ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年07月29日 13時45分 UPDATE

「色域、液晶の2倍」 三菱、75インチの3Dレーザーテレビを8月に発売

三菱電機は、3D映像に対応した75V型レーザーテレビ「LASERVUE」を8月に発売する。従来の液晶テレビの約2倍という広い色域が売りだ。

[ITmedia]
画像

 三菱電機は7月29日、3D映像に対応した75V型レーザーテレビ「LASERVUE」(レーザービュー)を8月21日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は75万円前後。

 RGBの半導体レーザーを光源とするDLP方式のテレビ。NTSC比で175%(従来の液晶テレビの約2倍)の広い色域を実現した。

 交互に表示される右眼用・左眼用画像を専用の3Dメガネで見ることで、3D映像を楽しめる。DLPの高速応答性を生かし、クロストーク(2重像)を抑えた。

 3Dの表示方式は、オリジナル解像度を左眼用・右眼用に水平方向に2分の1に分けた「サイドバイサイド」、垂直方向に半分にした「トップアンドボトム」など3種類に対応している。

 発光効率の高いレーザー光源を高速の点灯制御回路で最適駆動して低消費電力化。定格消費電力305ワットに抑えた。。サイズは169.1(幅)×106.4(高さ)×38.4(奥行き)センチ、重さは71.0キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.