ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「熱中症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「熱中症」に関する情報が集まったページです。

「台風被災時に役に立ったもの」をまとめたメモが参考になる 台風15号で大規模停電を経験したユーザーが作成
自宅での避難時にあると助かるアイテムを一覧でまとめています。(2019/10/9)

水曜インタビュー劇場(10秒公演):
25年前に生まれた「inゼリー」は、なぜ過去最高を更新したのか
森永製菓の「inゼリー」が好調である。25年前に発売されたロングセラー商品が、なぜこのタイミングで売れているのか。その秘密について、同社の担当者に話を聞いたところ……。(2019/10/9)

小学校の画期的な運動会「体育館でのパブリックビューイングスタイル」にTwitterで称賛 保護者は子どもの学年の番に「優先観覧席」に移動
合理的……!(2019/10/2)

大手ハウスメーカーに対抗、2025年に1.4万棟目標:
市場を激変させる「住宅サブスクリプション」始動、“月額5万”で売れ筋の高性能住宅が販売可能に
地方の小さな工務店であっても、月額わずか5万円を支払うだけで、建材メーカーの技術の粋を集めた高性能住宅が、自社ブランドとして販売できる時代がやって来る。提供される住宅はパネル式で、デザインや住宅建材がパッケージ化されており、耐震性で等級3・断熱性でHEAT20 G2と高い性能を有する他、スマートキーなどのIoT機器や大工不足を解消する職人マッチングサービスなども用意されている。住宅の価格帯はおよそ1600万円で、年収400万円前後の層をターゲットに、2025年度には1万4000棟の販売をねらう。(2019/9/30)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夏のハイエンドスマホ5機種で撮り比べ(後編) ポートレート、料理、夜景で対決
2019年夏モデルのカメラ機能を比較するレビュー。使ったのは「Xperia 1」「AQUOS R3」「Galaxy S10+」「HUAWEI P30」「Reno 10x Zoom」の5機種。後編ではポートレート、料理、夜景を試した。(2019/9/24)

シャープの新規事業は「蓄冷材」 液晶の技術を応用 スポーツ観戦の暑さ対策にも
シャープは、社内ベンチャー「TEKION LAB」が開発した「蓄冷材」を新規事業として展開する。スポーツや医療、美容などさまざまな分野のトップブランドと協業。2025年までに売上50億円規模の事業に育てる。(2019/9/13)

「被害の大きさは、想像を超えていました」 石田ひかり、千葉南部に支援物資を届ける 停電中の暑さに恐怖も
被災地を救う大きな流れになってほしい。(2019/9/11)

「千葉県南部を助けて」千葉県で停電・物資不足が続く Twitterに支援を求める声
復旧が遅れている千葉県では現在も約44万軒が停電している状態です。(2019/9/11)

「千葉から出られない」「社畜の参勤交代」 千葉県・津田沼駅の入場待機列がヤバすぎると話題に 台風15号の影響で運転見合わせ
家に帰ろう……?(2019/9/9)

関東、強い台風15号上陸へ 風速60メートル「新幹線並み」の暴風に警戒を
「屋外での行動は危険なレベル」との予想も。(2019/9/8)

強い台風15号 あす夜から関東の沿岸に接近・上陸か
8日夜から9日にかけて関東地方の沿岸にかなり接近し、上陸する恐れ。(2019/9/7)

東日本大震災の経験が教訓 そのままで食べられるゼリー型備蓄食「LIFE STOCK」誕生
5年半以上の常温保存が可能です。(2019/9/4)

働き方改革:
オフィス内の温度分布見える化と空調ウェア1500着支給、高砂熱学の“夏の働き方改革”
高砂熱学工業は、全社的な働き方改革の一つとして、省エネ月間「Green Air Festival in Summer」を2019年9月6日まで展開している。期間中には、オフィスでエネルギーの見える化とオフィスカジュアルの励行、施工現場でファン付き空調ウェアの着用を促した。(2019/8/28)

「人生の墓場に入った」「残業することが美学」 厚労省の労働環境を明かした“緊急提言”、若手チームが公開
「外部電話はひと月で10万件以上なのにコールセンター対応者は4人のみ」など、衝撃的な内容。(2019/8/27)

スマートシティ:
IoTセンサーで集計したデータを熱中症対策に活用、三井不動産など
三井不動産は、同社が幹事企業を務める「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」の新たなプロジェクトとして、柏の葉エリアの約4平方キロメートルの範囲に気温・湿度を観測するIoTセンサーを設置し、集計データを熱中症対策や住民の見守りサービスに活用する。(2019/8/27)

働き方改革の”本丸”が周回遅れの実態:
「残業は美学」「暑い、暗い、狭い」 厚労省のブラックな職場環境が明らかに
厚労省若手チームが「緊急提言」を発表した。職員らの意見には「厚労省は人生の墓場」など衝撃的な声も目立った。民間企業で働き方改革が浸透する中で、周回遅れの実態が明らかに。(2019/8/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夏のハイエンドスマホ5機種で撮り比べ(前編) 「超広角」と「望遠」の実力は?
いよいよ出そろったカメラが得意なハイエンドスマホたち。今回はそこから5機種をセレクトして、カメラ性能を比較してみた。前編では、超広角撮影と望遠撮影の性能をチェックする。(2019/8/27)

エアコンが苦手な猫ちゃんと熱中症が心配な飼い主さん 猫との暮らしを描いた漫画から優しさが伝わってくる
みんなも気を付けてニャ。(2019/8/25)

静岡のベイエリアに痛車160台以上が集結 猛暑に負けない熱気に包まれた「シスフェス2019」に行ってきたよ
今年の「ねとらぼ賞」は誰の手に……? シスフェスをレポート!(2019/8/21)

スーツケースが引き起こした“セルフ監禁事件” トイレに閉じ込められた本人が注意喚起
とくに一人暮らしの人は携帯電話を手放さないのは大切なのかもしれない。(2019/8/20)

警視庁がペットの熱中症の注意喚起 段階別の症状例や体の冷やし方をご紹介
覚えておきたい。(2019/8/17)

新聞紙とストックバッグだけで作れる「簡易保冷剤」を警視庁災害対策課が紹介 → 実際にやってみた
簡単にできた。熱中症対策にも!(2019/8/16)

「健康ミネラルむぎ茶」はなぜデカいのか? 不景気に逆行して増え続ける理由を伊藤園に聞いた
670mlもあります。(2019/8/16)

危険な暑さ 令和初の最高気温40度台
新潟県上越市で気温が40.0度に。(2019/8/14)

「ポケモンGO」横浜イベント再び スマホの通信は安定も暑さ対策が必須に
ポケモンGOの夏季リアルイベントが、2年ぶりに横浜で実施された。異常なほどの熱狂と混乱をもたらした2017年の横浜イベントから2年で、何が変わったのだろうか。(2019/8/13)

13日 台風10号「超大型」 接近前から強風・大雨
強風域の広さが半径800キロ以上の「超大型」。(2019/8/13)

コミックマーケット96、4日目の来場者数は20万人 初の4日間開催で合計73万人が来場
史上初の4日間開催。(2019/8/12)

もう最終日だと……? 「夏コミ4日目」という未踏の地を行くコスプレイヤーさんを追いかけてきた
最終日もシャッター切りまくったぞい。(2019/8/12)

コミケ準備会が謝罪 「長時間の待機で5人救急搬送」「並んでいるのに入場規制解除」に批判
熱中症で倒れる人が出た状況や、あとから来た人が先に入場できるようになっていたことが批判されていました。(2019/8/11)

西・東の太平洋沿岸で大シケに 台風10号の影響は
12日、西・東日本は晴れるが、海(太平洋沿岸)は午後から大シケに。台風10号の影響がジワジワと。(2019/8/11)

みんな、お待たせー! ネタからガチまで、夏コミ後半戦を盛り上げたコスプレイヤーさん総力まとめ
3日目の盛況ぶり、すごすぎない?(2019/8/11)

世界よ、これが夏コミだ! 猛暑に負けない、キャラ愛あふれるコスプレイヤーさんを汗だくで全力レポート
かわいいお姉さんからネタ系までいっくよー!(2019/8/10)

東京、ガチで暑かった 約9割の外国人が「東京は自国より暑い」と回答
東京五輪のころ、大丈夫かな……。(2019/8/12)

動画でわかる! 東京ビッグサイト南展示棟の(一般的な)行き方
イベント当日は余裕をもった移動を。(2019/8/9)

熱中症で死亡も 着ぐるみの過酷な実態
「ひらかたパーク」で7月、着ぐるみ姿でショーの練習をしていたアルバイト男性(28)が熱中症で死亡した。男性が着ぐるみ姿で踊ったのは日没後のわずか20分間。複数の要因が重なった事故とみられるが、専門家は「着ぐるみは熱中症のリスクが高く、過酷な環境だ」と警鐘を鳴らす。(2019/8/7)

現場管理:
東洋建設とアイフォーコム、海洋工事作業者の見守りシステムを開発
東洋建設とIoT、AIシステムの開発を手掛けるアイフォーコム・スマートエコロジーが、海洋工事現場作業者の労働環境と行動を把握する「みまもりサービス Sea Rescue」を開発した。(2019/8/7)

熱中症の予防法や対処法がよく分かる! 気象研究者監修の漫画を読んで安全に夏を過ごそう
無理をしないのが一番。(2019/8/3)

「野生のエロ本」最近はめっきり少なく…… 大阪で「野生のエロ本捜索隊」イベント開催へ
あのころのドキドキをもういちど。(2019/8/2)

カラオケパセラが熱中症防止のため利用客以外にも“お冷や”を提供 話題の取り組みについて聞いてみた
店舗によっては冷たいおしぼりや塩飴も提供しているそうです。(2019/8/2)

製造ITニュース:
作業現場の安全性向上ソリューションにエントリーモデルが登場
日鉄ソリューションズは、熱中症対策など作業現場の安全性を向上させるソリューション「安全見守りくん」の機能限定版をエントリーモデルとして発売する。(2019/8/2)

IoTで中学生の熱中症対策 「LoRaWAN」活用 NTT西と吹田市など
IoTを使った熱中症対策の実証実験が、吹田市立南千里中学校で始まった。IoT規格の1つである「LoRaWAN」を活用して収集したデータに基づき「暑さ指数」を算定し、教職員などが端末を通じてリアルタイムにチェックできるようにする。(2019/7/31)

関東甲信地方梅雨明け 2018年より30日遅い
厳しい暑さが続くので熱中症に警戒を。(2019/7/29)

五輪渋滞対策 「カギ握る需要予測」「テレワークが効果的」 
2020年東京五輪・パラリンピックの開催までいよいよあと1年に迫ってきた。課題は道路、鉄道ネットワークの交通輸送対策だ。大会組織委員会や都などは大会の円滑運営と都市活動の維持という2つの目標を掲げ、今夏、本番で実際に採用される、さまざまな渋滞混雑緩和策を試そうとしている。(2019/7/29)

台風6号「ナーリー」 熱帯低気圧に
寿命はわずか30時間。(2019/7/27)

富山で37度台 東京都心も今年一番の暑さ
暑い……。(2019/7/26)

猛暑対策展:
酷暑の現場には「水冷」が効く、サンコーが冷却ベストを展示
「猛暑対策展」に出展しているサンコーが「水冷冷却クールベスト」を展示し、来場者の注目を集めている。建設業界など屋外作業者向けの暑さ対策用として拡販を図る。(2019/7/26)

工場ニュース:
メーター自動読み取りやお腹を冷やさない冷却ベスト、日立が現場作業を支援
日立グループは、「プラントメンテナンスショー」(2019年7月24〜26日、東京ビッグサイト)に出展し、メーター自動読み取りサービスや作業員の熱中症を防ぐ冷却ベストなどを展示した。(2019/7/25)

気象庁、東京五輪の観戦を支援するポータルサイトを公開 各競技会場の気象情報を提供
競技名から各会場の天気を調べられるのが便利そう。(2019/7/25)

九州南部・北部、四国、近畿、北陸で一斉に梅雨明け
7月24日、九州南部、九州北部(山口県を含む)、四国、近畿、北陸で梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年より遅い梅雨明けです。(2019/7/24)

暑さしのぐ“扇風機付き服”普及 建築現場で「ドレスコード化」も
炎天下でも着るだけで涼しく過ごせる「ファン(扇風機)付き作業服」。奇抜なデザインから、かつてはキワモノ扱いの衣料品だったが、熱中症対策に使える作業着として見直され、最近は人気商品となっている。今季は紳士服メーカーなどが新規参入し、アウトドア用として消費が拡大。2020年東京五輪・パラリンピックを控えて、スポーツ観戦向けの需要も見込まれている。(2019/7/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。