ニュース
» 2010年08月03日 11時23分 UPDATE

「スーパー猛暑メール」で熱中症対策 37度超えそうな時に配信

ユーザーの住んでいる地域で気温が37度に達する恐れのある場合に、事前で携帯電話にメールで知らせる「スーパー猛暑メール」の配信が、「ウェザーニューズ」でスタート。

[ITmedia]
画像 「スーパー猛暑メール」文面の例

 「今日は、命に関わるほど厳しい猛暑となります」――ウェザーニューズは、ユーザーの住んでいる地域で気温が37度に達する恐れのある場合に、事前で携帯電話にメールで知らせる「スーパー猛暑メール」の配信を、有料携帯サイト「ウェザーニューズ」(月額315円)で始めた。

 自分の住所を市町村単位で登録しておけば、気温が37度を超える可能性がある場合、事前に知らせる。

 37度を超えると熱中症発症の危険性が最大レベルになるといい、メールでは、水分補給や室内での温度調整など熱中症の予防法も伝える。

 メールの配信登録は、30アドレスまで可能。家族や友人などに、熱中症の危険を知らせることができる。

関連キーワード

ウェザーニューズ | 熱中症


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -