ニュース
» 2010年12月06日 09時22分 UPDATE

Wikileaks、続く逆風 ドメイン停止に寄付口座も凍結

WikileaksはDoS攻撃などを受けてサーバを転々としており、さらにPayPalから寄付の受け取り口座も凍結された。

[ITmedia]

 「検閲と言論の自由の戦いはエスカレートしている」――米政府の機密文書を暴露したWikileaksが、自身を取り巻く状況をこのように語っている。

 同サイトは先週Amazon.comのクラウドから「規約違反」を理由にホスティングを停止された後、DNSプロバイダーEveryDNSからもDoS(サービス拒否)攻撃を理由にドメインを停止された。その後はスイス海賊党が同サイトをwikileaks.chのドメインでホスティングしていたが、同党がフランスに置いているメインサーバも停止された。原因は不明という。現在Wikileaksはhttp://46.59.1.2/で運営している。

 またオンライン決済サービスのPayPalは12月3日、Wikileaksのアカウントを制限したことを明らかにした。「違法な活動の促進」にPayPalサービスを利用してはいけないという規約に違反したためとしている。これにより、Wikileaksはネットで寄付を得る重要な手段を失った。

 Wikileaksに対する米国などの政府の圧力は高まっているが、一方で同サイトのコンテンツを複製したミラーサイトが多数登場するなど支援の動きもある。「われわれを倒してみろ。(倒されれば)もっと強くなる」と同サイトはTwitterで述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -