ニュース
» 2010年07月21日 20時48分 UPDATE

3D・BD・HDD“全部入り”「3D VIERA」 パナソニック、42型以上で3D標準対応へ

3D対応BDドライブとHDDを内蔵した“全部入り”の「3D VIERA」をパナソニックが発売。今後は42型以上で3Dに標準対応するなど、3D市場開拓を加速する。

[ITmedia]

 パナソニックは7月21日、プラズマテレビにBlu-ray 3D対応ドライブとHDDを内蔵した「3D VIERA」2機種を8月27日に発売すると発表した。3D対応のオールインワンテレビは世界初という。同社は今後、42V型以上のテレビは3Dに標準対応する方針。近く3Dムービーカメラも発表し、「パナソニックは3D市場をリードする」と意気込む。

 新製品は、「RT2B」シリーズの46V型(TH-P46RT2B)と42V型(TH-P42RT2B)。それぞれオープン価格で、実売予想価格は46V型が44万円前後、42V型が39万円前後。

photo 46V型の「TH-P46RT2B」。3種類のサイズの3D眼鏡も発売する

 BD 3D対応の記録型BDドライブと500GバイトHDDを内蔵。BDドライブではフルHDの3D映像再生に加え、HDDに録画した番組のダビングも可能。HDDは、3波デジタルチューナー2系統により2番組同時録画が可能だ。2機種の実売予想価格は同サイズの通常テレビより9万円ほど高価だが、BDレコーダーを別々に買うよりは割安で、省スペースにもなるとしている。

 PDPは3D対応の「フル・ブラックパネル」を採用。高い発光効率と高速駆動により、3D再生時に二重像を抑えたクリアな表示が可能だとしている。

 同社は4月、世界初となるフルHD対応3Dテレビを発売。国内市場では4〜6月期、50V型以上で3D比率が4割になり、夏商戦では54V型以上の大型製品が占める割合が増えたという。同社の西口史郎デジタルAVCマーケティング本部長は「臨場感ある大画面が好まれる3Dならではの現象。3Dは大画面化にも貢献する」と話す。

 同社によると、2010年度の国内テレビ市場は1800万台。3Dテレビは「50万台プラスα」を見込んでおり、同社はシェア50%以上に当たる25万台以上の販売を目指す。普及価格帯の一部製品を除き、46V型以上の大型製品を3D対応にするほか、7月下旬には3D対応のムービーカメラを発表する予定。ゲームなどパーソナルユース向けの小型な3Dテレビも開発を進めており、市場動向を見ながら投入を検討するとしている。

 CMキャラクターとして、新たにフリーアナウンサーの滝川クリステルさんを起用。既にCMキャラクターを務めている同社所属プロゴルファーの石川遼選手とともにVIERAの宣伝に登場する。西口本部長は「パナソニックは3Dでまた1歩先を行く」と自信を見せ、PDPのメリットを生かして3D市場をリードしたいと意気込んでいる。

関連キーワード

パナソニック | VIERA | 3D VIERA | Blu-ray 3D


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -