ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「太陽光発電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

蓄電・発電機器:
太陽光×ガス×蓄電池のハイブリッド発電システム、災害時の電力供給源に
エネテクは、LPガス発電機、太陽光発電設備、蓄電池を組み合わせて制御し、非常時の電源確保などを低コストで実現するハイブリッド発電システムを開発した。(2019/11/21)

組み込み開発ニュース:
室内照明で発電、電池交換が不要なIoTシートのプロトタイプ開発に成功
帝人、セルクロス、タグキャストは、発電効率の高い色素増感太陽電池を使い、電池交換の不要なIoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプを開発した。(2019/11/20)

太陽光:
三菱電機が自社の太陽光パネル生産から撤退、京セラと提携しソリューション提案に注力
三菱電機が自社ブランドによる太陽光発電システムの生産および販売終了を発表。今後は京セラと連携し、ZEHやZEB向けなどのソリューション提案に注力する。(2019/11/19)

太陽光:
FITの抜本改革で“低圧太陽光バブル”は終焉へ、入札制度は100kW以上に拡大
「FIT制度の抜本的改革」に向けた議論が本格化。FIT開始以降、国内で急速に普及し、安全面での懸念も指摘されている野立て型の低圧太陽光発電は、2020年度からこれまでのような投資目的での新規開発は事実上難しくなりそうだ。(2019/11/12)

ソーラーシェアリング入門(22):
大きな被害をもたらした台風災害、ソーラーシェアリングの安全対策はどうすべきか
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はこの夏から秋にかけて日本に大きな被害をもたらした台風災害から、ソーラーシェアリングの安全対策について考えます。(2019/11/11)

太陽光:
注目の卒FIT太陽光ビジネス、市場規模は2030年度までに10倍以上に拡大か
富士経済は自家消費型の太陽光発電関連市場に関する調査結果を発表。昨今注目の卒FIT関連のサービス市場は、2030年度までに現状の約10倍の規模に相当する409億円まで拡大すると予測している。(2019/10/31)

台風15号による千葉県の大規模停電、8割の太陽光ユーザーが自立運転機能を活用
太陽光発電協会が千葉県に大規模な被害をもたらした台風15号の災害時における、太陽光発電の自立運転機能の利用に関する実態調査の結果を公表。住宅用太陽光発電システムを設置しているユーザーの約80%が自立運転機能を利用したという。(2019/10/30)

自然エネルギー:
「EV×太陽光」で若者の地元離れを防げ! 岐阜県で“蓄電池をシェア”する新事業がスタート
太陽光発電と電気自動車を活用し、地元企業の人材確保にも貢献ーー。岐阜県多治見市でこうした再エネの普及と地域の課題解決を目的としたバッテリーシェアリング事業がスタート。その取り組みの様子をレポートする。(2019/10/29)

太陽光:
第一三共が自社工場に自家消費型の太陽光、NTT-Fの第三者所有モデルを活用
NTTファシリティーズは、第一三共ケミカルファーマと同社小名浜工場へ再生可能エネルギー導入を目的に、NTTファシリティーズ保有の太陽光発電所から発電した電力を提供するグリーン電力提供サービス「Fグリーン電力」の契約を締結した。(2019/10/24)

PBへ酸素官能基を導入:
ペロブスカイト太陽電池、放置して発電効率向上
東京工業大学物質理工学院応用化学系の脇慶子准教授らは2019年10月、ペロブスカイト太陽電池を作製した時に、初期特性が安定しなくても常温常圧のまま放置するだけで、発電効率が向上する技術を開発した。(2019/10/24)

ソーラーシェアリング入門(20):
発電事業ありきは本末転倒、ソーラーシェアリングの普及に必要な営農者の視点
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は2019年9月に開催された「全国ソーラーシェアリングサミット2019 in 柏」を通じて見えた、日本のソーラーシェアリングの課題と今後の展望について考察します。(2019/10/21)

太陽光:
京セラが軽量で曲がる太陽電池、結晶Siの採用で発電効率と耐久性も両立
京セラは「CEATEC 2019」で開発中の曲げられる太陽電池モジュールを参考出展。一般的に利用されている結晶シリコン太陽電池を採用し、湾曲可能かつ軽量という特性と、発電効率や耐久性の両立を可能にしているのが特徴だという。(2019/10/17)

自然エネルギー:
セブンが“再エネ100%”でコンビニ運営、卒FIT太陽光やEVの蓄電池も活用
セブン-イレブン・ジャパンが神奈川県内のコンビニ10店舗において、運営に必要な電力を全て再生可能エネルギーとする実証実験を開始。太陽光発電、蓄電池、卒FIT電力の調達などを組み合わせて再エネ由来100%の店舗運営を実現する計画だ。(2019/9/27)

太陽光:
日中の電力利用が無料の無償設置型太陽光、鈴与商事が新築住宅向けに
鈴与商事は、新築住宅を対象に太陽光発電システムを無償で設置し、日中に発電した電気も無料で利用できる「太陽光発電システム無償設置サービス」を静岡県・山梨県・愛知県内で開始した。(2019/9/24)

太陽光:
関西電力も卒FIT向け「仮想預かり」プラン、蓄電池なしで余剰電力を有効活用
関西電力が卒FITを迎える住宅用太陽光発電ユーザー向けに、同社が余剰電力を同社が仮想的に預かったとみなす仮想預かりプラン「貯めトクサービス」の申し込み受付を開始。蓄電池などを設置せずに余剰電力を有効活用できるプランだ。(2019/9/13)

太陽光:
太陽光のFIT価格はついに“10円台”に突入、第4回入札の結果が明らかに
FITによる事業用太陽光発電の価格を決める第4回入札の結果が公表された。最低落札価格は10.50円/kWhとなり、これまでの入札の中で最も低い価格となった。(2019/9/11)

ソーラーシェアリング入門(19):
近づくFIT制度の抜本改革、ポストFIT時代にソーラーシェアリングはどうなるのか?
昨今注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は日本政府がFIT制度の抜本的な見直しの検討をすすめる中、そうした“ポストFIT時代”におけるソーラーシェアリングの可能性について解説します。(2019/9/9)

太陽光:
日本の太陽電池出荷量は19%増、売電用途は減少も施設向けが188%の大幅成長――19年度第1四半期
太陽光発電協会が2019年度第1四半期(4〜6月)における日本における太陽電池出荷量の調査結果を発表。国内出量は前年同期比19%増の1493MWとなった。用途別では昨今のトレンドが反映される結果となった。(2019/8/30)

自然エネルギー:
太陽光発電の電力を自己託送で自家消費、ソニーがRE100に向け国内初の取り組み
ソニー、東電EP、JFSは、メガワット級の太陽光発電設備を用いた太陽光発電自己託送エネルギーサービスの実現に向けて、ソニーとJFSにて基本契約を締結した。(2019/8/30)

電力供給サービス:
余剰電力を仮想的に“預かる”プランも、中国電力が卒FIT太陽光向けに新サービス
中国電力が卒FITを迎える住宅太陽光発電ユーザー向けの新プランを公表。余剰電力を仮想的に預かり、蓄電池を設置した場合と同様に自宅の使用電力に充当したとみなすプランや、提携崎企業への環境価値の提供によりポイントを得られる独自のプランなどを用意した。(2019/8/29)

ソーラーシェアリング入門(18):
日本政府が世界に表明した環境戦略に、ソーラーシェアリングはどう織り込まれたか?
昨今注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は日本政府が2019年6月に閣議決定した「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」の中に、ソーラーシェアリングが織り込まれた件について解説します。(2019/8/21)

太陽光:
重要性を増す「太陽光発電事業の評価ガイド」、FIT認定の取り消し回避やセカンダリー市場の指標にも
策定から1年が経過した「太陽光発電事業の評価ガイド」。昨今問題となっている太陽光発電の安全性に関するトラブルの増加や、セカンダリー市場の盛り上がりを受け、その重要性は増している。本稿では評価ガイドの策定の狙いとその意義を改めて整理する。 (2019/8/26)

太陽光:
香川県のため池に9400枚の太陽光パネル、年間330万kWhを発電
三井住友建設は、自社開発した水上太陽光発電用フロートシステム「PuKaTTo(プカット)」を使用した太陽光発電所「女井間(めいま)池水上太陽光発電所」(香川県木田郡三木町)の建設に着手したと発表した。(2019/8/19)

太陽光:
未利用の留置線で太陽光発電、JR東日本が青森県で運用を開始
JR東日本は、青森県青森市の盛岡車両センター青森派出所内にて太陽光発電設備を導入。2019年8月1日より運用を開始している。(2019/8/15)

シャープ、電池交換不要の位置情報ビーコン 高効率の太陽電池で実現
 シャープが、太陽電池搭載で電池交換の手間がかからないビーコン「レスビー」を開発したと発表。起電力が高い「色素増感太陽電池」を使い、メンテナンスの手間を減らスト同時に、GPSが使いにくい環境でも位置情報を測定できる。(2019/8/9)

太陽光:
大和エナジー・インフラがエコスタイルと協業、低圧太陽光市場に参入へ
エコスタイルと大和証券グループの大和エナジー・インフラが国内の低圧太陽光発電向けのビジネスで協業。発電所の総容量100MW(メガワット)を目標に、全国で低圧太陽光発電所の建設を進める方針だ。(2019/8/8)

ソーラーシェアリング入門(17):
世界初のソーラーシェアリング国際学会、その中で見えてきた日本の課題とは
昨今注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は2019年7月に韓国で開催された「営農型太陽光発電国際シンポジウム(International Symposium on Solar Energy in the form of farming)」に筆者が参加した内容を踏まえ、各国のソーラーシェアリング事情について解説します。(2019/8/7)

メンテナンスフリー:
シャープ、色素増感太陽電池ビーコンを清水建設に納入
シャープは2019年8月7日、発電効率が約20%と高い色素増感型太陽電池(以下、DSSC)を用いた電池交換不要のBluetoothビーコン端末を製品化し、屋内外音声ナビゲーションサービスを展開する清水建設に対し納入を開始したと発表した。(2019/8/7)

太陽光:
蓄電池を使わず太陽光の電力を“預けて”活用、東電が卒FIT向け新プラン
東京電力エナジーパートナーが卒FITを迎える住宅太陽光発電ユーザー向けの新サービス「再エネおあずかりプラン」の詳細を公表。蓄電池を設置せずに太陽光発電の余剰電力を活用でき、電気代を節約できるというユニークなアイデアのサービスだ。(2019/8/7)

太陽光:
東京電力がGoogleの太陽光発電の試算サービスを日本展開、住所入力だけで経済性を確認
東京電力ベンチャーズは米Googleが提供している住宅向け太陽光発電の導入試算サービスの“日本版”を発表。住宅の住所を入力するだけで、無料で導入可能なシステム容量や経済性を瞬時に試算できるのが特徴だ。(2019/8/6)

太陽光:
初期費用ゼロの住宅太陽光サービス、京セラ関電エナジーが提供開始へ
京セラと関西電力が出資する京セラ関電エナジー合同会社が、初期費用ゼロで太陽光発電を導入できるのが特徴のプラン「ちゃんとGood!サービス」を発表。関東および中部エリアで申し込み受付を開始した。(2019/8/2)

エネルギー管理:
太陽光発電の抑制量を削減する新手法、EVの充電シフトをオークションで実現
早稲田大学および東京大学の研究グループが、需要家が所有する電気自動車(EV)を利用した新しいエネルギーマネジメント手法を開発。EVの充電機会を対象としたオークションの仕組みを利用することで、公平性などを確保しながら、太陽光発電の出力抑制量および電力コストの削減が可能になるという。(2019/7/30)

太陽光:
大きく変わった太陽光発電の「設計ガイドライン」、押さえておくべきポイントは?
太陽光発電システムの長期耐久性を高め、安全を確保するための「設計ガイドライン」が2年ぶりに改訂された。「PV2019太陽光発電フォーラム」で行われた構造耐力評価機構・高森氏の講演をもとに、生まれ変わった設計ガイドラインのポイントを整理する。(2019/7/29)

太陽光:
太陽光パネル検査の「ソラメンテ」、小型設備向けの低価格モデル新登場
アイテスが住宅・小規模太陽光発電設備に向けたソーラーパネル測定器「eソラメンテ」を開発。住宅・小規模発電設備向けに機能を絞り、従来製品より価格をおさえたのが特徴だ。(2019/7/25)

太陽光:
設置条件が分からなくても大丈夫、東芝が太陽光発電量の予測技術を開発
東芝はこのほど、独自のAI(人工知能)を活用した高精度な太陽光発電量の予測技術を開発したと発表した。太陽光発電設備の性能や設置条件が不明な場合でも、過去の同設備の発電実績をもとに性能や設置条件を推定し、発電量を高精度に予測できるという。(2019/7/24)

電気自動車:
太陽光で40km以上走るプリウスPHVを実証、ボディに3接合型太陽電池を搭載
シャープ、トヨタがNEDOのプロジェクトとして、高効率太陽電池を搭載したプラグインハイブリッド車による公道走行実証を始める。変換効率30%を上回るシャープの化合物3接合型太陽電池を搭載しているのが特徴で、EV航続距離の向上などに役立つかを検証する狙い。(2019/7/22)

太陽光:
過積載220%対応の低圧用と70kWの高圧モデル、デルタが新型パワコン
デルタ電子が太陽光発電用パワコンの新製品を発表。三相高圧産業用パワーコンディショナ「M70A_260」と低圧産業用パワーコンディショナ「H5.5J_223」の2機種を7月1日から販売している。(2019/7/18)

蓄電・発電機器:
ハーフセル採用の多結晶Si太陽電池、リープトンが受注開始へ
リープトンエナジーは、ハーフセルを採用した多結晶太陽電池モジュールの新製品を発売する。2019年8月の受注開始を予定している。(2019/7/17)

蓄電・発電危機:
期待のペロブスカイト太陽電池、東大がミニモジュールで効率20.7%の快挙
東京大学の研究グループが、次世代太陽電池として期待されているペロブスカイト太陽電池のミニモジュールで20%を超える変換効率を達成した。これまでにない成果だという。(2019/7/12)

ペロブスカイト太陽電池:
東大、3直列ミニモジュールで変換効率20%超
東京大学の瀬川浩司教授らは、ペロブスカイト太陽電池ミニモジュールで20%を超える変換効率を達成した。(2019/7/11)

自然エネルギー:
風力と太陽光発電を併設する発電所、自然電力が九州で着工
自然電力は、福岡県北九州市の響灘地区に風力発電設備と太陽光発電設備を併設する「北九州響灘風力発電所・太陽光発電所」の建設を着工した。(2019/7/9)

エネルギー管理:
東京ガスがネクストエナジーと資本提携、分散電源向けのIoT基盤を開発
再エネ事業を手がけるネクストエナジー・アンド・リソースと東京ガスが資本提携。太陽光発電および蓄電池など分散型エネルギー資源の高度利用を目的としたIoTプラットフォーム制御システムの共同開発契約を締結したと発表した。(2019/7/9)

電気自動車:
プリウスPHVのルーフやバックドアで太陽光発電、シャープ製ソーラーパネルで実証
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、シャープ、トヨタ自動車は2019年7月4日、世界最高水準の高効率太陽電池を電動車に搭載して公道実証を開始すると発表した。実証試験は2019年7月下旬から始める。電気自動車(EV)の走行距離延長や、燃費改善の効果を検証する。(2019/7/8)

太陽光:
東京ガスも卒FIT太陽光を買い取り、最大で東電より2円高く
東京ガスが卒FITを迎える住宅太陽光発電ユーザーに向けた余剰電力買取サービスの価格を発表。最大の買取単価を10.5円/kWhに設定した。(2019/7/5)

太陽光で約56キロ走行も 新型の太陽光パネルを搭載したプリウスPHV、公道で走行実証 7月下旬から
シャープとトヨタ自動車、NEDOは太陽電池パネルを搭載した電動車の公道走行実証を7月下旬から始めると発表した。(2019/7/4)

太陽光発電で自給自足、最長725キロも走行できる乗用車タイプのソーラーカー「Lightyear One」誕生
乗用車タイプのソーラーカーが発表。(2019/7/2)

工場内に水素ステーション トヨタ 燃料電池フォークリフト導入拡大
トヨタ自動車は太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel」を元町工場(愛知県豊田市)に導入した。(2019/7/2)

太陽光:
東京電力が卒FIT太陽光の買取価格を公表、電気の「預かり」プランも
東京電力エナジーパートナーが卒FITを迎える住宅太陽光発電の買取単価を発表した。(2019/7/2)

1円玉より軽い昆虫型ドローン、太陽光発電で単独飛行実現 昆虫の推力効率に匹敵
電力から得られる推力の効率はハナバチなどの昆虫に匹敵。研究チームは「持続的に単独飛行できる飛行ロボットとしては世界最軽量だ」と話している。(2019/7/1)

太陽光:
高圧対応の自家消費向け「エコめがね」、第三者所有モデルに対応
NTTスマイルエナジーが高圧受電設備での自家消費量計測にも対応した「自家消費エコめがね」を販売開始。ビルや工場での自家消費型太陽光や、第三者所有モデルによる太陽光発電の導入ニーズに対応する狙いだ。(2019/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。