ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「病気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「病気」に関する情報が集まったページです。

「このままお別れなんて」患者に会いたい家族の願い、どうする? コロナ病棟の看護師の葛藤を描いた漫画に考えさせられる
できるだけ早く日常が戻ってきてほしい。(2021/1/15)

根本的な問題:
民間病院が「コロナ受け入れ」動かないワケ
政府は新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の対象を11都府県に拡大した。日本医師会は「医療崩壊から医療壊滅になる」と危機感を示すが、コロナ患者を受け入れる民間病院は依然少ない。なぜ動かないのか。(2021/1/14)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルス患者の生体情報を隔離域外から確認するシステムを発売
コニカミノルタは、新型コロナウイルス感染症入院患者のSpO2などの測定値を、ベッドサイドからSub-GHz無線通信で送信し、隔離域外で一括管理する「生体情報モニタリングシステムVS1」を発売する。(2021/1/7)

製品動向:
大林組がコロナ感染症患者の受け入れが可能な仮設緊急病棟を開発
大林組は、新型コロナウイルスに感染した患者の受け入れに対応できる仮設緊急病棟「PEC II」を開発した。(2020/12/28)

医療機器ニュース:
嚥下機能を持つ完全埋め込み型の人工舌を発明し、特許取得
東北大学は、完全埋め込み型の「食物を飲み込む機能を持つ人工舌」を発明し、特許を取得した。この人工舌は、嚥下機能の補助デバイスとしての応用や完全自動化も計画されており、口腔がん手術後の患者のQOL改善に役立つことが期待される。(2020/12/24)

加藤綾菜、「生活習慣病アドバイザー資格」合格を報告 夫・加トちゃんに「100歳まで頑張ろっ」
努力がすごい。(2020/12/17)

Apple Watchで心肺機能の通知が受信可能に watchOS 7.2で
Appleが12月15日に配信した「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」では、心肺機能が低下したときに、Apple Watch上で通知を受けられるようになる。心肺機能が低くなると、心臓病、高血圧、肥満などを患うリスクが高まるという。心電図機能はまだ日本では利用できない。(2020/12/15)

「子どもが青アザで入院した」実体験漫画に反響 病名が分かるまでの不安や入院治療のつらさに共感の声
子どもが病気になったときにつらさがひしひしと伝わる。(2020/12/11)

医療機器ニュース:
タブレット型ロボットを用いたがん薬物療法の治療支援の評価研究を開始
日立製作所とがん研究会有明病院は、がん薬物療法中の患者の体調や副作用状況などの事前確認に、タブレット型ロボットを活用した場合の効果に関する評価研究を共同で実施する。(2020/12/8)

CT撮影を邪魔された 福島医大病院、過去のランサムウェア被害を公表 情報流出は確認されず
福島県立医科大学附属病院が2017年に業務用PCや医療機器がランサムウェアに感染し、患者の写真を再撮影する事態になっていたことなどを公表した。身代金の要求やデータの流出は確認していないという。(2020/12/2)

MITの研究チームが開発:
皮膚に貼り付け表情を検知、ALS患者用の薄型センサー
米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、表情の変化を確実に解読し、顔の動きを予測できる薄型のウェアラブル圧電センサーを開発した。同チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS、運動ニューロン疾患またはMNDとしても知られている)の患者を対象にテストを実施している。(2020/11/30)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【前編】
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?
世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。(2020/11/30)

予防的な医療介入が必要:
「将来、医療費が高額になる患者」を予測 東京大学医学部附属病院の研究グループが機械学習予測モデルを構築
東京大学医学部附属病院の大沢樹輝氏らの研究グループは、将来高額の医療費が必要になる患者を機械学習モデルで高精度に予測した。(2020/11/26)

いつかイルカに乗ろうな! 「アクアマン」俳優、病気の少年へのサプライズ動画で全米を涙の海にしてしまう
約束だ!(2020/11/20)

AIで抗がん剤の副作用を分析 日立とがん研有明病院が実験
日立製作所とがん研究会有明病院が、外来で薬物療法を受ける大腸がんの患者を対象に、AIを活用し、抗がん剤の副作用を分析する実験を始める。(2020/11/19)

医療IoTのリスクと対策【後編】
「医療IoTデバイス」のセキュリティを確保する5つのステップ
医療IoTデバイスはひとたび侵害されたら患者の生命を脅かすリスクがある。安全のために、医療機関がやるべき対策を5つのステップに分けて紹介する。(2020/11/19)

接触確認アプリ「COCOA」、2000万ダウンロード突破
厚生労働省が新型コロナウイルス感染症患者と接触した可能性を通知するスマートフォンアプリ「COCOA」のダウンロード数が2000万件に達したと発表した。(2020/11/17)

「既存の治療薬よりも効果がある化合物が見つかった」:
化合物スクリーニングで期待された効果を示す化合物を特定するAIモデル 京都大学が開発
京都大学のiPS細胞研究所は、AIを活用した創薬に向けて熱拡散方程式を応用した新たなアルゴリズムを開発した。ALS患者のiPS細胞を使って化合物の学習やスクリーニングを実施したところ、既存薬よりも高い効果を示す化合物を同定できた。(2020/11/16)

病気やケガでボロボロだった猫が一変……! 優しい飼い主に保護された猫が幸せな暮らしを手に入れる
クリクリおめめのかわいい子です。(2020/11/15)

音楽で記憶がよみがえる? 「白鳥の湖」を流すとアルツハイマー病の元バレエダンサーが優雅に踊りだす動画に反響
繊細な動きがすてきです。(2020/11/14)

伝染病で人類を滅ぼすゲーム「PLAGUE INC.」に「伝染病から世界を救う」新モード登場 新型コロナ収束まで無料提供
「PLAGUE INC.」のプレイヤーは期間中、無料で遊べます。(2020/11/13)

ITでCOVID-19に対処した医療機関【前編】
医療機関が2週間で古い病院を“コロナ専用病院”に改装 成功の秘策は?
新型コロナウイルス感染症患者を受け入れるために、米国のある医療機関は休止状態だった古い病院を2週間で改装し、陽性患者の受け入れ態勢を確立した。短期間で業務を可能にした秘策とは。(2020/11/11)

ドイツ当局は現在も捜査中
病院のランサムウェア被害で死亡例か 憤るセキュリティ業界
ドイツのデュッセルドルフ大学病院がランサムウェアの被害を受け、攻撃の影響で患者の死亡例が発生した可能性がある。情報セキュリティ業界は、この事態を重く受け止め憤りをあらわにしている。(2020/11/10)

アクセンチュア、腎臓移植へのAI活用で東京女子医大と共同研究 拒絶反応の事前予測などに期待
アクセンチュアは腎臓移植へのAI活用について、東京女子医大と共同研究を行うと発表。移植した患者の拒絶反応や副作用の予測にAIを活用できるか検証するという。(2020/11/5)

医療IoTのリスクと対策【中編】
「医療IoTデバイスへの攻撃」から患者の命を守るために、まずやるべきこと
医療IoTデバイスは多くのメリットをもたらす一方で、侵害時のリスクは生命に関わるほど重大なものになる。医療現場がIoTデバイスを安全に活用する上で、正確に把握すべき「現状の課題」は何か。(2020/11/5)

がぼお! 病気の元“子どもの食べ残し”食べないようにしていたら子どもが口に突っ込んできた話が笑いと同情呼ぶ
おそろしく速い手刀。オレでも口に突っ込まれちゃうね。(2020/10/30)

プレミアムコンテンツ:
患者や家族の信頼を得る「モバイル医療アプリ」の条件
アーノルド・パーマー小児病院は、手術室の状況を共有するモバイル医療アプリケーションを利用し、患者家族との信頼関係構築に役立てている。信頼のよりどころとなるのがセキュリティだ。どう確保しているのか。(2020/10/29)

インパクト強め体験談で効能うたうネット広告の舞台裏露呈
健康食品に病気への効能があるかのように宣伝したとして、大阪府警が東京の販売会社などを医薬品医療機器法違反容疑で摘発した。広告主と広告代理店が両方摘発されたことから、行政指導の実効性がこれまでよりも高まるとする見方もある。(2020/10/27)

医療機器ニュース:
AIが生活習慣病の発症リスクを下げる生活習慣改善ソリューションを提案
東芝は、生活習慣病の発症リスクを低減する生活習慣改善ソリューションを提案するAIを開発した。同AIは、直近の健康診断結果を基に、5年先までの発症リスクを数値で提示し、リスクを低減するための生活習慣改善ソリューションを提案する。(2020/10/27)

iPSがん治療、国内初の移植実施 千葉大など免疫細胞利用
千葉大と理化学研究所の研究チームが、iPS細胞から作製したNKT細胞という免疫細胞をがん患者に移植する世界初の移植手術を実施した。手術は成功したという。iPS細胞を使った再生医療の研究でがん患者に移植手術を行ったのは国内で初めて。(2020/10/23)

医療機関はデータ品質を高められるのか【後編】
医療機関が「データ品質」問題を放置してはいけない深刻な理由
医療機関にとってデータ品質の問題は、患者の生命に関わる問題に発展するリスクがある。医療業界に特有の課題について、データ分析の専門家は何を問題視しているのか。(2020/10/22)

最大で年額6万円増額:
身体年齢が若い社員は、年金の掛け金を増額! 健康経営のユニークな企業事例
病気になってから治療に通うのではなく、普段から健康管理に気を付けようというのが近年の潮流である。健康意識を高めるために、ユニークな方法を取り入れた企業の事例を紹介する。(2020/10/21)

iPS使いコロナ治療法開発へ 京大発ベンチャーと藤田医科大
京都大発のベンチャー企業と藤田医科大が、iPS細胞を使った新型コロナウイルスの新しい治療法開発を始める。感染者の血液から新型コロナを認識できるキラーT細胞を取り出し、iPS細胞を使って培養して患者に投与する。(2020/10/19)

“体が黄金になる病気”の少女が盗賊に出会い―― 切ない運命描いた漫画に「電車で泣いた」「好きすぎて何回も読んでる」
悲しいけれど、ハッピーエンドかもしれない。(2020/10/16)

「お酒は1日2杯まで」「夜遅くの食事は週3回まで」 東芝、生活習慣の改善策を助言するAI開発
東芝が、健康診断結果などを解析して生活習慣の改善策をアドバイスするAIを開発した。分析結果をもとに具体的な行動内容を提案し、生活習慣病の発生リスクを減らす手助けをする。(2020/10/15)

医療機関はデータ品質を高められるのか【前編】
医療機関を困らせる「データ品質の低下」はこうして起こる
医療現場において、データの品質は患者の生命に関わる要素だ。だがデータ品質維持に課題を抱える医療機関は少なくない。背景には何があるのか。(2020/10/14)

医療機器ニュース:
容体急変時の救命訓練が可能、テムザックが歯科向け小児患者型ロボットを開発
テムザックは2020年10月8日、歯科治療を受ける子供の動きをリアルに再現する小児患者型ロボット「Pedia_Roid」を新開発した。治療を嫌がる子供への対処方法に加えて、急激な容体変化が発生した場合の救命方法も学べる。(2020/10/12)

コストコで買えるイチオシ低糖質食材はこれだ! 糖尿病の夫を支える妻のコストコルポ漫画が参考になる
「おいしくて大きくて安い」コストコ、賢く活用したい!(2020/10/9)

コロナ感染拡大で業務増え:
病休の9割が精神疾患 沖縄県の職員
2019年度にうつ病などの精神性疾患で休職した沖縄県職員は31人で、全病気休職者の91.1%を占めたことが分かった。(2020/10/8)

トランプ大統領の「コロナは大したことない」投稿、Facebookが削除、Twitterは非表示に
新型コロナから完治しないまま退院したドナルド・トランプ米大統領の1件の投稿を、Facebookが新型コロナの虚偽情報に関するルールに反したとして削除した。Twitterは同じ投稿を非表示にした。内容は、新型コロナは死に至る病気ではないというものだ。(2020/10/7)

NVIDIA、AIで新型コロナ患者を“トリアージ” 初診データから酸素供給の必要性を推定
米NVIDIAと米国の病院の研究チームは、新型コロナウイルス感染症患者が数時間後から数日後に酸素の供給を必要とするか判断するAIを開発したと発表した。(2020/10/6)

新しい遠隔診療の可能性【前編】
病院が実現した「仮想回診」の仕組みとは? 病室カメラとビデオ会議で構築
米国の医療機関Nemours Children's Health SystemはCOVID-19対策として、遠隔で患者を回診する「仮想回診」システムを構築した。このシステムはどのような製品から成り、どのように運用されているのか。(2020/10/1)

「公式が病気」「セガが壊れた」 セガの音ゲー「チュウニズム」でまさかの「チャージマン研!」コラボ開催決定
「チュウニズム」好きかい? うん、大好きさ!(2020/9/28)

アルコール依存症の夫に寄り添う妻の漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』に注目集まる 厚労省・専門家監修で依存症を描く
愛を持って接するほど重篤化してしまう悪循環。恐ろしい病気です。(2020/9/24)

“1日10リットル尿が出る病気”にかかった実録漫画が壮絶 「体が砂漠」「水分とトイレしか考えられない廃人化」
病院でも追い打ちをかけられ続ける恐怖……。(2020/9/16)

医療技術ニュース:
生体材料と骨粗しょう症治療薬の併用で骨欠損を修復する技術を開発
東北大学は、生体材料と骨粗しょう症治療薬の併用により、大きな骨欠損を修復する技術を開発した。治療薬を生体材料埋入時に添加するのみのため、患者への負担が低く簡便な方法だ。(2020/9/16)

医療機器ニュース:
寝たきりでも手先を使った接客を可能にする合体型分身ロボットを開発
川田テクノロジーズとオリィ研究所は、病気や重度障害などにより外出が困難な人でも、遠隔操作で手先を使った接客が可能になるロボットを開発する「テレバリスタ(Tele-Barista)プロジェクト」を開始した。(2020/9/10)

「健康的なコンビニ食の選び方」紹介した資料が実践的 生活習慣病予防から「飲みすぎた」「むくみが気になる」程度の悩みまで
コンビニ食を頻繁に利用するすべての人が参考にできそうな資料です。(2020/9/8)

ロボット:
自律走行ロボで病院業務のDX、大成建設らが名大附属病院で実証
大成建設は、ICTを活用した効率的な運用を行う次世代型病院「スマートホスピタル構想」の実現に向け、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター、モノプラスの協力を受けて、自律走行型の多目的ロボットを導入した病院運用システムの検証を名大附属病院で進める。病院運用システムが実用化すれば、病院スタッフの業務負担が軽減されるだけでなく、入院患者の容態急変などへの迅速な緊急対応、さらに感染症予防にもつながるという。(2020/9/8)

KDDI、ベンチャー4社と健康管理アプリ 豊島区と連携し21年に商用化を目指す
KDDIがベンチャー企業と連携し、スマートフォンで体重、脈拍、歩数や生活習慣病の発症リスク度を表示するアプリを開発する。東京都豊島区と共同で進める東京都の公募事業でアプリを活用し、2021年4月以降の商用提供を目指す。(2020/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。