ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年12月22日 09時57分 UPDATE

「Google Wave」の技術使ったコラボツール「Google Shared Spaces」

GoogleはWaveを開発を中止したが、同技術は新たなコラボレーションガジェット「Google Shared Spaces」に生かされている。

[ITmedia]

 Googleは12月21日、コラボレーションツール「Google Shared Spaces」を実験的に公開した。先に開発終了を発表した「Google Wave」の技術を取り入れている。

 Shared SpacesはWave技術を使ったコラボレーションガジェット。「プランニング」「プロダクティビティ」「ゲーム」「投票」の4つのジャンルでさまざまなガジェットが用意されている。ユーザーはこれらのガジェットを使って友人との「共有スペース」を作り、一緒に旅行の計画を立てたり、文書を作成したり、ゲームをプレイしたりできる。スペースの共有は、友人や同僚にURLを送るだけでいい。またすべてのスペースにはチャットエリアがついてくる。

ah_shared.jpg

 例えば「When do we meet?」というガジェットでは、共有カレンダーを使って会議やパーティーの日程を決めることができ、「Diagram Editor」というガジェットでは仲間と一緒に図表を作成できる。

 Googleは8月にGoogle Waveの開発終了を発表したとき、Waveの技術をほかの製品に取り入れるとしていた。Waveプロジェクトはその後、Apache Software Foundationのプログラムとして開発継続されることになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.