ニュース
» 2010年09月10日 16時42分 UPDATE

iPhoneアプリ開発ツールの制限緩和、Androidの台頭も影響か (1/2)

AppleがiPhoneアプリ開発ルールを緩和したのは、開発者の不満や規制当局の調査だけではなく、Androidの成功もプレッシャーになったとの見方もある。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 Appleが、iPhoneアプリの開発に使えるツールに課してきた制限を緩和したことに、モバイル開発コミュニティーの一部は喜んでいる。

 だが、絶賛の声を上げる開発者がいる一方で、Appleがポリシーを十分にオープンにしたか――特に、Androidなどのオープンな競合プラットフォームが伸びているさなかに――に疑問を呈する人もいる。

 Appleによる開発ツールの制限は、開発者コミュニティーからの反発を招き、一部には同社のプラットフォーム向けのアプリ開発を断念する開発者も出てきた。実際Adobeのプラットフォームエバンジェリストのリー・ブリムロー氏は、自身のブログで「くたばれApple」と批判した。同社の厳しいポリシーは、AdobeのFlashが存続できるかどうか、FlashをiOSでサポートするべきかどうかをめぐって今年発生したAppleとAdobeの激しい対立の一部だった。Appleのスティーブ・ジョブズCEOがFlashを酷評する事態にまでなった。

 だがAppleは開発者の不満に耳を傾けた。9月9日の声明文で、同社は次のように述べている。

 「われわれは絶えず、App Storeをもっとよくしようとしている。開発者の声を聞き、フィードバックの多くを重く受け止めてきた。彼らの意見を踏まえて、iOS開発者プログラムの3.3.1、3.3.2、3.3.9項に幾つか重要な変更を加えて、以前に導入した制約を緩和する」

 「特に、iOSアプリの開発に使うツールへのすべての制限を緩和する。ただし、開発されたアプリがコードをダウンロードしない場合に限ってだ。これで、われわれが求めるセキュリティを維持しつつ、開発者が望む柔軟性を実現できるはずだ」

 「Appleには、開発者向けライセンスのこの部分を見直すよう、かなりの圧力がかかっていた。同社が考えを変えたのは明るい話題だ」とIDCのアプリ開発ソフト担当プログラムディレクター、アル・ヒルワ氏は語る。「これらの制限をめぐっては開発者からの圧力や否定的な意見があった。現在のプログラミング言語で一般的なアーキテクチャ構造である仮想マシン実装に関する多くの技術をおおむね禁止するためだ。これらの制限があったら、例えばJavaアプリや.NETアプリなどをiPhoneに移植できなかっただろう」

 「さらに、このルールは均一に適用されていたわけではなかった。App Storeにこの制限に違反したアプリがなかったとは確認できていない。今回の規約変更は政府当局の調査、あるいはそうした調査への懸念が一因ではないかと思っているが、モバイルプラットフォーム分野の競争激化やAndroidの成功も原因だった可能性が高い」(ヒルワ氏)

 Gartnerのアナリスト、マーク・ドライバー氏も同意見だ。「今回の変更は明らかに、開発者の大きな不満への対応であり、Android開発者の勢いが拡大していることへの対応でもある」

 特に制約が大きく、多くの開発者の怒りを買った3.3.1項は、次のようなものだった。

 「アプリケーションは公開APIのみをAppleが指定する方法で使うことができ、プライベートAPIを使ったり呼び出してはならない。アプリケーションはObjective-C、C、C++、またはiPhone OS WebKitエンジンによって実行されるJavaScriptで書かなければならない。C、C++、Objective-Cで書かれたコードのみコンパイルして公開APIに直接リンクできる(変換・互換のためのレイヤーやツールを使って公開APIにリンクするアプリは禁止する)」

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -