ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2010年04月01日 08時53分 UPDATE

Firefox旧バージョンの更新版がリリース

先日公開されたFirefox 3.6.2に続き、Firefox 3.5.9と3.0.19がリリースされた。

[ITmedia]

 Mozillaは3月30日付でFirefoxブラウザ旧バージョンの更新版となるFirefox 3.5.9と3.0.19を公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 Mozillaのセキュリティアドバイザリーによれば、今回修正した脆弱性のうち、「メモリ破壊の形跡があるクラッシュ」や「nsTreeSelectionにおける解放済みメモリの使用によるリモートコード実行」など5件の脆弱性は危険度が高く、重要度「最高」の区分けとなっている。

 また、Thunderbird 3.0.4とSeaMonkey 2.0.4も同時に公開され、Firefoxと共通する脆弱性が修正された。

 なお、ブラウザの最新バージョンのFirefox 3.6.2は3月22日に先行公開している。30日に公開した脆弱性情報には、同バージョンで対処済みのものも含まれる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Firefox | Firefox 3 | 脆弱性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.