ニュース
» 2010年04月06日 08時49分 UPDATE

iPadで動く、最大の「姉ヶ崎寧々さん」に会ってきた

iPhoneアプリ「ラブプラスiN」をiPadで動かすと……

[松尾公也,ITmedia]

 現在iTunes App Storeの有料iPhoneアプリでトップ5のうち3つを占めている「ラブプラスi」。4月4日に発表し、当日のうちに販売開始されて人気を呼んでいる。

 3.5インチで480×320ピクセルのiPhoneは、DS Liteの3インチ、DSiの3.25インチよりは大きいが、4.2インチのニンテンドーDSi LLほどではない、しかし、きめ細かい画像は高い評価を受けている。それをさらなる大画面で堪能(たんのう)する方法があるのだ。

 それは、iPadで動かすこと。

画像

 iPadでiPhoneアプリを動かすと、通常は画面の真ん中にiPhoneとほぼ同じ大きさで表示され、それをそのまま動かすことができるのだが、これをさらに縦横2倍にすることが可能。

 iPadに最適化されていないiPhoneアプリを起動すると、画面右下に「2倍」というボタンが現れる。それをタップすると、そのアプリは全画面表示される。

 4日に行われた製品体験会で、コナミは段階的に機能強化をしていき、夏ごろにはiPad最適化を行うことを明らかにしているが、iPadの拡大機能を使えば、少なくとも画面サイズはiPadの9.7インチ画面をフルに使ったものになるのだ。

 4月5日、成田空港から直行のiPad(キャスタリアの山脇智志社長所有)にラブプラスiN(姉ヶ崎寧々バージョン)をインストールしてみたのが次のYouTube動画だ。

 iPadの拡大表示画像はiPhone 3GS以下という情報もあるが、「大きいことはよいことだ」という格言もあるとおり、このサイズでラブプラス3人娘が動いてしゃべるということに意義を見いだす人は多いはず。

 iPad最適化される夏まで待てない、という人はとりあえずiPadをゲットしてみてはいかがだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -