ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「熱中症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「熱中症」に関する情報が集まったページです。

子どもの熱中症対策 キッズ用冷却ファン付きベスト「お子様用空調服」がGLAZOSから発売
子ども用空調服が登場。(2021/5/13)

「お子様用空調服」、子ども服ブランドのグラソスから セフト研究所と共同開発
セフト研究所は、電動ファンが付いた子ども服「お子様用空調服」を発表した。ナルミヤ・インターナショナル傘下の子ども服ブランド「グラソス」と共同開発。価格は1万890円(税込)。(2021/5/11)

産業動向:
建設エンジニアのコロナによる影響を調査、51%が働き方に変化
コプロ・エンジニアードは、同社に所属する全国の建設エンジニア772人を対象に、インターネット上で新型コロナウイルス感染症の影響に関するアンケート調査を行った。結果、新型コロナウイルス感染拡大により、働き方に変化があった人が全体の51.3%を占めることが明らかになった。(2021/5/11)

暑いと思った! 関東で真夏日、本州では2021年初
群馬県高崎市では最高気温30.3度に。(2021/5/9)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
iモード全盛期からスマホアプリまで 20年のモバイルコンテンツと文化を振り返る
今から20年前の2001年といえば、携帯電話からインターネットサービスが利用できる「iモード」が普及し始めた頃だった。2006年頃からは、PCで人気となっていたSNSがモバイルの世界に入ってきた。その後、スマホが普及したことで、コンテンツ市場にもパラダイムシフトが起きた。(2021/4/30)

プロジェクト:
埼玉県戸田市で延べ8.6万m2の物流施設が竣工、特別高圧電力での電力供給に対応
ESRが埼玉県戸田市で開発を進めていた「ESR 戸田ディストリビューションセンター」が2020年9月30日に竣工した。ESR 戸田ディストリビューションセンターは、総合物流企業のナカノ商会が全棟の賃貸借契約を同年8月23日に締結し、2020年10月1日に入居している。(2021/4/20)

アイリスオーヤマ、小型ファン付き「クールウェア」の種類を増やし発売 猛暑で市場規模拡大
アイリスオーヤマは、小型ファン付き「クールウェア」のラインアップを拡充し、新たに全4シリーズを発売した。全国のホームセンターやインターネットサイトを中心に販売する。(2021/4/13)

午後の紅茶×ご当地カレー:
キリンビバレッジの「iMUSE」ブランド好調、3週間で2000万本突破
新型コロナウイルスで不要不急の外出自粛が続き、自動販売機やコンビニエンスストア、料飲店などでの購入機会が一気に減ったため、清涼飲料業界は大きな打撃を受けている。こうした中、消費者の健康意識の高まりから、幅広い年齢層から注目を集めているのが乳酸菌飲料だ。(2021/4/5)

熱中症を防ぐ「暑熱順化」マニュアル、日本気象協会が公開 急に暑くなる5月は要注意
日本気象協会が熱中症対策に有効な「暑熱順化」の進め方をまとめたWebサイトを公開した。PDF版も公開している。(2021/4/2)

メイちゃんの「とうもころし」が母の日ギフトに! とうもろこしラッピングに入ったトトログッズのギフトセットに癒やされる
トトロと野菜が描かれたグッズデザインもかわいい。(2021/3/29)

現場管理:
作業者の安全を見守る安全衛生支援サービス「Work Mate」試行運用を開始
 ユビテックは鹿島建設と共同で、工場や工事現場などで働く作業者の安全を見守る安全衛生支援サービス「Work Mate」の機能向上を目指し、2021年3月1日より試行運用を開始した。体調不良者の即時発見、対処に対する有効性を検証する。(2021/3/26)

タクシーの車窓を“広告枠”に 空車の走行時間を活用、S.RIDEが新サービス
S.RIDEが、タクシーの車窓をデジタルサイネージ化し、走行中に広告を映し出すサービス「Canvas」を6月に始めると発表。まずは東京都で100台のタクシーを使って始める。(2021/3/17)

調査レポート:
世界の建設向けIoT市場を調査、市場規模は2027年までに190億ドルに到達を予測
Report oceanは、世界における建設向けIoT市場の動向を調査し、マーケットの規模が2019年から2027年までに190億3980万ドルに達することを予測した。(2021/3/1)

現場安全対策と健康管理を支援する腕時計型端末の先行予約販売を開始
アイフォーカスは、現場安全対策と健康管理を支援する、リアルタイム体調管理ウェアラブルデバイス「AAASWatch(アースウォッチ)」の先行予約販売を開始した。(2021/2/24)

製造業DX:
PR:豊田自動織機の終わりなきデジタル変革、設備をIoTで最適化
製造業においてIoT活用への関心は高まっている。その中で、いち早くIoTデータを集約するIoT基盤構築を進め、さらにこれらで集約したデータを活用し現実世界にフィードバックする仕組みにより製造現場における生産性向上につなげた成果を生み出したのが、豊田自動織機である。(2021/4/12)

デジタル防災を始めよう:
デジタル備蓄のススメ EV活用「V2H」と大容量ポータブル電源とソーラーパネルと
電気への依存度がますます高まる中、緊急時にあわてないために。(2021/1/29)

【うっかりおうちで死にかけた】子どものころ「湯船で1000まで数えてみよう!」→気絶したけど、家族に全く気付かれなかった
「30分くらい気絶していたんじゃないかと」。(2021/2/23)

開始2年で800カ所に設置:
月額280円で駅の傘「使い放題」なのに返却率は99% 設置場所が増えている「アイカサ」の正体
日本で年間に消費される傘のうち約6割にあたる約8000万本がビニール傘だとも言われている。気軽に購入できる分、紛失したり壊れたりしても、特に気にしない人も多いのではないか。そこに商機を見いだした企業が注目を集めている。Nature Innovation Group(東京都渋谷区)が運営する、傘のシェアリングサービス「アイカサ」だ。(2021/1/19)

2020年のアキバまとめ前編:
空気感で追う新型コロナと秋葉原自作街――アキバの1年を振り返る【前編】
2020年の自作PCパーツ街を振り返るとき、新型コロナウイルスの存在を無視することはできない。流通と往来、モノの流行、売り場の雰囲気に至るまで、新型コロナの波に揺り動かされた1年だった。(2020/12/29)

スマートシティー:
街の今がスマホで分かる、綱島SSTの「3Dまちづくりプラットフォーム」が機能拡張
次世代都市型スマートシティー「綱島SST」で、大林組が提供している街のデジタルツインを実現する“3Dまちづくりプラットフォーム”が機能拡張した。スマホで誰でも、道路の混雑状況や熱中症の危険度など、街の今がその場で分かるようになり、生活の利便性向上につながるとしている。(2020/12/3)

医療機器ニュース:
季節性インフルエンザの流行リスクを見える化するソリューションを発売
フジクラは、絶対湿度から季節性インフルエンザ流行リスクを見える化するソリューションを発売した。「熱中症予防IoTソリューション」とパッケージにして提供する。(2020/12/2)

【うっかりおうちで死にかけた】1人暮らし+飲まず食わず+熱中症→偶然来訪した父とパートナーのおかげで九死に一生、というお話
偶然に偶然が重なった、奇跡の救出。(2021/1/13)

6G時代は鏡がスマホ代わりに? 京セラが考える、シニア向けデバイスの未来
京セラは携帯通信事業30周年を記念して、5つのテーマに渡って全5回で通信事業に関する記者説明会を開催する。第1回目は11月25日にオンラインで開催し、シニア向け事業について説明した。大きな鏡(ディスプレイ)を使ってコミュニケーションする通信機器のコンセプトも紹介した。(2020/11/26)

【うっかりおうちで死にかけた】お風呂上がりにバスマットですべると後頭部の落下地点が危ないし、全身ケガするかも……というお話
ツルッといくと「室内でオーバーヘッドキック」みたいな倒れ方になるもよう。(2020/12/1)

製品動向:
避難所で役立つ調光・調色機能付き照明、アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマは、調光と調色の機能で、明るさを変えられる高天井照明「HX-Rシリーズ 調光調色タイプ」を開発した。(2020/10/27)

副業を狙って:
暑い沖縄でウーバーイーツは稼げるのか? 中年記者が1週間、自転車をこいでみた
ウーバーイーツが沖縄にやってきた。SNSをみると、1日で2万円以上を稼いでいる人もいるようだが、ここは沖縄。本当に、稼げるのだろうか? (2020/10/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ビックカメラ、ワークマン、アルペン…… 異業種の参入で盛り上がるアウトドア市場の今
アウトドア市場が盛り上がっている。ビックカメラやコーナン商事が相次いで専門店をオープンするなど、異業種からの参入も相次ぐ。どこまで伸びるのか。(2020/10/13)

ペット手帳:
今日のわんこにゃんこ、ベストショット第九弾大発表!【猫】
かわいい猫ちゃんたちがいっぱいです。(2020/9/20)

裏面が前面:
ダイドー、成分表示を前面にした「裏面自販機」発表 健康ニーズの高まりに応える
ダイドードリンコは、栄養成分やカロリー表示を前面に表示した「裏面自販機」を期間限定で設置。健康意識が高いといわれる、20代前半〜30代後半のミレニアル世代をターゲットにしている。(2020/9/18)

製造ITニュース:
HACCP対応で、IoTを活用したデータ収集や可視化できるサービス開始
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクトは、IoTプラットフォームを活用した、データ収集、蓄積、可視化サービス「HACCP対応サービス」「熱中症/インフルエンザ対策サービス」の提供を開始した。(2020/9/18)

マスク問題を解決:
ファミマが“限定”マスクを2種類発売 マスクの悩みを軽減する関連商品も4種類用意 数量限定
ファミリーマートは9月15日、限定マスク2種類とマスク関連商品4種類を発売した。マスクのニーズが多様化したため、さまざまな課題を解決する商品をそろえた。(2020/9/16)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第26回):
ラズパイで気温と湿度を測定、LINEで通知を受け取る 〜前編〜
今回は温湿度センサーモジュールとラズパイを組み合わせ、LINEと連携させる方法を紹介します。(2020/9/15)

【犬】もう一度見直そう! この時期に気をつけたい“部屋の中に潜む危険”
「知ってる/知らない」で心構えが大きく変わります。(2020/9/13)

「電力使用データに応じて保険料を割り引く」といった使い方も:
IoTを活用して家庭の防災や見守りを支援 三井住友海上、NTTドコモなど4社が共同開発
三井住友海上火災保険と東京電力パワーグリッド、NTTドコモ、エナジーゲートウェイの4社は、防災と減災、省エネ、高齢者や子どもの見守りといった課題に向けて、先進デジタル技術を活用した新商品やサービスを共同で開発する。(2020/9/10)

製品動向:
作業員の体調を見える化し、熱中症を予防する安全管理システム「SafeNAVI」
安藤ハザマは、作業員の体調を見える化し、熱中症を防ぐ安全管理システム「SafeNAVI」を順次、建設現場で導入を進めている。(2020/9/8)

山手線12駅にも設置:
「傘を持ち歩かない生活を」シェアリングサービス「アイカサ」 設置場所拡大
傘のシェアリングサービス「アイカサ」の設置場所が拡大している。9月2日までにJR山手線線12駅に82台の設置を完了した。主な利用者層は20〜40代。通勤通学での需要を見込み山手線での設置を拡大した。また、環境省と連携し、熱中症警戒アラートが発表された日は、無料で使えるサービスも実施している。(2020/9/4)

台風10号 特別警報級に発達予想 特徴と警戒ポイント
土日に沖縄に接近する予想。その後も勢力を維持したまま日曜から月曜にかけて、奄美から九州に、接近または上陸する恐れがあります。現段階での、特徴と警戒ポイントをまとめました。(2020/9/3)

新潟県三条市で最高気温40度台 9月としては全国で初
日本海側は9月としては記録的な暑さになっており、熱中症に警戒を続けてください。(2020/9/3)

「突然視界が白黒になりチカチカと点滅」 暑さ対策していた医師でも熱中症になった体験漫画に冷や汗が垂れる
マスクの取り扱いにも注意が必要そうです。(2020/9/2)

崖の上の子ヤギ「ポニョ」 千葉・佐倉市「草ぶえの丘」で8月29日から一般公開
安心して暮らせる所ができて良かったです。(2020/8/28)

【うっかりおうちで死にかけた】ゴミ出し中につっかけが引っ掛かって階段の一番上から落ちかけた……というお話
「危険は身近なところに潜んでいて一瞬のスキをついて現れる、ということをあらためて感じた」(2020/9/12)

【うっかりお家で死にかけた】冬のある朝、ベッド横のコンセントから煙が上がっていて……というお話
可燃物が多い寝室なのも怖い。(2020/9/11)

「日傘は女っぽいとか、もうやめませんか」 日本気象協会の熱中症対策ポスターに反響、制作の背景を聞いた
「問題は、紫外線ではなく偏見です」のコピーにもドキッとさせられます。(2020/8/26)

つくばみらい市が市内の小中学校に冷水の「無料」自販機設置 ペットボトルで新型コロナ&熱中症対策
生徒は1日1本、無料で冷水を受け取れます。(2020/8/25)

【うっかりおうちで死にかけた】「砂肝を猫にドロボウされて、窒息死しかけたことがあります」というお医者さんのお話
原因の軽さと結果の重さが全然かみ合わない感じがするのも、窒息事故の怖さ?(2020/9/10)

製品動向:
熱中症を防ぐ冷却休憩所「冷える〜む2」、循環式クーラーで外気の影響を低減
現在、全国各地で気温が30度を超える日が続いており、建設現場では熱中症対策が欠かせなくなっている。熱中症を予防する製品として、アクティオは、循環型1.5馬力移動式クーラーと簡易組み立て可能な冷却テントを組み合わせた休憩所「冷える〜む2」を開発した。(2020/8/24)

ポカリは「とにかく薄めずに」――念を押しまくる公式FAQが話題 大塚製薬に薄めちゃいけない理由を聞いた
あの甘さはスポーツドリンクの機能に必要な甘さなのでした。(2020/8/21)

きっかけは「セントリーノ」 インテル出身の二人が提案する熱中症予防の新“法則”
アイシング用保冷剤「アイスバッテリーfresh」を製造販売する松浦工業とアイスバッテリーの開発元のアイ・ティ・イー。両社に共通するのは、“元インテル”だった。(2020/8/21)

子連れのお出かけや外遊びで活躍! ダイソーの日常使いできるアウトドアグッズ3選
アウトドアグッズ、日常でも活躍するんです。(2020/8/21)

「猛暑でエアコン付けたら窓が割れた」 ガラスの“熱割れ”はなぜ起こる? 気を付けたい点は? ガラスメーカーに話を聞いた
単に「外気と内気の温度差」が原因というわけではないようです。(2020/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。