ニュース
» 2010年10月20日 12時01分 UPDATE

楽天、ヤフー・Google提携は「ネットサービスの成長阻害」と異議 公取委に申告書

ヤフーがGoogle検索エンジンを採用する提携に対し、楽天が「Googleによる情報独占につながる」などとする申告書を公取委に提出。

[ITmedia]

 楽天は10月20日、ヤフーがGoogle検索エンジンを採用する提携は「Googleによる情報独占につながり、検索のみならず国内の多くのネット関連サービスの発展と成長を阻害する恐れがある」などとする申告書を公正取引委員会に提出したことを明らかにした。

 楽天は独占禁止法(45条)に基づき申告書を提出した。提携について「改めて公取委など関係者の十分な議論と検証が必要」とし、提携が独禁法に抵触していないという見解の公取委に対し再検討を求めている。

 ヤフーとGoogleの提携について、米Microsoftも「日本の検索市場における競争を阻害する」と懸念を表明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -