ニュース
» 2010年07月20日 18時52分 UPDATE

「他社端末も電波強度弱まる」 Appleが“検証動画”公表

「ほとんどのスマートフォンで持ち方によっては電波の強度が弱まることがある」ことを検証したという結果をAppleが自社サイトで公開。

[ITmedia]
photo

 iPhone 4のアンテナ問題に絡み、Appleは他社スマートフォンでも持ち方によって電波強度が弱まることがある、という“検証結果”を自社サイトで公開した。

 「スマートフォンのアンテナ性能」というページで、iPhone 4とiPhone 3GS、カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry Bold 9700」、台湾HTCの「Droid Eris」、韓国Samsung Electoronicsの「Omnia II」を比較検証したという結果を掲載。各端末の内蔵アンテナの位置を示し、「電波を減衰させる方法で握った時」に各端末を握ると電波の強度を示すバーの表示が減った様子をそれぞれ動画で公開した。

 同社は「ほとんどのスマートフォンで持ち方によっては電波の強度が弱まることがある」とした上で、「このことを検証するために、iPhone 4と他社のスマートフォンのテストを行った」という。

 1億ドル以上かけて建設したというアンテナ設計・試験室の様子も同社サイトで公開している(「膨大な時間を費やし、iPhone 4をテストした」 Appleのアンテナ試験室、写真と動画で)。

 iPhone 4のアンテナ問題で、Appleは購入者にBumperもしくは同等のケースを無償配布する対策を公表している(Apple、iPhone 4購入者にケースを無償配布 アンテナ問題解消のため)。

関連キーワード

iPhone 4 | Apple


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -