ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「病気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「病気」に関する情報が集まったページです。

ロッテ「1歳から飲めるクーリッシュ」に大反響 「病気で食べ物がのどを通らないときに良い」「虫歯が心配」の声
乳幼児向けに甘さを抑え、カルシウムや鉄分が加えられたクーリッシュ。(2024/3/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
万能薬は存在しない。マーケティングの「こんなはずじゃなかった」を撲滅するには
この世に「どんな病気も治せる万能薬」がないように、「あらゆるマーケティング課題を一発で解決してくれる万能施策」もない。これらは、自身の病気に合った薬を飲んでいないことに原因がある。(2024/2/29)

【ドッグトレーナー解説】犬がお尻を上げる“プレイバウ”の意味を知っていますか? 威嚇との違いや病気の可能性を解説
犬のプレイバウの意味について、ドッグトレーナーが解説します。(2024/2/26)

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
19日に最終回を迎えました。(2024/2/21)

厚労省が「飲酒に関するガイドライン」を発表 1日500ミリのビール1本で発症リスクが高まる病気も
酒に含まれるアルコール量を算出した「純アルコール量」で飲酒量を把握するよう呼び掛け。(2024/2/20)

“死にますよ”と医師警告の33歳タレント、白血病で絶望のふちに「自分の人生終了した」 “親友”モデルの激励受け「また有吉反省会でたいす」
医師の警告後真っ先に泣きながら病気を伝えたといいます。(2024/2/9)

体重105キロの吉本芸人、“基準値オーバー”だらけの健診結果さらし「この世に未練ない」 前回より大幅悪化に「病気のデパート」「生きて」
まずは痩せよう。(2024/2/9)

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

浜田翔子、第2子男児の出産報告 元気な泣き声に「涙が止まらない」 妊娠糖尿病、高血圧などのトラブル乗り越え
夫のカブキンさんと第2子との3ショットを公開しています。(2024/1/30)

ZOZOSUITで“むくみ”測定 がん術後の「リンパ浮腫」評価システムを検証
「ZOZOSUIT」と、専用に開発したスマートフォンアプリを使い、がん術後の二次性リンパ浮腫患者の手足の周囲を測定する検証。(2024/1/29)

FM:
行動認識AIで患者見守りの実証実験を開始 戸田建設とアジラ
戸田建設とアジラは、行動認識AIを搭載した「asilla」を精神科病院に導入し、患者見守りなどの実証実験を行う。(2024/1/25)

医療機器ニュース:
リストバンド型生体センサーを用いて脳内アミロイドベータの蓄積を予測
エーザイと大分大学は、リストバンド型生体センサーから取得した生体データを活用し、アルツハイマー病の病理である脳内アミロイドベータの蓄積を予測する機械学習モデルを開発した。(2024/1/22)

臨月の浜田翔子、妊娠糖尿病に続いて“意気消沈の事態” 最後に下った診断で「測定するだけで忙しい」「食べすぎとかもあるのかな」
出産が近づきつつある浜田さん。(2024/1/18)

小さな3姉妹が病気のばあばを励ます1日 幼いなりの気遣いとやさしさいっぱいの行動に「ばあば大好きが伝わる」「感動!」
何よりの薬ですね!(2024/1/18)

上原さくら、アルツハイマー病の母とのリアルな日常を告白 「ちょこっとイラッとするし、ちょこっと笑える」
母親撮影の上原さんの写真にも反響。(2024/1/13)

米人気司会者オプラ・ウィンフリー、“ダイエット薬”服用を公表 「肥満は病気」「もう絶対に嫌」
恥ずかしいと感じた気持ちも赤裸々に告白。(2023/12/14)

「常識考えろ!」 デビュー直後の有名俳優、病室で怒鳴られ平身低頭の過去 い合わせた“患者”「この男前は違うんです」
まさかの人物にびっくり。(2023/12/12)

医療のデジタルサービス普及が進む英国
かかりつけ医の8割が医療アプリで患者に情報提供 その英国で起きていること
英国では、NHSの医療アプリケーション「NHS App」を利用して、患者に医療記録を提供しているかかりつけ医は8割以上に及ぶ。NHSがNHS Appの普及目標を掲げる背景にある課題と、患者のニーズとは。(2023/12/28)

モビリティサービス:
1台で患者の移送からオンライン診療まで、マルチタスクな医療MaaS車
MONET Technologiesは三重県鳥羽市での医療MaaSの実証事業に協力する。(2023/12/7)

医療技術ニュース:
新型コロナからアルツハイマー病の神経細胞死を抑制するペプチドを開発
東京都立大学は、新型コロナウイルスのタンパク質Orf9bが、アルツハイマー病関連キナーゼMARK4の活性を非競合的に阻害することを発見した。また、Orf9bの配列から、細胞透過性MAPK4阻害ペプチドを開発した。(2023/12/5)

病気と加齢で徐々に歩けなくなった愛犬へ、パパとママからすてきなプレゼント 愛情が伝わるサプライズに思わずグッとくる
いっぱいお出掛けしてね。(2023/12/4)

医療機器ニュース:
患者の体位を長時間、固定できる手術用マットを発売
三洋は、国立がん研究センター東病院と共同開発した医療機器「陰圧式体位固定具(仰臥位用)」を発売した。長時間、仰臥位で手術する際に用いる体位固定マットで、患者の姿勢に合わせて手術時の体位を整えることができる。(2023/12/4)

埼玉医大公式SNSの“患者CT写真”公開が物議 「包括的同意得ている」と説明も…… 投稿削除される
年代や性別、負傷原因を記載していました。(2023/11/29)

「もう一度体が動くならDJをやりたい」:
デジタル世界でもう一度、ALS患者の体を動かせる仕組みを開発
もう一度体が動くならDJ(ディスクジョッキー)をやりたい――。1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の願いをかなえるべく、Dentsu Lab Tokyo、NTT、WITH ALSは、筋肉を動かそうとする脳からの電気信号「筋電」を使って、デジタル世界で身体性を取り戻す仕組みを開発した。(2023/11/16)

医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【前編】
“激務の医療現場”ほど「生成AI」が役立つ? 使えそうな活用例3選
生成AIの活用は、医療分野においても広がる可能性がある。患者とのコミュニケーションをはじめ、医療分野で広がると考えられる生成AIの活用例を3つ紹介する。(2023/11/16)

先輩のパワハラに苦しむ看護師が患者に救われた―― シビアな実話描く漫画に反響 作者に実情を聞いた
患者さんに余計な気苦労をさせないで……。(2023/11/12)

食中毒発生の駅弁メーカー「吉田屋」、営業禁止の行政処分解除 患者は554人
吉田屋は9月に発生した食中毒事故により、9月23日に八戸保健所から営業禁止処分を受けていました。(2023/11/4)

“100万人に1人の病気”公表したセリーヌ・ディオン、久々に元気な姿 2022年に歩行や歌唱も困難と涙の告白、ツアーも中止に
笑顔が見られてうれしい。(2023/11/2)

医療機器ニュース:
採尿せずに排尿量を測定できるシステムの一括管理型を発売
島津製作所は、ナースステーションから患者の排尿量情報を一括管理できる排尿量測定システム「Urina」一括管理型を発売した。排尿前後の体重差から排尿量を精密に測定し、自動的に記録、集計する。(2023/11/1)

スピン経済の歩き方:
33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか 吉田屋食中毒の元凶
食中毒患者を出した駅弁メーカーの「吉田屋」が謝罪会見を開いた。筆者の窪田氏は、会見の内容は「成功」したように感じるが、一つ気になることが残ったと指摘する。それは「33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか」問題だ。(2023/10/24)

患者「この病院で天国に一番近いところに連れて行って」 → 連れて行った先が間違ってはないけど強烈な場所だった話
ご老人から出る寿命ジョークに近いのかも。(2023/10/14)

田村淳、菅前首相をゲストに迎えサングラス姿で出演 その理由を「目の病気なんです」と説明 「偏見が無くなりますように…」の願いに大きな反響
通常であればまぶしさを感じない光量でも、まぶしさや目の痛みを感じたり涙が出たりする状態だと明かしていました。(2023/10/8)

手術後の飼い主を心配して寄り添うワンコ、自身も病気とトラウマを抱え…… 必死で生きる犬を支える飼い主に話を聞いた
とってもとっても優しい子……。(2023/10/7)

東京で毒キノコの食中毒 画像検索で食用と判断→実はテングタケだった 都「ネットで鑑定しないで」
「画像検索でキノコを鑑定しないで」──東京都内で毒キノコによる食中毒が発生し、都はこのような声明を発表した。患者たちは、インターネットの画像検索を使って毒キノコの鑑定を行っていた。(2023/9/28)

「ダイの大冒険」、まさかの「にんげんっていいな」パロディで話題 「公式が病気」「泣くほど笑った」
でんでん、でんぐりがえってダイダイダイ♪(2023/9/28)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
マーケ課題に「万能薬」はない なのに「病気を特定」できない企業が多すぎる
ビジネスの現場では「マーケティング課題と解決策が合致していない」状況にしばしば遭遇することがあります。なぜこのようなすれ違いが発生してしまうのか? 病気と流行り薬の関係性になぞらえて解説します。(2023/9/27)

医療機器ニュース:
患部画像と患者情報をひも付けし、病院内システムと自動で連携
キヤノンとキヤノンITSメディカルは、臨床現場で撮影される患部画像と患者や撮影者の情報をカメラ内でひも付けし、病院内システムと自動連携する「カメラ画像支援ソリューション」を発売した。(2023/9/25)

創業130年老舗駅弁メーカー、食中毒事故で営業禁止に 全国で被害拡大……患者数は270人
被害は270人に。(2023/9/23)

医療技術ニュース:
ハブ毒由来の酵素でアルツハイマー病のアミロイドβを分解することを発見
東北大学は、ハブ毒から精製した蛇毒メタロプロテアーゼがアルツハイマー病の原因となるアミロイドβを無害なペプチドに分解し、ヒト培養細胞からのアミロイドβ産生量を大幅に減少させることを発見した。(2023/9/21)

イーロン・マスク氏のBMI企業Neuralink、初の人体治験参加者募集開始
イーロン・マスク氏が創業した脳マシンインタフェースを手掛けるNeuralinkは、初の人体治験に参加する患者募集を開始した。頸髄損傷またはALSによる四肢麻痺のある人が対象。治験は6年間だ。(2023/9/20)

「Superfly」越智志帆、病気療養から完治&復帰へ ドラマ主題歌新たに起用も「間に合いますように、、、」
療養発表から3カ月。(2023/9/14)

上原さくら、母親がアルツハイマー病と診断 「お母さんと一緒にいる時間を大切に」
3歳娘を育児中の上原さん。(2023/9/9)

元グラドル紗綾、よその赤ちゃんの“縦抱き”を見て胸が苦しく 「母が無知だと病気になる」と持論も
紗綾さん自身の子どもはもうすぐ1歳に。(2023/9/3)

ファミマ、小児がん患者支援「みんなのレモネード」が売り切れ続出 誕生のきっかけはある絵本
絵本の中から飛び出たレモネード。(2023/8/25)

「調子に乗ってました」 浜田翔子、5時間の検査で妊娠糖尿病の診断 意気消沈したママ姿に「大変なの分かります」と励ましの声
妊娠中はこんなリスクもあるのか……。(2023/8/23)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント技術を用いた歯科模型造形サービスを提供
DMM.make 3Dプリントは、Dental Predictionと業務提携し、3Dプリント技術を用いた歯科模型造形サービスを提供する。患者の口腔内3Dデータを基に3Dプリンタで歯科模型を造形するサービスで、歯科医療従事者の教育や技術の向上に寄与する。(2023/8/16)

假屋崎省吾、糖尿病治療で“20キロ減”のダイエット 「ほんとは健康的に痩せたかったんだけどね」
近頃は健康的な食事を心がけているとのこと。(2023/8/11)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【後編】
医療でこそ「NFT」(非代替性トークン)が大きな期待になる理由
NFT(非代替性トークン)化した医療情報は、医学研究と臨床医療に大きな変化をもたらす可能性がある。研究者が特に重視するのは「患者が自身のデータをNFTで管理すること」が患者に行動変容を促す点だ。その理由は。(2023/8/8)

熊本市公式“ゆっくり解説動画”がやたらハイクオリティーで困惑と笑い 「ゆっくり解説の基本を押さえてる」「公式が病気」
内容もちゃんとしています。(2023/8/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。