ニュース
» 2011年01月17日 07時00分 UPDATE

「Webサービスにテーマソングを」「目指せ紅白歌合戦!」 WEBライダー、戦いの記録 (1/2)

ネットベンチャーのWEBライダーは、紅白歌合戦を本気で目指している。Excel関数を覚えられるラブソング「私の心の中の関数」などこれまでに4曲を発表。今年は自社サービスすべてにテーマソングを付ける計画だ。

[宮本真希,ITmedia]
画像 松尾さん

 NHK紅白歌合戦への出場を本気で目指しているネットベンチャーがある。京都市の「WEBライダー」だ。社長の松尾茂起さん(32)はSEOコンサルタント、作曲家、ピアニストと多彩な顔を持っており、これまで4曲を制作、発表してきた。

 2009年リリースの「恋のSEO!」は、恋愛をSEO(検索エンジン最適化)になぞらえた曲で、「恋のリズムはアルゴリズムさっ♪」と、とにかくノリノリ。10年リリースの「私の心の中の関数」は、ラブソングでExcel関数を覚える斬新さなどが受け、ネットで話題になった。

 Webサービスの受託開発やWebプランニングのほか、自社サービスも運営している。「歌の力でWebに集客したい。今年は自社サービス全部にテーマソングを付ける方針です!」――松尾さんは真剣だ。

「IT戦士」にライダーマスク支給 WEBライダー珍ルール

画像 WEBライダーのサイト。紅白を目指している……だと……!?

 「小さいころからピアノをやっていた」という松尾さん。大学卒業後、音楽制作会社に就職し、演出家のつかこうへいさんやジャニーズ事務所が手がける舞台の楽曲制作に携わった。

 25歳の時に退職。自身のピアノ演奏を収録したMIDI素材集をネットで販売するビジネスを個人で始め、必要に駆られてSEOやネットマーケティングを独学した。やがてSEOノウハウをまとめたマニュアル&テンプレート集「賢威」を販売するほどに。「Webというフィールドも面白い」と感じ始めた。

 「WEBライダー」を名乗り始めたのは07年ごろから。その後もフリーで活動していたが、昨年に法人化した。社員数は5人。モットーは「突き抜けたコンテンツを作る」ことだ。「もともとWebの人間じゃないのに、Webで突出するためには、人と違うものを作らなくてはいけないという戒めを込めている」という。

画像 そんな視界で大丈夫か?

 WEBライダーと名付けたのは、フットワークが良いイメージをつけたかったから。作曲家兼ピアニストらしく、自社でスタジオも持っているほか、ライダーらしく(?)「IT戦士」と認めた社員にオーダーメイドのライダーマスクを支給するという謎の制度も実施している。

 ライダーマスクは、どちらかというと戦隊モノのヒーローがかぶっていそうなデザイン。顔の鼻より上の部分と頭をすっぽり覆い、額には「W」のモチーフがついている。サイトの説明によれば「かぶることで平常時の3倍近い集中力で作業することが可能」。どう考えても通気性が悪そうだが「口元の通気性は十分確保しており、夏場でも蒸れにくくなっている」らしい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -