/3)

Windows Server 2012 パートナーインタビュー:
PR:業界に先駆けてWindows Server 2012のクラウドサービスを提供する「IIJ GIO」の進化の中身とは
“クラウドOS”として、特に仮想化機能や仮想サーバの管理機能が向上したWindows Server 2012。ホスティング事業者の間でも評価が高く、企業ユーザー向けのホスティングサービスで魅力的なメニューが登場しそうだ。(2012/11/5)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第11回】
ユニークなサービスで差別化を図る「BIGLOBEクラウドホスティング」
NECグループのパブリッククラウド「BIGLOBEクラウドホスティング」。ニフティクラウドとの比較や、“小さめの物理筺体”を生かしたサービス、オンプレミスの専用線引き込みサービスなど特徴を概観する。(2012/9/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。