ニュース
» 2010年07月14日 21時38分 UPDATE

ねとらぼ:「アルカイダのオンライン雑誌」は本物?

アルカイダのものとされるオンライン雑誌が米国メディアで話題になっているが、Mcafeeによると、アルカイダのものでない可能性があり、ウイルスやスパイウェアが組み込まれている恐れもあるという。

[ITmedia]

 国際テロ組織アルカイダのものとされるオンライン雑誌「INSPIRE」が、米国メディアなどで話題になっている。米Mcafeeのブログ日本語訳)によると、INSPIREはアルカイダのものでない可能性があり、ウイルスやスパイウェアが組み込まれている恐れも指摘されているという。

画像 ブログより

 INSPIREは、7月11日にアルカイダが発行した英語雑誌と報道されている。雑誌は全67ページで、読めるのは最初の3ページのみ。台所で爆弾を作る方法やジハード(聖戦)のための荷造りなどが紹介されており、4ページ目以降は不鮮明な画像やASCII文字コードが表示されるという。

 Macfeeのブログ筆者は、このファイルが「アルカイダの雑誌」という話題性を利用してウイルスやスパウェアを拡散するためのものではという疑いを持ち、4ページ目以降を調査した結果を報告。Web上で公開されているコンテンツを寄せ集めて作ったとみられる痕跡があったほか、「INSPIRE」とそっくりなレイアウトやフォントを使った同名のオンライン新聞があることも突き止めている。

 ブログは「ネットにはサイバー犯罪や政治的な宣伝を目的にしたハッキング、偽情報などがまん延しており、十分に注意が必要」と締めくくっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -