ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年08月10日 17時14分 UPDATE

東芝「忘れ去るHDD」技術 取り外すだけでデータ無効化

東芝は、HDDを搭載機器から取り外すだけでデータを無効化する技術を世界で初めて開発したと発表した。HDDへの電源供給が断たれた際、データの暗号鍵を自動で消去する仕組み。

[ITmedia]

 東芝は8月10日、PCなど搭載機器からHDDを取り外すだけでデータを無効化する技術を世界で初めて開発したと発表した。データを暗号化して保存、HDDへの電源供給が断たれた際、暗号鍵を自動で消去する仕組みだ。

 HDD内の記録領域を複数に分割し、各領域について「HDDの電源オフ時にデータを無効化する」「電源オフでもデータを無効化せず、暗号化状態で保護する」といった設定ができる。

 従来の暗号化機能を搭載したHDDでは、搭載機器からの指令でデータを消去できたが、新技術は指令が無くても自動的に消去でき、HDDが盗難された際などにもセキュリティを確保できるとしている。

 新技術は「忘れ去るHDD」技術と総称。同社の暗号化機能付きHDDにオプションとして搭載し、PCやOA機器のHDD盗難による情報漏えい防止や、機器のリース期間終了時・廃却時などにデータを簡単に消去する方法として提案していく。

関連キーワード

ハードディスク | 東芝 | 暗号化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.