ニュース
» 2010年07月29日 15時31分 UPDATE

米ソーシャルゲーム大手Zynga、日本参入 ソフトバンクと合弁で

ソフトバンクと米国の大手ソーシャルゲームメーカーZyngaが合弁新会社「ジンガジャパン」を設立する。

[ITmedia]

 ソフトバンクと、米国の大手ソーシャルゲームメーカーZynga Game Networkは7月29日、日本でソーシャルゲーム事業を展開する合弁会社「ジンガジャパン」を設立することで合意したと発表した。

 Zyngaは2007年に創業したベンチャー企業で、Facebook向けアプリで急成長。月間アクティブユーザーは2億3000万人という。ソフトバンクはすでに、Zyngaに1億5000万ドル(約137億円)を出資している。

 Zyngaは合弁新会社を通じて日本市場に参入。新会社は「ソフトバンクの先進的なモバイル・Web技術を活用することで、最高のソーシャルゲームを提供する」としている。

 ソフトバンクの孫正義社長は「Zyngaはソーシャルゲーム界のリーディングカンパニー。ジンガとパートナーシップを組み、彼らのゲームを日本に紹介できることを大変嬉しく思う」とコメント。

 Zyngaのマーク・ピンクスCEOは「ソフトバンクとパートナーシップを組むことで、Zyngaの提供するソーシャルゲームを日本で展開し、日本市場から新たな洞察や視点を得られることを、大変楽しみにしています」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -