ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「生みの親」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生みの親」に関する情報が集まったページです。

Switch「東方幻想麻雀」にZUN氏参戦で公式クソコラ祭り ピンズの弾幕を張る程度の能力者
330円のビール代(ダウンロードコンテンツ料金)で追加されます。(2020/12/25)

モノづくり総合版メールマガジン編集後記:
世界で一番日本を評価しない日本人
認め合っていきましょう。(2020/12/3)

製造マネジメント インタビュー:
「日本人はネガティブ過ぎる」インダストリー4.0“生みの親”が語る日本への期待
本田財団は2020年の本田賞としてインダストリー4.0の提唱者の1人であるドイツ工学アカデミー評議会議長のヘニング・カガーマン氏を表彰した。カガーマン氏が考えるDXのポイントと日本への期待について話を聞いた。(2020/11/27)

Octal SPIに対応し、より使いやすく:
PR:拡張メモリの決定版「HyperRAM 2.0」が登場
自動車のクラスタシステムなどで拡張メモリとして採用が広がっている「HyperRAM」。このほど、Octal SPIをサポートするなど新たに進化した第2世代のHyperRAMである「HyperRAM 2.0」が登場した。本稿では、第2世代の登場で、より使いやすくなったHyperRAMを紹介していこう。(2020/11/19)

「フルハウス」キャストが大集結! 放送開始33周年祝ってチャリティーソング公開、犬への愛を盛大に歌う
いつまでも仲良し。(2020/9/23)

目指したのは初学者向けの「Kaggle」:
「データサイエンス100本ノック」の生みの親はなぜ「3言語のサポート」と「Docker」にこだわったのか
データサイエンスに興味がある技術者の間で話題になった「データサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)」。生みの親である森谷和弘氏によると、この取り組みが生まれた背景には「データ分析の最も大きいニーズに応える環境がない」という課題があったという。(2020/9/17)

「シェンムー」アニメ化が決定 シリーズ生みの親である鈴木裕がプロデュース
マジで?(2020/9/5)

PR:AWSでのサーバー構築・運用を丸ごとお任せ! 一人・兼任情シスを支えるマネージドサービス誕生 生みの親が語る“強み”とは?
(2020/8/17)

俺たちを魅了した「ドラゴン裁縫セット」がカタログから消えた? 生みの親に聞く「ドラゴンの現在、そして未来」
青春はドラゴンの裁縫セットと共に。(2020/7/31)

「スクリーム」第5弾での再共演は? コートニー・コックス&デヴィッド・アークエットの愛娘が16歳に
デューイとゲイルはまだ夫婦なんだろうか……。(2020/6/15)

ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー
『連ちゃんパパ』のモデルはあの人だった……!(2020/6/14)

【7年前の今頃は】「GIF」の正しい読み方は「ジフ」?「ギフ」? 開発者が正解を発表
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/5/22)

製造マネジメント インタビュー:
機械は人を追い詰めるのか、日本とドイツに見る“人と機械の新たな関係”
デジタル化が進む中で人と機械の関係はどう変わっていくのだろうか――。こうした疑問を解消すべく日本とドイツの共同研究により「Revitalizing Human-Machine Interaction for the Advancement of Society(デジタル社会における人と機械の新たな関係)」が発行された。共同発行者である日立製作所 研究開発グループ 生産イノベーションセンタ 主管研究長の野中洋一氏に話を聞いた。(2020/4/21)

可変式リアウイング超かっけぇ! ツインターボV8搭載スーパーカー「TSR-S」登場、わずか6.8秒で時速200キロ
価格は145万ユーロ(約1億3000万円)です。(2020/3/17)

自動車業界、量子コンピュータに熱視線 量子アニーリングの生みの親、門脇氏擁するデンソーの取り組み
近年の量子コンピュータの盛り上がりの契機となった量子アニーリング。その生みの親の一人である門脇正史さんは、現在デンソーで量子アニーリング活用に取り組んでいる。自動車業界における、量子アニーリングや量子コンピュータの可能性を話した。(2020/3/6)

パブリッククラウドへの一本化は正しいのか?:
PR:クラウドからオンプレミスへ──最新のITプラットフォームの選び方
企業が目指すべきITインフラの姿はパブリッククラウドに収束するのか? オンプレミスとクラウドの関係は? これらを支えるサーバには何が求められているのか? ニュータニックス・ジャパンが2020年1月に東京で開催した「インビジブルプラットフォームの実現 それはEnterprise Cloudの実現への近道 One Platform. Any App. Any Location.」から、登壇者の講演内容を紹介する。(2020/2/20)

科学技術立国・日本崩壊の真相:
「フラッシュメモリー産みの親」東芝が敗北した真の理由
「チャレンジ」問題や債務超過、事業売却が相次いだ東芝。フラッシュメモリー「産みの親」でありながら敗北した過去が。日本屈指の技術力を誇った企業が衰退した原因を追う。(2019/12/24)

KubeCon+CloudNativeCon North America 2019報告(3):
「マイクロサービスアプリ構築を容易にする」、Microsoftが始めたOSSプロジェクト「Dapr」について、生みの親に聞いた
Microsoftは2019年10月、マイクロサービスアプリケーションの開発を容易にするオープンソースソフトウェアのプロジェクト、「Dapr(Distributed Application Runtime)」を開始した。その「生みの親」であるルーク・キム(Luke Kim)氏とヤーロン・シュナイダー(Yaron Schneider)氏に、2019年11月開催のKubeCon+CloudNativeCon North America 2019で聞いた。(2019/12/19)

「若者の恋愛離れ、SNSも一因」 “婚活生みの親”山田教授が指摘 「恋愛=面倒」の意識強く
「若者の恋愛離れには、SNSの普及にも一因がある」と、中央大学文学部の山田昌弘教授が指摘。1人で過ごしていてもSNSを利用することで寂しさが紛れ、SNSでのやりとりが活発になるあまり、恋愛に時間を掛けづらくなるという。(2019/11/27)

人気テレビプロデューサー・栗原甚の仕事哲学:
『¥マネーの虎』生みの親が明かす! 難攻不落の社長たちを口説き落とした【準備ノート】のススメ
日本テレビで放送された伝説の人気番組『¥マネーの虎」。その番組の生みの親で、企画・総合演出・プロデュースをすべて担当したのが栗原甚さんだ。注目すべきは各業界の異端児であり多忙を極める社長たちを、いかにしてキャスティングしたのか。“虎”たちを口説き落とした秘密を聞くと、困難な状況を救った【1冊のノート】の存在が浮かび上がってきた。世界的なヒットコンテンツ誕生の舞台裏に迫る。(2019/11/26)

ビットコインはデジタル・ゴールドなのか? マネックス大槻氏に聞く
暗号資産(仮想通貨)の代表例であるビットコインは、しばしば「金」(ゴールド)と 比較される。金が埋蔵量に上限があるように、ビットコインはアルゴリズム的に採掘上限が定められている。さらに、価値を保証する発行体がないというのも、ビットコインと金の共通点だ。しかし、果たしてビットコインはデジタル版の「金」になり得るのか。マネックス証券のチーフアナリスト、大槻奈那氏に聞いた。(2019/11/21)

「映画 すみっコぐらし」をただただ見てほしい その気持ちをここにしたためよう
「映画すみっコぐらし」がなぜここまで話題になっているのか、そしていかに素晴らしいのか、ここに解説しよう。(2019/11/15)

「わざと負けようとしても無理」と話題 プロも挑戦する“世界最弱のオセロAI”、生みの親に聞く開発の裏話
AIベンチャーのAVILENが、強化学習を使ってAIを極限まで弱くしたブラウザゲーム「最弱オセロ」をリリース。AIが対局中に「あえて角を取らない」「石を少なく取る」といった行動を取り続けるため、人間は負けることが難しいゲームだ。生みの親である吉田拓真CTOに、開発した経緯を聞いた。(2019/8/7)

“選択と集中”進めるドワンゴ、「電ファミニコゲーマー」手放す 編集長の会社などに事業移管
ドワンゴが、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」のメディア事業を、平信一編集長が社長を務める新会社「マレ」に移管。攻略情報の配信プラットフォーム「電ファミWiki」事業は、KADOKAWA傘下のGzブレインに移管した。メディア事業では今後、読者向けの有料オンラインサロンなどを運営して活動資金を得る方針。(2019/7/1)

『笑ってコラえて!』『恋のから騒ぎ』も作る:
テレビはなぜ“つまらなくなった”のか 日テレ『世界まる見え!テレビ特捜部』生みの親に直撃
テレビはなぜつまらなくなったと言われるのか。『世界まる見え!』『笑ってコラえて!』などのヒットメーカーに直撃した。実験しなくなったテレビ業界の実情が浮き彫りに。(2019/6/7)

そろそろ会議やめませんか:
「HoloLens 2」が変える会議の「基盤」――生みの親キップマン氏に聞く
そもそも、会議の価値とは何だろう? 働き方改革の一丁目一番地にあたる「会議」にまつわるあれこれを、各所への取材を通じて探っていく本連載。2回目は、Microsoftの最新デバイス「HoloLens 2」の生みの親にコミュニケーションのあり方を聞いた。(2019/6/6)

de:code 2019:
「HoloLens 2」の全貌、“生みの親”らが解説 初代モデルとどう変わった?
日本マイクロソフトが年次カンファレンス「de:code 2019」を開催。現実世界に3Dオブジェクトを重ねて表示できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens 2」の構造・機能の解説を行った。着け心地や操作性が、前モデルから大きく改善したという。(2019/5/29)

「SFみたい」「カッコいい」――ネットで反響“球体ドローン”、生みの親が貫く信念
丸いボディーに映像を表示しながら飛行できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」、プロペラがなくても空を飛べる「羽根がないドローン」など、球体のドローンを手掛けてきたのが、NTTドコモの山田渉さんだ。山田さんは「SFをサイエンスにする」をモットーに掲げ、モノづくりに取り組んできた。そんな山田さんに、ドローン開発にかける思いやこだわりを聞いた。(2019/5/22)

こんなパトカーありかよ!? 生産台数わずか7台の希少スーパーカー「ライカン HS」アラブ・アブダビ警察が採用
絶対に逃さないという強い意思を感じる。(2019/5/21)

あの「ミニミニ大作戦」の冒頭でバッキバキに破壊されたランボルギーニ・ミウラが発見、半世紀ぶりに大復活
ウルトラきれいなオレンジ色に完ぺきレストア、超すげぇぇぇ。(2019/5/8)

サラリーマン、プリキュアを語る:
平成のプリキュアは、いかに“2度の危機”から復活したのか マクロ視点から振り返る
平成最後のプリキュア記事、気合入れて書いたら1万字を越えちゃいました。(2019/4/25)

福山雅治のデビュー決めた1枚 無名時代の写真にファン歓喜「若ましゃもステキ」「尖がってる」
デビュー前にほぼ完成している。(2019/4/15)

ランボルギーニ「ミウラ」生みの親が作った最新スーパーカー「ダラーラ・ストラダーレ」が日本上陸 「オートモビルカウンシル」で公開
ミウラのパパが新しいスーパーカーを製作。(2019/4/8)

4月2日、Google+終了。月間ユーザー5億人、大統領やAKBも活用した「巨大SNS」の夢はなぜ破れたのか?
Google+が失ったものと、残したもの。(2019/4/2)

2代目「ロボホン」2月27日発売 “歩行レス”登場の狙いは?
シャープが約2年ぶりに「RoBoHon(ロボホン)」をモデルチェンジ。歩行・起き上がりに対応しない代わりに価格を抑えたライトモデルも登場。新サービスも順次投入する。(2019/2/18)

“生みの親”らが参加:
Facebook発の分散SQLエンジン「Presto」開発団体が発足 「発展に向け努力する」
オープンソースの分散SQLエンジン「Presto」の開発団体が発足。名称は「Presto Software Foundation」。Prestoの“生みの親”である米Facebookのソフトウェアエンジニアなどが参加する。(2019/2/6)

博士への「好き」を知ったAIロボット 人間らしくなるための大切な一歩を描いた漫画がかわいくて胸キュン
こんなかわいいAIロボットならいろいろ教えるのも楽しそう。(2019/1/19)

PR:DMM社員の愛が深すぎてまさかのデビュー “他人のネタをこすりまくる”新人VTuber「銀めくる」がだいぶ攻めてる
オンラインくじサイト「DMMスクラッチ」がなぜか全力で生み出してしまったVTuberについて取材しました。(2018/12/25)

「動画ひどい」「税金の無駄遣い」と話題 環境省発の萌キャラ「君野イマ&ミライ」は本当に“無駄”なのか話を聞く
YouTubeでの再生数は3桁のものも多数。しかしそれだけが全てというわけではないようで……?(2018/8/27)

製造業IoT:
“生みの親”が語るインダストリー4.0の本質とこれから
SAPジャパンは年次カンファレンス「SAP NOW」を開催し、基調講演プログラムの1つとして、ドイツの「インダストリー4.0」の提唱者でドイツ工業アカデミー評議会議長のヘニング・カガーマン氏が登壇。「インダストリー4.0とソサエティー5.0を推進するエンタープライズIT」をテーマにデジタル化がもたらす産業や経済の変化について訴えた。(2018/8/6)

後任は「モンスト」生みの親・木村氏:
書類送検のミクシィ森田社長、前倒しで辞任
ミクシィが、当初の予定を前倒しして社長交代。商標法違反の疑いで書類送検された森田仁基社長が辞任したため。後任には、現取締役の木村弘毅氏が就く。(2018/6/22)

キャラも人気の「my daiz」:
競合ひしめく「AIエージェント」にあえて挑戦、なぜ? ドコモに聞く
NTTドコモが5月末、AIを活用した音声対話サービス「my daiz」をリリースした。Apple、Amazon、Googleなどの競合がひしめくこの分野にあえて参入したのはなぜか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/15)

開発2年「奇跡が起きた」:
話題のカプセルトイ「だんごむし」なぜ開発? 生みの親に聞いてきた
バンダイが発表した、ダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」が話題だ。商品コンセプトはいかにして思いついたのか。開発の裏に何があったのか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/7)

“FFT黒本”「小数点以下の確率で盗める」21年目にして驚愕の事実発覚か 「スクウェアが資料にうそを入れた」
時効ということで……。【訂正】(2018/5/20)

水曜インタビュー劇場(史上最高額公演):
和歌山発の「電動バイク」がヒットした、4つの理由
電動バイク「glafitバイク GFR-01」が人気を集めている。年間1500〜2000台売れればヒットと言われるなかで、このバイクはわずか4カ月で3000台以上も売れているのだ。多くの支持を集めている要因は何か。生みの親、鳴海禎造さんに話を聞いた。(2018/3/14)

「果てしない道だった」 “俺の嫁召喚装置”「Gatebox」量産計画、生みの親の苦闘
好きなキャラクターと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の発送が始まった。開発を始めて約3年間、「量産までは果てしない道だった」と開発元Gateboxの武地実CEOは振り返る。(2018/2/16)

Microsoft Focus:
時間と空間を超える夢のツール、HoloLensで何をする? コミュニティー発のアイデア、あれこれ
HoloLensの出荷1周年を記念して開かれた日本マイクロソフト主催のイベントに、熱気あふれる“ホロレンジャー”たちが結集。彼らは、時間と空間を超える夢のツールでビジネスをどう変えようとしているのか。(2018/1/25)

写真で見る「展覧会」:
“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。プレス向け内覧会で、FFシリーズの生みの親・坂口博信氏がこれまでの作品を振り返った。(2018/1/19)

「Nintendo Labo」は何がスゴイのか 公式映像から考察してみた
任天堂が家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けの段ボール工作キット「Nintendo Labo」を4月に発売する。周辺機器として「何がスゴイのか」を考察した。(2018/1/18)

全身で体感! 「スペースインベーダー」40周年展覧会の見どころを紹介
タイトーが「スペースインベーダー」の誕生40周年を記念した展覧会を六本木ヒルズ展望台で開催。プロジェクションマッピングを使った体感型ゲームを用意する。(2018/1/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。