ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2010年04月07日 19時43分 UPDATE

USEN、UCOMの保有全株式を売却

USENが光インフラのUCOM株式を全て売却。ISPは既に売却しており、U世界に先駆けて始めた光接続事業から事実上撤退。

[ITmedia]

 USENは4月7日、持分法適用関連会社 UCOMの保有株式全部を投資ファンドに売却すると発表した。UCOMは2000年、世界初の光ファイバーによるネット接続サービスを展開するために設立した通信事業者。既にISP事業はソネットエンタテインメントに売却していおり、光事業からほぼ撤退する。

 ユニゾン・キャピタル系ファンドに、UCOM株式の約39%に当たる保有全株式を50億5600万円で売却する。07年に合計38.2%を同ファンドに売却しており、事業の再構築を進めていた。USENは「UCOMは独立性を高めて事業の発展が期待でき、当社は財務改善と資金拡充が見込める」としている。

 USENはUCOMとのパートナー関係は維持し、USENの法人向け接続サービス「BROAD GATE02」などは継続する。

 USENは01年、商用としては世界初の光ファイバーによるブロードバンドサービス「BROAD-GATE 01」を開始。既にISP事業はSo-netに売却しており、インフラを展開していたUCOMの売却で、世界に先駆けてスタートしたUSENの光事業は事実上終了する。

関連キーワード

USEN | 光ファイバー | ブロードバンド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.