ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2010年12月03日 08時49分 UPDATE

「Flash Player 10.2」β公開 新技術「Stage Video」で性能向上

Flash Player 10.2の新技術「Stage Video」は、ハードウェアアクセラレーションを活用してCPUへの負荷を減らし、高速化を図っている。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsはこのほど、「Flash Player 10.2」のβ版をリリースした。パフォーマンス向上のため「Stage Video」という新技術を取り入れている。

 Stage Videoはハードウェアアクセラレーションを活用してパフォーマンスを改善するAPI。画質を向上させながら、プロセッサの利用を最大で85%削減するという。AdobeはFlash Player 10.1でH.264動画の再生にハードウェアアクセラレーションを活用しており、Stage Videoはそれを拡大している。Flash Player 10.2の正式版では、Stage VideoはFlash Playerで再生できる既存のWeb動画すべてに対応するという。

 このほかバージョン10.2はInternet Explorer(IE)9のハードウェアアクセラレーション機能や、複数モニターでのフルスクリーンモードをサポートする。

 Flash Player 10.2βはAdobeのサイトからダウンロードできる。

関連キーワード

Flash | Flash Player | Adobe Systems | API | H.264


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.