ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「追悼」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「追悼」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「CSI:ニューヨーク」マック役俳優、33歳息子の死去を公表 「愛する人を失った全ての人へ」5年半の闘病生活つづる
代表映画作品に「フォレスト・ガンプ/一期一会」ダン中尉役など。(2024/2/28)

「キャプテン・マーベル」「スタートレック」出演俳優、難病ALSにより49歳で逝去 5年半の闘病生活耐え「1日1日が贈り物」
お悔やみ申しあげます。(2024/2/26)

俳優・山本陽子さんが急逝 死因は帰宅直後の急性心不全 家族で事務所代表が詳細伝える「最期の瞬間まで自由に生きた幸せな人生」
ご冥福をお祈りいたします。(2024/2/22)

27歳のモトクロススター選手、練習中の事故で急死 結婚目前での旅立ちに悲しみ広がる「何が起こったんだ?」「伝説は決して死なない」
お悔やみ申しあげます。(2024/2/22)

中川大志、絶妙な“当て馬”演技に絶賛の声が続々 思いを押し殺す表情に「当て馬界の頂点」「あまりにも似合いすぎてる」
花岡専務っ……!(2024/2/21)

46歳上原さくら、体調不良から子宮摘出を検討 手術ためらう気持ちも赤裸々告白「不安だし、申し訳ないし…と」
ホルモン剤の副作用にも苦しみながらもためらう理由は。(2024/2/21)

若かりし両親の顔がドーン! ベッカム次男がドヤ顔で着る強烈セーターに「どこで買えるの?」「私も知りたい!」の声殺到
意外にお手ごろ価格。(2024/2/21)

元NMBプロデュースのアイドル、“1人解雇→2人脱退→Pアイドル復帰”の超波乱展開 批判の声にP「グループを守るため決断」
「自分が目立ちたいからとか、どうせまだやりたいんでしょ、とかそうゆうことじゃなくて」(2024/2/21)

乳がん闘病のブラザー・コーン、“顔の一部”のアートメイクにご満悦 治療で全身の毛失い「せめてなんとかしたいと」
かっこいい!(2024/2/21)

えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
44本の針が必要だったという衝撃タトゥー。(2024/2/21)

西岡徳馬の娘婿・杉山裕右、“合格率14%弱”の難関国家資格に合格 家族のサポートに感謝し「これからは三刀流で」
ドローン操縦の国家資格合格に続いて……!(2024/2/21)

平祐奈、友人タレント一家の安産祈願で神々しい“神職姿” 「さすが」「コスプレ感が無い」 超達筆な“初写経”も話題に
平さんは國學院大學神道文化学部卒。(2024/2/21)

需要わかってるぅ! 細川たかし、話題沸騰の“ドクロ私服”が待望のグッズ化 「欲しすぎる!」「ご本人様がネタにしてるの最高」
ネットとの付き合い方がうますぎる。(2024/2/21)

板野友美、夫のキャンプ地・沖縄を家族で満喫 “顔出し終了宣言”の2歳娘の横顔に「美人さん」「ともちん瓜二つ」
娘ちゃんかわいい!(2024/2/21)

米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
人種が変わったとの声も。(2024/2/21)

人気俳優、“不適切”な経費にマネが悩み 「なんかやらかしたみたい」「語弊にもほどがある」
“不適切”だけど適切な経費精算。(2024/2/20)

新婚の宇内梨沙アナ、ハワイでの“ウエディングドレス姿”が息をのむ美しさ 「女神様ですか?」「輝いていらっしゃる」
2023年のクリスマスに結婚。(2024/2/20)

親子でギャル! 『姉ageha』モデル、“小学生ギャル”の娘を初披露 「姉妹ですか?」「想像以上に可愛い」
ママは36歳、娘は小学3年生。(2024/2/20)

中尾明慶&仲里依紗、子育て方針の違い否定せず 「俺がガミガミうるさくて」「ママは全力サポート型」
10歳の長男を育てる中尾さん。(2024/2/20)

「globe」KEIKO、“25年ぶり再会”の歌手らとレジェンド歌姫集結ショット 「青春どストライク!」「世代にはたまらない」と大反響
スゴいメンバー!(2024/2/20)

高岡蒼佑、真木よう子の“暴走報道”を批判「週刊誌の方がよっぽどセクハラ」 “元仲間”の発信に本人感謝「人として好き」
真木さん「高岡くんは同じ事務所の頃から人として好きでした、ありがとう」(2024/2/20)

マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
65歳とは思えない俊敏な動きにも注目が。(2024/2/20)

鬼越トマホーク、独自調査で「好感度が高すぎる芸人」を“内部告発” 警備員やタクシー運転手に大人気「腰が低いだけが取りえ」
いい内部告発。(2024/2/20)

「BreakingDown」“中指”立てて物議のレオ、殺害予告DMさらす “やりすぎ”主張も「誰だか特定してしばいたる」
大会CEOは「調子に乗りすぎ」としつつ「脅迫したり危害を加えてくるやつがいるなら、それは話が別」。(2024/2/20)

ワンオクTaka、米ツアー優勝の“世界的ゴルファー”との祝勝会ショットが豪華すぎ 「キングとキングが一緒だ」「びっくり」
同じタイミングでロス滞在中だったワンオク。(2024/2/20)

足立梨花、二重アゴ&半目の“事故画”投稿やSNSの言動に困惑の声 「最近どうした?」に本人反応「ビックリしないでね」
「割と昔からそんな感じです」(2024/2/20)

“BreakingDown”ラウンドガール、母親の「産まなきゃ良かった」で美容整形決意 全身トータル2000万円で「人生変わった」
憧れの『姉ageha』のモデルに。(2024/2/19)

「BreakingDown」“叛逆の悪童”レオ、試合ドローの対戦者を中指立てて挑発「普通に雑魚」 失神搬送の相手は憤激「反則しかできないクソガキ」
延長線にもつれ込むも、双方納得いかない試合結果に。(2024/2/19)

盗まれたポール・マッカートニーのベースギターが51年ぶりに本人のもとへ ファン立ち上げた捜索プロジェクトの成果
修理すればまた演奏できるそう。(2024/2/19)

普通にいる……! 岡田将生、“変装なし”の焼き鳥店出没に衝撃の声「下界に存在している事にびっくり」「焼き鳥に生まれたかった」
“すっごい彼氏感”という声も。(2024/2/19)

小栗旬、サッカー元日本代表の“弟分”と親密ショット 2人そろって“ムキムキ上腕”披露し「筋肉やばすぎ」「腕ふとっ」
長く親交のある2人。(2024/2/19)

マイケル・J・フォックス、車いすから立ち上がってのスピーチに拍手喝采 イギリスを代表するスターとの“伝説的”2ショットも話題に
ベッカムちょっと緊張してる?(2024/2/19)

現役大学生・池田レイラ、グラビア初挑戦で“相方”に注目「パパは大丈夫だったの??」 本人は「ずっとやってみたかった」
日本大学芸術学部に在学中。(2024/2/19)

高安&杜このみ、3歳娘の七五三でレアな“パパショット” しみじみつづった成長に「理想的な家族」「ウルウルしちゃう」
写真から優しさが伝わってくる。(2024/2/19)

深田えいみ、8000万円課税巡る「重大動画」公開も……“げっそり痩せ顔”で本人登場に戸惑いの声「サムネの顔こわい」「本当に誰?」
深田さん。(2024/2/19)

真木よう子、“激推しイケメン俳優”との初対面で大興奮 ピー音飛び出す“放送事故”に中居正広も「めちゃくちゃだよ」
縛られたゾロにも興奮した真木さん。(2024/2/19)

瓜田純士、遺体発見の“アウトロー系元生主”唯我さんを追悼も……“くすぶった奴等”の批判一蹴「何も知らない癖に」「パイセンも笑ってるはず」
同じ中学の先輩後輩だった2人。(2024/2/16)

日本テレビ、「セクシー田中さん」問題で社内特別調査チーム設置へ 小学館も協力
これまで独自に社内調査を行っていたとしています。(2024/2/15)

「セクシー田中さん」について日テレが声明 特別調査チームを設置へ 小学館なども協力
テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、日本テレビ放送網は、声明を発表した。同社のドラマ制作部門から独立した社内特別調査チームを設置し、調査に臨むという。(2024/2/15)

“アウトロー系配信者”唯我さんの遺体遺棄、瓜田純士が「パイセン」の四十九日を追悼 発見現場で手合わせ「何やってんだお前……」
いまだ犯人は捕まらず。(2024/2/15)

21歳の米学生アスリートがトレーニング中に倒れ急逝 緊急搬送&生命維持装置も医学的問題は「何も把握していない」 
お悔やみ申し上げます。(2024/2/11)

芦原妃名子さん死去で脚本家の相沢友子さんコメント SNS発信「慎重になるべきだった」
日本テレビ系ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さんの死去を受け、ドラマで脚本を担当した相沢友子さんが、追悼のコメントを発表した。相沢さんは2023年末、ドラマの最終回が放送された後にInstagramで終盤の脚本を原作者が書いたことなどを明らかにしていた。(2024/2/8)

ドラマ「セクシー田中さん」脚本家、芦原妃名子さんを追悼 「今もなお混乱の中にいます」 SNSは削除の意向
Instagramにコメントを投稿しました。(2024/2/8)

井岡一翔、23歳で逝去した穴口一輝選手を“少年時代”の貴重な2ショットで追悼 「立派なファイターになったんだね」
穴口選手のご冥福をお祈りします。(2024/2/8)

「それは最悪手ですよ」 『セクシー田中さん』問題、「小学館は経緯発表予定なし」報道に作家たちが不信感
波紋が広がっている。(2024/2/7)

女子プロレスラー朝陽さん、21歳で“不慮の事故”による夭逝 前日試合で最期の言葉「いろいろ深く考えさせられました」
ご冥福をお祈りします。(2024/2/5)

「ロッキー」ライバル役のカール・ウェザース、76歳で死去 スタローン、シュワルツェネッガーが追悼
「ロッキー」ではライバルのアポロ・クリード役を演じていました。(2024/2/3)

「セクシー田中さん」原作者・芦原妃名子さんの死去、出演者の生見愛瑠にコメント殺到「黙ってるだけ?」……数日後に当人「心の整理がつかず」
派遣OLの倉橋朱里役で出演していた生見さん。(2024/2/2)

「『セクシー田中さん』公式SNSは芦原さん脚本回の批判コメントだけ『いいね』している」 投稿拡散も……日テレ否定「全ての投稿にいいね」
SNSで情報が拡散されていました。(2024/1/31)

スピン経済の歩き方:
『セクシー田中さん』の悲劇で加速する 日本マンガ実写化ビジネスの海外流出
テレビドラマ化した漫画原作者が亡くなるという悲劇が起きてしまった。同じことを繰り返さないために、日本のコンテンツビジネスで求められることとは――。(2024/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。