ニュース
» 2010年11月12日 07時00分 UPDATE

FPD International 2010:ソーラー充電するノートPC キーボードは太陽電池の上に透明タッチパネルで

太陽光発電で充電できるノートPCがデモ展示。太陽電池パネル面積を稼ぐため、キーボードは太陽電池の上に透明タッチパネルで実装。

[ITmedia]
画像

 フラットパネルディスプレイの総合技術展「FPD International 2010」(11月12日まで、幕張メッセ)で、台湾AU Optronicsが、太陽電池で充電できるノートPCの試作品を展示している。キーボードは、太陽電池パネルの上に一体化した透明なタッチパネルで実装するというユニークな作りだ。

 天板とキーボード部に太陽電池パネルを搭載した。日光に5分間かざせば1分程度使え、太陽光発電でフル充電するには5時間ほどかかるという。PCを5時間も日光にさらすのはちょっと心配だが、「テストでは問題なかった」(説明員)そうだ。

画像 キーボードからは黒いソーラーパネルが透けて見える

 キーボードは、太陽電池パネルの上の透明タッチパネルで実装し、太陽電池パネルの面積確保とキー入力を両立?させている。デモではキーにタッチするたび音が鳴るようになっていたが、キーが見えづらく、タッチタイピングは難しかった。

関連キーワード

太陽光発電 | FPD International


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -