ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年07月30日 12時56分 UPDATE

「はやぶさ」カプセル大人気 3時間待ちの列

はやぶさのカプセルを見るため、神奈川県の相模原市立博物館に3時間待ちの行列ができている。

[ITmedia]
画像 展示室の様子。報道陣向けに公開された7月29日に撮影

 小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが7月30日、神奈川県の相模原市立博物館で地球帰還後初めて一般に公開され、多くの人が詰めかけている。博物館によると、午前9時半の開館時には2000人の行列ができた。

 展示は、小惑星「イトカワ」の砂を入れる容器をのぞいたカプセル本体や、カプセルを大気圏突入時の高熱から守ったシールドなど6点。(詳細記事:「こんなにきれい。これが現実」 はやぶさカプセル、帰還後初公開

 午前11時半の時点で3時間待ちとなっており、行列はさらに伸びているという。閉館の午後5時までに見学が終了しなさそうな場合は、列を打ち切る方針。

 展示は7月31日まで。8月2日〜6日はJAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で、8月15日〜19日は丸の内オアゾ(東京都千代田区)でも一般公開する。

関連キーワード

はやぶさ | JAXA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.