ニュース
» 2010年12月13日 07時42分 UPDATE

Firefoxの最新版がリリース、11件の脆弱性に対処

MozillaのWebブラウザ最新版「Firefox 3.6.13」がリリースされた。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは12月9日付でWebブラウザの最新版となる「Firefox 3.6.13」と「同3.5.16」をリリースし、計11件の脆弱性に対処した。

 11件の脆弱性の内訳は、重要度「最高」が9件、「高」と「中」が各1件となっている。脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行されたり、権限昇格に利用されたりする恐れがある。

 既にFirefoxを利用しているユーザーには自動更新通知が表示されるが、まだFirefox 3と3.5を使っている場合は最新版の3.6をダウンロードするよう、Mozillaは強く促している。

 また、脆弱性の一部はThunderbirdとSeaMonkeyにも影響するため、問題を解決したThunderbird 3.1.7/3.0.11とSeaMonkey 2.0.11も同日付でリリースした。

関連キーワード

Firefox | 脆弱性


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -