ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年07月16日 16時17分 UPDATE

シャープ、世界初のBDXL対応レコーダー 100Gバイトメディアも発売

シャープが発売するBDレコーダーが世界初の「BDXL」に対応。3層100Gバイトのメディアも同時発売する。

[ITmedia]

 シャープは7月16日、今月末に発売するBlu-ray Discレコーダー2機種が、BDの大容量規格「BDXL」に対応すると発表した。1枚で容量100Gバイトの対応メディアも同時に発売する。BDXL対応機器とメディアの発売は世界初。

photo

 BDXLはBDの拡張仕様。現行のBDは記録層が2層の50Gバイトメディアが最大だが、BDXLは追記型で3層100Gバイト・4層128Gバイトの2種類、書き換え型で3層100Gバイトに容量を拡大している。

 シャープとパイオニアの光ディスク合弁会社・パイオニアデジタルデザインアンドマニュファクチャリングがBDXL対応録画再生ドライブを世界で初めて開発。7月30日に発売する「AQUOSブルーレイ」の2機種「BD-HDW700」「BD-HDW70」に搭載する。

photo 3層BD-R XLのイメージ
photo

 それぞれ3層と4層のBDXLに対応。まず3層100Gバイトの追記型メディア「BD-R XL」(VR-100BR1)を同時に発売する。1枚に地上デジタル放送をDRモード(17Mbps)で約12時間、BSデジタル放送(24Mbps)で8.6時間録画できるとしている。オープン価格(実売予想価格は5000円前後)。

 2機種はBlu-ray 3Dの再生にも対応。BD-HDW700は2TバイトHDD、BD-HDW70は1TバイトHDDを搭載する。価格はオープンで、実売予想価格はBD-HDW700が30万円前後、BD-HDW70が20万円前後。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.