ニュース
» 2010年09月10日 07時40分 UPDATE

Apple TV対Google TV、勝つのはどちらか (1/2)

DVDプレーヤーに取って代わろうとするApple TVと、CATVモデムに取って代わり、Webとテレビの融合を狙うGoogle TV。どちらにも課題はあるが、専門家はAppleが有利とみている。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOが9月1日に、恒例の「One more thing」として新しい「Apple TV」を発表したとき、アナリストはすぐに、このデジタルテレビサービスを近く鳴り物入りで登場する「Google TV」と比較した。

 新型Apple TVは、小さくなってストレージがなくなったものの、旧バージョンと似ている。

 Appleは以前、この製品を229ドル――これもまた高価なハードだった――で販売していたが、今はこの変わったホッケーパックを99ドルで提供している。

 新型Apple TVはHDMIコネクタ、イーサネットポート、Wi-Fi、光音声出力、USBポートを備える。ローカルストレージはない。

 このデバイスはストリーミングマシンのように、HD映画を4.99ドル、テレビ番組を99セントでレンタル配信する。人気の動画ストリーミングサービスNetflix、YouTube、Flickr、MobileMeも組み込まれている。

 一方のGoogle TVは、ユーザーが自分のテレビをコンピュータにできるようにするという野心的な計画だ。

 Google TVはチャンネルサーフィンとWebサーフィンの融合を目指している。今秋リリース予定で、ユーザーはテレビのチャンネルとお気に入りのWebサイト、WebアプリをChromeブラウザで切り替えられる。

 Googleは、Google TVでプレイできるゲームなどのアプリを販売するChrome Web Storeも立ち上げる。消費者はGoogle TVをテレビに接続できるセットトップボックス(STB)と、同サービスを操作するLogitechのリモコンを購入する必要がある。

 Altimeter Groupのアナリスト、マイケル・ガーテンバーグ氏は、Google TVはユーザーのテレビの1番目の「入力端子1」を狙っており、Apple TVは「入力端子2」を狙っていると語る。

 Google TVはCATVモデムに取って代わり、テレビ番組を自社のWebコンテンツに融合させようとしている。一方Apple TVはDVDプレーヤーに取って代わることを目指している。どちらのアプローチにも課題はある。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -