ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「熱中症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「熱中症」に関する情報が集まったページです。

熱帯夜、快適に眠れる上手なエアコン活用方法は? ダイキンに聞いてみた
一晩中につけっぱなしにする場合も、タイマーを使用する場合も「湿度」が重要。(2020/8/5)

サイズは5種類:
「息苦しい」「貼りつく」に対応、スポーツ用マスク 野村不動産グループのスポーツジムが開発
スポーツクラブを展開する野村不動産ライフ&スポーツは、スポーツ用のドライマスクを開発した。通気性が高く、運動時も呼吸がしやすいマスクを開発。8月3日、オンラインで販売予約の受け付けを始めた。(2020/8/5)

全国的に厳しい暑さ 九州から東北では体温超えか
きょうは、沖縄と九州から東北南部では夏空。東北北部は梅雨空が続き、北海道は不安定な天気。九州から東北の広範囲で猛暑日予想。危険な暑さに警戒を。(2020/8/5)

酷暑のマスク、保冷剤はどこまで“使える”のか
コロナ禍で誰もがマスクを手放せなくなった初めての夏。マスク着用による熱中症リスクも指摘される中、各社から登場している夏用マスクはどのくらい有効なのでしょうか。今回は保冷剤付きの布製立体マスクを試します。(2020/8/4)

障害で始まり、花火で終わった「ポケモンGOフェスト」 Nianticが目指した新しい“つながり”とは?
ポケモンGOで7月25、26日に夏の大型イベント「Pokemon GO Fest 2020」が行われました。サプライズあり、トラブルありの盛りだくさんな内容を振り返りたいと思います。(2020/7/30)

ワークマンもアシックスも参入で「扇風機付きウエア」活況
新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、本格的な夏を迎えようとしている。マスク着用で熱中症のリスクがより高まるとも指摘されている今夏、人気を集めているのが小型扇風機を装着したウエアだ。(2020/7/28)

室内でも熱中症に注意! ワンちゃんの暑さ対策とは
暑い時期を快適に過ごすために。(2020/7/26)

ムーミンバレーパークの“傘がいっぱい”夏イベントレポート! 主役は「ニョロニョロ」
新型コロナ対策も。(2020/7/24)

「呪われた日」 間瀬翔太、“2年連続で死にかけた7月23日”を振り返る 2020年は脳波検査で入院
平穏な日々が送れますように……。(2020/7/23)

すべてメイドイン福島の冷感マスクが再販 1枚1000円
メイドイン福島社(福島県福島市)は布製冷感マスクの再販を始めた。1万枚をオンラインで販売する。福島で企画、縫製した国産の布マスクとなる。大人用マスクと子供用マスクがあり、それぞれ1000円(税込み)。(2020/7/21)

導入事例:
三菱電機ビルテクノが作業員8000人に、“フルハーネス”対応のファン付き作業服を配布
三菱電機ビルテクノサービスは、フルハーネス義務化に先立ち、ビルメンテナンスの現場での熱中症対策として、フルハーネスに対応したミズノ製の高通気性シャツとその上に着るファン付ウェアを協力会社も含めた8000人の社員に配布する。(2020/7/21)

熱中症の注意やみまもりも スマートホームサービス対応ガス警報器「快適ウォッチSMART」発売
新コスモス電機とソフトバンク子会社のエンコアードジャパンが連携し、スマートホームサービスに対応した新世代のガス警報器を発売する。都市ガス大手の東邦ガス(名古屋市)と西部ガス(福岡市)が採用し、採用事業者は順次拡大する方針だ。(2020/7/20)

製造業IoT:
屋内外の熱中症を予防、暑さ指数を見える化するソリューション
フジクラは、暑さ指数を見える化し、必要に応じて熱中症の危険度を通知する「熱中症予防IoTソリューション」の提供を開始した。学校や工事現場、介護施設での利用を見込む。(2020/7/20)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
なんでつゆは、じめじめしますか? こぐまのケーキ屋さん(86)「じめじめ…」
こぐまさんと店員さんはエアコンなしで乗り切れるのか……?(2020/7/19)

ネコちゃんも要注意! 室内でもなりがちな熱中症の対策とは?
暑さ対策が大事な季節。(2020/7/19)

ひんやりグッズで夏を乗り越えよう! ねとらぼ読者が選ぶ「買ってよかったひんやりグッズ」を紹介します
ひえひえ〜。(2020/7/15)

つくば市の公共施設、コロナ対策にIoT機器導入 換気の状態を「見える化」
つくば市の公共施設が、新型コロナウイルス感染と熱中症の対策にIoT機器を導入。センサーで取得したデータから「暑さ」と「換気状況」を可視化し、職員が対応できるようにする。(2020/7/9)

withコロナ時代の建設業:
熱中症にもコロナにも効くマスクを開発、三井住友建設
三井住友建設は、新型コロナウイルス感染症対策として、社長を責任者に据えた緊急対策本部を設置し、独自に開発したマスク「フェースカバリング」を全国の現場で導入する方針を示している。(2020/7/8)

西友、「売場内で従業員が水分補給」など従業員の熱中症対策について理解を呼びかけ
大型ビニールカーテンの設置でこれまでよりも熱がこもりやすくなるようです。(2020/7/3)

ベストの非着用も:
マスクとレジのビニールカーテンで熱中症の危険 西友、お客の前で従業員が水分補給してもOKの方針
西友が新しい熱中症対策を発表した。レジのビニールカーテン内では熱がこもってしまうため、従業員が売り場内で水分補給することを認める。(2020/7/3)

湿度が高い梅雨の時期も注意! 室内の熱中症対策を心がけよう
(2020/7/3)

7月10日から東海〜中国地方に拡大:
USJ、集客エリアを徐々に拡大 7月20日以降、全国から入場が可能に
ユー・エス・ジェイは、関西2府4県に限定していた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の集客対象エリアを拡大する。7月10日から関西に隣接する地方からの入場が可能となり、20日からは全国に拡大する。(2020/7/1)

組み込み開発ニュース:
ファン付きバイザーでマスクやフェイスシールド着用時の暑さ軽減、キヤノンが開発
キヤノンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に必要なマスクやフェイスシールドを着用する際の暑さ軽減を目的にファン付きバイザーを開発したと発表した。生産現場などを中心に社内での利用を開始している。(2020/7/1)

空調服を着られないアナタへ 着用する服を選ばないウエストポーチ型ボディエアコン発売
使い回しもできる。(2020/6/30)

スピン経済の歩き方:
なぜ「NiziU」は注目されているのか 背後に世界的プロデューサーの話術
9人組ガールズグループ「NiziU」(ニジュー)が人気を集めそうだ。ソニーミュージックとJYP Entertainmentによるオーディションプロジェクトで誕生したグループだが、筆者の窪田氏は世界的プロヂューサーのJ.Y. Parkに注目している。どういうことかというと……。(2020/6/30)

工事不要で設置できる「ポータブルクーラー」発売 除湿モードで部屋干しにも
通常のエアコンが設置できない部屋でもOK。(2020/6/29)

運動時に外す人の割合は?:
「猛暑日でもマスクを着用する?」「熱中症の心配は?」 タニタが調査
猛暑日にマスクを着用する人はどの程度いるのか? また、熱中症予防と感染予防をどう両立させるのか? タニタが消費者の意識調査をした。(2020/6/29)

猛暑日でも約6割がマスク着用の意向 タニタが「熱中症に関する意識・実態調査」
新しい生活様式の熱中症対策とは。(2020/6/29)

KEYUCAの「ハンディファンシリーズ」がアップデート 選べる3タイプで夏を乗り切りたい
マスク着用による通勤・通学時の熱中症対策にも。(2020/6/29)

リストバンドで熱中症リスクを管理 損保ジャパンとNTTPCコミュニケーションズが業務連携
新型コロナウイルスの感染予防のためマスク着用での作業が増える中、例年以上に高まる熱中症リスクに対応する。(2020/6/29)

【うっかりおうちで死にかけた体験談】高校時代の夏休み、毛布をかけてお昼寝したら熱中症に
「吐き気を覚えても『悪いものを食べたかな』と考えていました」。(2020/7/14)

【うっかりおうちで死にかけた】生後1カ月の息子を守る夢から覚めると、その子を殺しかけていた……というお話
「奪われそうになったわが子を必死で守る夢を見て、目を覚ますと息子の体を……」。(2020/7/13)

靴下メーカーがランナー専用マスク開発、特徴は?
国内最大の靴下の産地として知られる奈良県広陵町の老舗メーカー「昌和莫大小(しょうわめりやす)」が、ランナー向けに開発したスポーツマスクが話題を呼んでいる。(2020/6/23)

導入事例:
清水建設がマスクの代わりに「マウスシールド」を全国の現場で導入
清水建設は、新型コロナウイルス感染症を防ぐマスクが夏場の建設現場では熱中症につながる恐れがあるとして、口の部分を透明なフィルムで覆う「マウスシールド」を、全国の現場で適用することを決めた。(2020/6/23)

マスクで外出、こまめな水分補給を 日本気象協会が「例年以上の熱中症対策」呼びかけ
日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、新型コロナウイルス対策でマスクを着用したまま過ごす夏を前に、軽装や水分補給などの「例年以上の熱中症対策」を呼びかけた。(2020/6/22)

マスクを着用したまま過ごす夏、熱中症リスクが上昇 日本気象協会「例年以上に小まめな水分補給を」※修正あり
部屋にこもりきりの生活が続く人は特に注意。(2020/6/22)

競合多数:
開店3時間前に行列ができる店舗も ユニクロの「エアリズムマスク」発売で激化する競争
ユニクロがエアリズムマスクを発売した。発売初日、東京都内の店舗では開店3時間前から行列が。夏用マスクの競争は激しさを増す。(2020/6/19)

6月21日は部分日食 そのとき絶対にしてはいけない行為とは!?
夏至の夕方に、日本全国でみられる「部分日食」。西の空に輝くお日さまが、ハムハムと食べられちゃうようです! (2020/6/18)

「適宜マスク外して」 熱中症対策に厚労省呼びかけ
夏に向けて気温が上がる中、新型コロナ対策にマスクを着用していると暑くて息苦しくもなってくる。厚生労働省は、新型コロナ対策と熱中症対策を両立させるべく、適切なタイミングではマスクを外すよう呼びかけている。(2020/6/16)

「学校でフェイスシールドは使わないで」小児科医会が呼びかけ 熱中症リスクや精神的負担に
フェイスシールドは「感染リスクが高い場所」で使用するもの。(2020/6/16)

都心は既に30度に 梅雨の晴れ間の関東 35度以上も
15日の関東甲信は、梅雨の晴れ間が広がり、午前中から気温がグングン上昇中。東京都心は午前10時半前に30度に達しました。最高気温はきのうより10度以上高くなる所もあり、内陸部では35度以上の猛暑日となる所があるでしょう。(2020/6/15)

古田雄介の週末アキバ速報:
店舗再編の影響でTSUKUMO eX.の一角に中古パーツが並ぶ
グループ店舗の閉店は周辺店舗の品ぞろえにダイレクトな変化をもたらす側面がある。今週、TSUKUMO eX.で掘り出しモノが充実したり、中古パーツの扱いが見られるようになったりしたのもそうした背景があるようだ。(2020/6/13)

ファン付き「クールウェア」、アイリスオーヤマが発売 サーキュレーターの設計技術を投入
アイリスオーヤマがサーキュレーターの設計技術を生かしたファン付きの「クールウェア」を発売する。(2020/6/11)

働く男性に聞きました:
夏のマスク、何が心配? 3位は「熱中症」で2位は「汗」、1位は……
働く男性は「夏のマスク着用」にどんな不安を感じているのか。600人を対象に行ったアンケート結果が公表された。ビジネス上のコミュニケーションを円滑にする工夫も明らかに。(2020/6/11)

イオングループのコックス、熱中症対策の夏用「ひやマスク」予約販売開始
コックスは、涼感を感じられる夏用マスク「ひやマスク」の予約販売を開始した。価格はフィルター20枚入りの2枚セットで1200円(税別)。コックスのカジュアルファッションブランド「ikka」の公式オンラインストアで予約を受け付けている。(2020/6/8)

ヤマト運輸、熱中症防止のため「夏季にかけての社員のマスク着用について」説明 利用者からは「いつもありがとう」の声多数
サービスドライバーを気遣う声多数。(2020/6/6)

5日も気温がグンと上昇 35度に迫る所も 午後は雷雲発達
きょう5日も、暑さ対策を万全に。最高気温は、関東以西の広範囲で30度前後の予想。35度に迫る所も。午後は所々で雷雲が発達。(2020/6/5)

言語心理学や言語教育などに活用:
平成から令和で「なじみ深さ」が変わった単語とは NTTが令和版単語親密度データベースを構築
NTTは、約16万3000語からなる「令和版単語親密度データベース」を構築した。約20年前に作成した、約7万7000語からなる平成版データベースを更新。さらに語彙数調査を実施して、各学年・年齢での語彙獲得状況をモデル化した。(2020/6/5)

「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
愛する家族との一生がつまってる。(2020/6/1)

ビジネスと気象の相関分析でDXを支援――ウェザーニューズ、気象データ提供サービス「WxTech」を開始
ウェザーニューズは、ビジネス分析・予測に活用可能な気象データをAPIで提供するサービス「WxTech」を開始。1キロメッシュの天気予報データや過去の天気データ、紫外線や花粉などの生活指数データなどを提供する。ビジネスデータと気象データの相関分析を無料で試せるサービスも提供している。(2020/5/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。