ニュース
» 2010年06月07日 13時39分 UPDATE

パックマン生みの親もギネス認定

パックマンは「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネス認定されているが、生みの親の岩谷徹氏自身もギネス認定された。

[ITmedia]
画像 岩谷氏(右)

 東京工芸大学の発表によると、「パックマン」生みの親の岩谷徹氏(同大芸術学部ゲーム学科主任)がこのほど、Guinness World Recordsに認定された。パックマンは2005年、「最も成功した業務用ゲーム機」としてGuinness World Recordsに認定されているが、岩谷氏自身がその開発者として、改めて認定された形だ。

 オランダ・ユトレヒトで開かれていたゲーム関連イベント「Festival of Games 2010」会場で6月3日、認定証を授与された。岩谷氏は、「パックマンは、シンプルなゲームルールとデザインで構成されています。多くの老若男女にプレイできるようにしたことが、30年もの長い期間、愛されたのかと思います。大変うれしく、世界の方々に感謝したい気持ちで一杯です」とコメントしている。

関連キーワード

パックマン | ギネスブック | 生みの親


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -